higashi-kaikaro

Higashi-Chayagai*3
(Kaikaro)

「ひがし」のお茶屋は今も一見さんお断り

金沢で有数の観光地となった「ひがし茶屋街」。近年は和服に着替えた若い女性や外国人観光客の姿が多くなりましたが、良い意味で好奇心旺盛な人たちが、お店の格子戸を恐る恐る開けて中の様子を確認する姿は微笑ましいものです。

卯辰山に向かって一直線に伸びるメインストリートの二番丁には、お茶屋の建物の内部を改装した金箔工芸店、友禅ギャラリー、お食事処、甘味処などのお店が並び、さながら純和風のショッピングストリートといった賑わいを見せています。

その中には『藤とし』『八しげ』『山とみ』『中むら』といった現役のお茶屋が佇んでいます。また、国の重要文化財に指定されている『志摩』は、ひがし茶屋街のお茶屋文化の記念館です。

メインストリートには内部を見学できるお茶屋があります。それが『懐華楼』です。この建物は1820年(文政3年)の「東の廓」の発足と同時に建築された由緒ある建造物で、金沢市指定保存建造物となっています。

懐華楼では、晩に一組だけのお客様をおもてなしする「一客一亭」の営業を今も続けています。

華やかな夜のお座敷では現在も一見さんお断りの方針を貫いていますが、昼間の時間帯に限って建物の内部を一般に公開しています。

玄関を入ると2階へお通しする大きな階段があります

玄関を入ると2階へお通しする大きな階段があります

昔の茶屋街では、芸妓さんを抱える置屋と、宴席を催すお茶屋に分けられ、芸妓さんはお茶屋から声がかかると置屋から派遣されて宴席に同席しました。

井上雪さんの『廓のおんな』には、振袖芸者としてデビューする芸妓さんは置屋の女将とともにお茶屋に挨拶回りをしたそうです。そして、人気の芸妓さんになるとお茶屋からお茶屋へと飛び回って大忙しだったと記されています。

現在のひがし茶屋街では置屋とお茶屋の区別はなくなり、芸妓さんの所属するお店も、所属しないお店も「お茶屋」と呼ばれています。ちなみに、所属の芸妓さんのいない懐華楼では、宴席が入ると芸妓さんが所属するお茶屋から派遣されてくることになります。

お座敷遊びの煌びやかさを際立たせる朱色の階段

ひがし茶屋街の現役のお茶屋の中で唯一建物の内部を見学することができる『懐華楼』。

高い格式を感じる紅殻の暖簾をくぐると、朱に塗られた大きな階段が目に飛び込んできます。昔のお茶屋では、1階は女将や芸妓さんなどのお茶屋で働く人たちのフロアとなっており、お客様は玄関を入るとすぐに2階へお通しされました。

朱色に塗られた煌びやかな階段を上ると漆塗りの屏風があり、その先には広々としたお座敷が用意されています。昼間の時間帯は襖がすべて取り払われていますが、夜になると、ここに襖がはめ込まれ客間が2つできます。

昼の時間帯はふすまが取り払われています

昼の時間帯はふすまが取り払われています

2つの客間は表通り沿いの空間を「前の間」(「前座敷」や「前二階」と呼ばれる場合もあります)、奥のお庭に近い空間を「広間」と呼びます。

「前の間」と「広間」にはそれぞれ床の間が設けられており、お客様が床の間を背にして座ると、前方が芸妓さんの舞台となる「控えの間」となっています。

若いビジネスパーソンの方は、和室で接待をする時に、お得意様を座らせる上座が分からずに右往左往した経験があるかもしれませんが、芸妓さんは床の間を背にしているお客様に芸を披露する、というお茶屋のしきたりを覚えておくと、どの位置が上座なのかがよく分かります。

お茶屋では「前の間」と「広間」に加えて「はなれ」という客間も用意されていますが、現在は「一客一亭」の営業形態となっている懐華楼では、「はなれ」を芸妓さんの控え室として使用しています。

このあたりにも、時代の流れとともに少しずつ変革しているお茶屋の姿を見ることができます。

2階の宴席には煌びやかな雰囲気が漂っています

2階の宴席には煌びやかな雰囲気が漂っています

かつては「Staff only」だったお部屋も公開されています

内部を一般公開している懐華楼では、かつては芸妓さんの控え室として使用されていた「見せの間」をはじめ、「茶の間」「中の間」「奥の間」などのお店で働く人たちのお部屋も一般向けに改装しています。

また、かつての「見せの間」にはカフェが設けられています。

懐華楼の入館料は大人が750円、小・中・高校生が500円で、小学生未満は無料です。また、別料金になりますが館内のカフェで抹茶や和菓子を楽しむこともでき、カフェだけを利用することも可能です。なお、一般に公開されているのは午前9時から午後5時までで、年中無休です。

この施設を記念館として認識されている方でしたら、750円の入館料は高いと感じられるかもしれませんね。その一方で、一見さんお断りのお茶屋を見学できると考えれば極めて適正な料金だとも思えます。

1階に設けられたお茶室

かつては女将が座っていたお部屋

ひがし茶屋街への行き方


ひがし茶屋街周辺にある「観光してみたいかも」スポット

徳田秋聲記念館 | 金沢市立安江金箔工芸館 | 主計町茶屋街 | 泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | 金沢文芸館


Higashi-Chayagai
News

懐華楼はひがし茶屋街のメインストリートに面しています

ひがし茶屋街は和服の女性が華になる街並み