ishikawamon

Kanazawa-Castle*1
(Important Cultural Property)

石川門は金沢市民にとって最も愛着のある門です

21世紀になって復元された金沢城公園は、今では兼六園とのセットで多くの人が訪れています。

石川県は年間降雨日が全国で最も多い県で、厳しい冬には落雷が多く発生することから、金沢城はこれまでに何度も落雷によって焼失してきました。

藩政期には前田の殿様の号令でその都度再建されてきましたが、1881年(明治14年)の火災で焼失した後は長く再建されない状態が続きました。

その明治時代の火災で焼け残ったのが石川門・三十間長屋・鶴丸倉庫の3つの施設です。

これらの施設は、石川門が1950年(昭和25年)に、三十間長屋が1957年(昭和32年)に、鶴丸倉庫が2008年(平成20年に)に国の重要文化財に指定されています。

中でも石川門は兼六園のすぐ向い側にあることから、金沢市民にとっては思い入れの大きい建造物です。石川門も過去に落雷による火災で焼失したことがあり、現在の石川門は1788年(天明8年)に再建されたものです。

石川門の「二の門」

金沢で生まれ育った人の中には、以前の私も含めて石川門が金沢城の正門であると勘違いしている人が結構いますが、江戸時代の石川門はお城の裏門にあたり、反対側の大手門が正門という位置付けでした。

確かに、言われてみると石川門は前田家のお庭である兼六園へと通じているわけですから、正門ではないというのもよく分かります。

私が子供の頃は、金沢の観光名所と言えば兼六園・石川門と長町武家屋敷跡しかなく、全国メディアで金沢が紹介される時には、必ずと言っていいほど石川門が金沢を象徴する建造物として映し出されたものです。

城内から見た石川門

城内から見た石川門

三十間長屋は暖かい季節の週末と祝日は一般開放

三十間長屋

三十間長屋

三十間長屋は1858年(安政5年)の建築で、金沢城では武器庫として活用されていました。正確には三十間ではなく26間半の長さです。

幕末に近い時期に建てられた施設ということで、お城の中心である二の丸、三の丸から少し離れたところに位置しています。そのことで明治の大火災では焼失を免れたのですが、その代わり観光で訪れる方にとっては、この建物に辿り着くまでに多少苦労されることでしょう。

三十間長屋の内部は基本的に倉庫です

三十間長屋の内部は基本的に倉庫です

三十間長屋は雪が降らない季節の土曜・日曜日と祝日に内部が公開されています。武器庫ですので特別な装飾があるわけではなく内部はガランとしています。大切な武器が湿らないように、とても風通し良く造られているのが特徴です。

また、2階からは玉泉院丸庭園が一望できますので、撮影スポットのひとつとして予定を組まれるのもいいでしょう。

三十間長屋の2階から眺める玉泉院丸庭園

三十間長屋の2階から眺める玉泉院丸庭園

鶴丸倉庫の周辺は絶好の撮影スポットです

鶴丸倉庫は1848年(弘化5年/嘉永元年)に建てられた武具土蔵で、城郭内に残っている土蔵としては国内でも最大級の遺構です。

三十間長屋とともに鶴丸倉庫も幕末に近い時期に建てられているのが興味深いところです。新しい時代のうねりを感じた加賀藩が、新勢力に対抗するために武力を増強しようとしたのかもしれません。

この施設は2000年まで建設時期がはっきりしませんでした。

藩政期に建てられたとする説と、明治時代に帝国陸軍が建設したという説がありましたが、国から石川県に所有権が移った1996年以降の遺構調査によって、工法や使用されている釘などの金具が和風であることから、藩政期に建設された施設であることが分かりました。

鶴丸倉庫

鶴丸倉庫

鶴丸倉庫という名前は、城内の鶴の丸に隣接していることにちなんだものと推測されていますが、建てられている場所が鶴の丸ではないことから、石川県のホームページでは「東の丸付段」に建てられていると記されています。

鶴の丸は、芳春院(前田利家夫人のおまつの方)がこの場所に白い鶴が舞い降りているのを見て、これは前田家が長く栄えていくという吉兆であるとして名付けられたものです。

金沢城公園にある撮影スポットの中でも、鶴丸倉庫から鶴の丸広場へと降りていく途中で眺める五十間長屋は最高の景観です。また、鶴丸倉庫から三十間長屋方向へと上る坂道は若いカップルたちにとって絶好のお散歩コースとなっています。

余談ですが、現在の金沢城公園にある3つの重要文化財の建築年を見てみると、石川門(1788年)、三十間長屋(1858年)、鶴丸倉庫(1848年)といずれも西暦の下一桁が8の年に建てられています。江戸時代には西暦の概念はなかったでしょうから、歴史における一つの奇遇と言えるかもしれませんね。

鶴丸倉庫からの上り坂は若いカップルのデートコースです

鶴丸倉庫からの上り坂は若いカップルのデートコースです

金沢城公園への行き方

金沢城公園ホームページ(石川県庁)



金沢城公園の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

兼六園 | 金沢21世紀美術館尾山神社 | 尾崎神社 | 寺島蔵人邸


Kanazawa-Castle
News

金沢城公園からは、ひがし茶屋街や長町武家屋敷跡も徒歩圏内です

金沢城公園で21世紀に復元された藩政期の姿