CATEGORY

近江町市場NEWS

近江町市場で食べ歩き自粛求め場内放送

全国の観光地で懸案となっている「食べ歩き」 2019年9月7日付の北國新聞の社会面トップは、近江町市場で問題となっている観光客の食べ歩きについてでした。 近江町市場商店街振興組合では、歩きながら飲食しないよう求める場内アナウンスをはじめました。北陸新幹線の開業以降、食べ歩く観光客が増え、地元住民からマナーの悪さを指摘する声が寄せられていました。 自粛を呼びかけるタペストリーも掲げられ、紙面では、住 […]

近江町市場で子育て支援への協力店が増加

石川県のプレミアム・パスポート事業で 2018年2月27日付の北國新聞に、近江町市場で、石川県が行なっている子育て支援の「プレミアム・パスポート事業(プレパス)」への協力店が増えているという記事が掲載されていました。 プレパスは、妊娠中の子どもを含む18歳未満の子供2人以上がいる家庭が申請できる制度で、協賛店でパスポートを見せると様々な特典が受けられるものです。 2006年から始まった取り組みで、 […]

近江町市場の店頭に流行の兆し「おみくじ箱」

現在は3つのお店に運勢占いや恋占いが 2017年12月26日付の北國新聞に、近江町市場で店頭におみくじを設置する動きが広がっているという記事が掲載されていました。 普段から買い物に訪れる地元客に「ちょっとした楽しみを提供したい」との主旨で、この1年で3店舗が設置しました。買い物客とお店の人との会話のきっかけにもなり、おみくじの常連として楽しんでいく人もいます。 現在は、寿司を提供する「魚旨」と「鮨 […]

金沢市民の台所・近江町市場にカニの初物

加能ガニ、香箱ガ二ともに価格は平年並み 11月8日付の北國新聞に、近江町市場でカニの初物が並んだという記事が掲載されていました。 石川県産の雄のズワイガニ「加能ガニ(かのうがに)」や、雌のズワイガニ「香箱ガ二(こうばこがに)」が、11月7日に石川県内の鮮魚店やスーパーに一斉に並びました。 記事によると、近江町市場では、「地物の初売りだよー」と鮮魚店の従業員が威勢の良い声を飛ばし、「石川産」の札のつ […]

近江町市場で毎年恒例の大行燈まつり

水産会社によるマグロ解体ショーに歓声 2017年10月13日付の北國新聞に、近江町市場で「大行燈まつり」が始まったという記事が掲載されていました。 初日の12日(木)のイベントは「マグロの解体ショー」で、地元水産会社の社員が沖縄産の約80kgのマグロ2匹を切り分け、赤身、中トロ、大トロに分けてその場で販売しました。 紙面には、大きなマグロに包丁を入れている模様が写真で紹介されていました。 大行燈ま […]

近江町市場にサツマイモ「五郎島金時」が並ぶ

8月31日の「野菜の日」にちなんで大量陳列 2017年9月1日付の北國新聞に、近江町市場で加賀野菜のサツマイモ「五郎島金時」が並べられたという記事が掲載されていました。 北國新聞の取材を受けたのは、むさし口から一直線に延びる青果通りに面する北形青果で、サツマイモの「五郎島金時」が大きさや形に分けて並べられました。 五郎島金時は大きさや形によって36種類に分けて出荷されており、店頭にはこのうちの33 […]

ウナギ求め長い列「土用の丑」で近江町市場

土用の丑の日は市民がバスで近江町に行く日 2016年7月31日付けの北國新聞に、「土用の丑の日」の恒例として近江町市場の様子が報じられていました。 記事を抜粋しますと、「土用の丑の日の30日、県内の鮮魚店やスーパーは、ウナギのかば焼きを求める客で賑わった。近年で最高とされる昨年並みの値段が付いたが、金沢市の近江町市場では場外にはみ出るほどの列ができる人気で、食欲をそそる香りが市場に漂った。」とのこ […]