ohoridori

Hyakumangoku Ave. & Ohori Ave.

金沢を歩いて回る時は百万石通りが確実です

人口46万人の金沢市は、東京や大阪などの大都会に比べると遥かに小さい街です。このことから市内の観光名所のほとんどは歩いて移動できます。

もちろんバスを利用すると楽なのですが、東京の山手線や地下鉄のように次から次へと到着することはなく、だいたい15分に1本の割合ですので、バスの待ち時間を考慮すると歩いた方が早いという区間が結構あります。

金沢の街を歩いて移動する時に、覚えておくと便利なのが百万石通りとお堀通りです。

金沢の中心部をグルリと一回りする百万石通り

百万石通りは金沢の中心街をグルリと一回りしている道路です。1周が約4.3kmで、百万石通りを一回りすると金沢の観光名所の大部分がカバーできます。

有名な皇居のジョギングコースが1周=5kmですから、金沢では皇居の周回コースよりも小さいエリアに観光名所が集まっていることになります。

金沢を訪れる方にとって分かりにくいのは、金沢駅が市の中心部から外れていることでしょう。

明治初期の時点で東京、大阪、京都、名古屋に次ぐ全国5位の大都会であった金沢では、北陸線が敷設される頃には既に市の中心部に土地がなかったことから、中心街から離れた場所に駅が造られたのです。

金沢駅に降り立って市内観光を始める際には、まずは金沢駅通りを歩いて百万石通りまで出ることをお奨めします。

百万石通りの中で主要な交差点は、武蔵交差点香林坊交差点広坂交差点兼六園下交差点橋場交差点の5つですが、この中で金沢駅に最も近いのが武蔵交差点です。

駅前通りを10分少々も行くと武蔵交差点に出ます

金沢観光の第一歩は金沢駅通りから

金沢駅の「もてなしドーム」と「鼓門」を抜け、金沢駅通りを10分少々も歩くと近江町市場のある武蔵交差点に到着します。

観光客の方にとっては武蔵交差点が百万石通りへの入口になります。武蔵交差点を直進すると10分ほどでひがし茶屋街主計町茶屋街に近い橋場交差点、右手に行くと15分ほどで香林坊交差点です。

武蔵交差点から百万石通りに入ります。写真はひがし茶屋街方向

武蔵交差点から百万石通りになります。写真は橋場方向で、右手が香林坊方向です

香林坊交差点への途中の南町で尾山神社に立ち寄られるのもいいでしょう。また、尾山神社と反対方向に下って行くと長町武家屋敷跡の入口にあたる長町六の橋に出ます。

香林坊交差点から武蔵方向の風景

香林坊交差点から武蔵方向の風景

百万石通りは香林坊交差点から左に曲がりますが、左折した先には緑の街路樹に覆われた直線道路が伸びています。

この並木道は500mほど続き広坂交差点へと到達します。そして、広坂交差点を渡ると兼六園の真弓坂口で、交差点を右手に行くと金沢21世紀美術館です。

香林坊交差点からT字路を入ると、兼六園まで500mの並木道です

香林坊交差点からT字路を入ると、広坂交差点まで500mの並木道です

百間堀は兼六園と金沢城に挟まれた静かな道

百万石通りの主要交差点の中で、広坂交差点と兼六園下交差点は、お堀通り(百間堀)と呼ばれる全長600mほどの並木道で結ばれています。

百間堀は兼六園と金沢城公園に挟まれた通りで、明治初期の頃までは、この通りにはたっぷりと水が張られていました。

広坂から兼六園下に向かってお堀通り(百間堀)を歩いていくと、右手には兼六園の桜並木と綺麗に咲き誇っている花々があり、左手には金沢城の石垣の上に石川門がそびえています。

緑に挟まれたとても綺麗な並木道なのですが意外と人通りがありません。お散歩好きの方には絶好のお散歩コースです。

さて、お堀通りとは、藩政期の金沢城のお堀を埋め立てた1周2.1kmの周回道路で、百万石通りのエリアの中に位置しています。百万石通りとお堀通りを上手く組み合わせると意外な近道が発見できることもあります。

お堀通りと兼六園下交差点。写真の左手がひがし茶屋街方向です

百間堀と兼六園下交差点。写真の左手がひがし茶屋街方向です

百万石通りに話しを戻しますが、金沢の二大観光名所と言える兼六園とひがし茶屋街も百万石通りで結ばれています。

兼六園下交差点から百万石通りを歩いて行くと、ひがし茶屋街に近い橋場交差点です。兼六園下から橋場までは約700m、10分ほどの所要時間です。

兼六園下交差点から橋場交差点方向の風景

兼六園下交差点から橋場交差点方向の風景

百万石通りは武蔵交差点からスタートして、香林坊→広坂→(百間堀)→兼六園下→橋場→武蔵と一回りしても1時間ほどの所要時間です。

もちろん、バスの到着と上手くタイミングが合えばバスで移動する方が早いのですが、次のバスまで10分くらい時間があるようでしたら歩いて移動するのもお薦めです。

橋場交差点。写真を右手に行くと武蔵、左手に行くと兼六園下です

橋場交差点。写真を右手に行くと武蔵、左手に行くと兼六園下です

百万石通りの5つの主要交差点と最寄りの観光名所

金沢観光で覚えておくと便利な百万石通りの5つの主要な交差点と、それぞれの交差点から近い観光名所を一覧にしました。

金沢駅に近い武蔵交差点を起点として、陸上のトラック競技のように左回りで記しています。

どうぞ参考にしてください。


<百万石通りの5つの主要交差点と最寄りの観光名所>

武蔵交差点(主な観光名所:近江町市場
—- 武蔵交差点~香林坊交差点
香林坊交差点(主な観光名所:長町武家屋敷跡にし茶屋街
—- 香林坊交差点~広坂交差点
広坂交差点(主な観光名所:兼六園金沢21世紀美術館
—- 広坂交差点~兼六園下交差点
兼六園下交差点(主な観光名所:兼六園金沢城公園
—- 兼六園下交差点~橋場交差点
橋場交差点(主な観光名所:ひがし茶屋街主計町茶屋街
—- 橋場交差点~武蔵交差点

金沢の主要な観光名所の近くをグルリと一回りする百万石通り


<お堀通りは城下町・金沢を感じる散歩道>

百間堀~白鳥路 | 大手堀~尾崎神社 | 尾崎神社~いもり堀

金沢城公園のお堀の跡を周回するお堀通り

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間

金沢を歩くコツは百万石通りとお堀通り