金沢21世紀美術館の累計入館者が2,000万人

2016年度も年間最多ペースの入館者数

1月13日付の北國新聞に、金沢21世紀美術館(通称:21美)の累計入館者数が2,000万人を突破したという記事が掲載されていました。

これは12日に21美から発表されたもので、1月11日時点での累計入館者数が2,000万1501人となり、2004年10月の開館から12年3か月での大台到達となりました。

21美の年間の入館者数は、開館以降、130万人~150万人の間で推移し、2014年度に170万人台に、北陸新幹線が開業した2015年度には年間200万人の大台を超える237万人を記録しました。

また、2016年度もすでに200万人を超える入館者があり、昨年を上回るペースとなっています。21美の担当者は「年間200万人超は、地方都市の美術館ではありえない」とコメントしています。

また、21美の担当者は「今後も魅力的な企画展や交流プログラムを開催していきたい」と話したとのことです。

石川県内では、石川県立美術館が2016年1月に開館33年で累計1,000万人に届きましたが、全国的には年間数万から数十万規模の美術館が大半なのだそうです。

ちなみに21美と同時期に開館した東京の美術館では、国立新美術館が2007年の開館から約8年で2,000万人を超え、六本木ヒルズにある森美術館は2003年の開館から2015年までの累計が2,200万人でした。

無料ゾーンの有無や入館者数の算出方法に違いがあるため単純比較は難しいものの、金沢21世紀美術館は国内トップクラスの集客力を持つと言えます。

また、市民ギャラリーやシアター21では地元団体が多彩な催しを企画し、交流の場ともなっています。

記事には、21美は「市民に開かれた美術館」をテーマにした企画や展示で世界的な知名度を得るまでに成長し、新たな文化の創造やにぎわい創出の牽引役として期待がさらに高まっていると記されていました。

また、記事では集客力を支える重要な要素は市民で、現代アートを身近にする市民参加型のワークショップやイベントを充実させ、着実にファンを増やしたことが2,000万人到達に繋がったと述べています。

21美は市民に開かれた美術館です

21美では海外からの観光客も多く訪れます

私は美術館を市民の憩いの場としたコンセプトには大賛成です。屋外展示されているアート作品では子供や若い女性が嬉々として遊んでいます。

ただし、金沢21世紀美術館は従来の “美術館” のお堅いイメージを取り払ったミュージアムですので、美術作品をじっくり鑑賞したい美術ファンの方には物足りなく感じるかもしれません。

近年は外国人観光客の姿も多く見られます。

関連記事

金沢21世紀美術館-垣根のない憩いのアート広場


金沢の主要な8つの観光名所

Follow me!