Kazuemachi-Chayagai*5
(Carfu-Collection)

暗がり坂を下ると「かーふコレンション」の文字が

金沢の三茶屋街のひとつとして観光地となっている主計町茶屋街。

主計町(かずえまち)は、浅野川大橋を挟んで隣町になる東山(ひがし茶屋街)とともに、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、浅野川沿いには風情のある茶屋建築が並んでいます。

ひがし茶屋街には観光客向けの工芸品店やカフェが並び多くの観光客が訪れますが、主計町茶屋街は観光客を意識したお店がほとんどないこともあって、人通りも少なく静かに佇んでいます。

その主計町には女性を中心に静かな人気を呼んでいるギャラリーがあります。それが「金澤・主計町茶屋街 アートギャラリー KARHU COLLECTION(かーふコレクション)」です。

「かーふコレクション」は、海外の美術館や著名人に作品が所蔵されている版画家で、人生の最後の12年間を主計町で過ごした故クリフトン・カーフ氏のアトリエ兼住居を改装したギャラリーです。

場所は主計町と泉鏡花記念館を結ぶ「暗がり坂」を下った右手にあります。

暗がり坂を下りていくと前方にカラフルなポスターが

玄関にはウサギをかたどった木版が格子戸にはめ込まれ、茶屋建築の特長である格子の木虫籠(きむすこ)には、カーフ氏の自画像である赤地にヒゲ面の男性が描かれたポスターが掲げられています。

暗がり坂を通りかかる方は、皆さん一様に「ここは何のお店?」という感じでギャラリーの前で立ち止まります。

そして、玄関の前に置かれているギャラリーの説明文を読み、ポスターに記されている「お気軽にお入りください(入館無料)」という案内を確認して、格子戸を開けて中へと入っていく姿が見られます。

ギャラリーの向かい側には芸妓さんたちのお稽古場となっている主計町事務所(旧検番)があり、ギャラリーと主計町事務所の間には、泉鏡花の名作『照葉狂言』にちなんで名付けられた “照葉さくら” が景観に彩を添えています。

浅野川通り沿いの表通りからですと、細い路地を入った裏通りに位置しています。

夕暮れを迎えぼんぼりが灯るギャラリー

観光地となる前の主計町に魅かれたカーフ氏

クリフトン・カーフ氏は1927年に米国のミネソタ州で生まれました。1927年は日本の年号でいうと昭和2年にあたります。1955年(昭和30年)に日本に移り住み、滋賀、京都、岐阜などを創作拠点として日本の建物や風景を描いてきました。

そして、1995年(平成7年)に主計町のお茶屋だった建物を住居兼アトリエに改装し、主計町に移住しました。

移住後は主に金沢の風情を描いた作品の創作活動に励み、和服姿でご近所をお散歩するなど地元の人たちとも顔なじみでした。そして、2007年(平成19年)に80歳でこの世を去りました。

生前のカーフ氏によると、移住した当時は、主計町や東山(ひがし茶屋街)の周辺がまだ観光地されていなかったことが気に入ったと語っていたそうです。

カーフ氏の自宅兼アトリエを改装したギャラリー

オーナーの懇切丁寧な説明が魅力です

ギャラリーではカーフ氏が残した版画や墨絵が展示販売されており、オーナーさんが、クリフトン・カーフ氏のことをご存じない方に対しても、カーフ作品の特徴や故人の人となりなどを懇切丁寧に説明してくれます。

クリフトン・カーフ氏の版画は日本家屋や町家文化を描いたことが特徴です。赤や黄などの明るい色を効果的に配した可愛い雰囲気の作風が、多くの女性から好まれています。

カーフ氏の作品が数多く所蔵されています

版画の収集がご趣味という方でしたら、「かーふコレクション」の料金は低めに設定されているとお感じになることでしょう。

オーナーさんによると、銀座などの画廊からクリフトン・カーフ作品を扱いたいという問い合わせがあるそうですが、主計町のこの場所だけで販売しているそうです。

また、ギャラリーではカーフ氏の作品をモチーフしたカレンダー、手ぬぐい、風呂敷などのグッズが販売されています。

かつてはお茶屋だった名残りとして、建物の奥には中庭が設けられています。お庭に出てノスタルジックな気分に浸るのもお奨めです。

建物の奥には瀟洒な中庭も

「かーふコレクション」の営業時間は午前10時から午後6時までで、火曜日が定休日です。

ゆっくりと作品を見て購入したいという方は、事前に予約しておくと、貸し切りでオーナーから1点ずつ説明を受けて購入作品を選定することができます。

このことから、予約なしで訪れる場合は、たまたま予約のお客様への対応中で入れないこともありますが、その場合には泉鏡花記念館や金沢蓄音器館を見学した後にもう一度訪ねるといいでしょう。

予約のお客様はソファーに座って作品を吟味

主計町茶屋街への行き方

「アートギャラリー かーふコレクション」のホームページへ



主計町茶屋街の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | 金沢文芸館 ひがし茶屋街 | 徳田秋聲記念館 | 金沢市立安江金箔工芸館


Kazuemachi-Chayagai
News

暗がり坂を利用する際は通り道にあたります

主計町茶屋街は金沢の和文化を表現した街