sazaeyama

Kenrokuen*7
(View Points)

小立野台地というロケーションが眺望を実現

6つの景勝(六勝)を兼ね備える庭園という意味で名付けられた兼六園。六勝とは宏大、幽邃、人力、蒼古、水泉、眺望ですが、一般的には水泉と眺望は相いれないものです。

水辺とは低いところにできるものですので、必然的に遠くを眺めることには不向きなのですが、幸い、兼六園は小立野台地の先端に造られた庭園ということで、水辺を楽しみながら遠くを眺めることができます。

桂坂口から兼六園に入園し霞ヶ池に向かって坂道を上り切ると、右手に霞ヶ池が広がり、その向こうに宏大な日本庭園が見えます。そして、霞ヶ池から視線を左側に移すと、遠くに金沢の山々が見えます。

眺望台からひがし茶屋街方向を臨む

眺望台からひがし茶屋街方向を臨む

霞ヶ池に沿って園内の奥へと向かうエリアは「眺望台」と呼ばれているスポットで、金沢の中心部に近い住宅街とその向こうに連なる山々を一望することができます。方角的にはひがし茶屋街から卯辰山の方角です。

眺望台には木のベンチが置かれていますので、少し歩き疲れたなという時には、ベンチに座って遠くを眺めるのもいいでしょう。また、同じベンチの反対方向に腰掛けると木々の向こうに霞ヶ池が広がっています。

また、眺望台は春の季節には絶好のお花見スポットになります。

眺望台から眺める満開の桜

霞ヶ池を掘り広げた土で築かれた栄螺山

兼六園の眺望スポットのひとつに栄螺山があります。

栄螺山は13代藩主・前田斉泰が、霞ヶ池を掘り進めた際に出た土を盛土にして出来上がった築山です。高さが約9m、周囲が約90mで、山腹をぐるりと回りながら登っていく道が栄螺(さざえ)に似ていることから名付けられました。

山頂へと続く “登山道” からの眺めは緑一色です。そして、山頂からは木々の間を縫って霞ヶ池を一望することができます。栄螺山が霞ヶ池の南側に位置していることもあって、栄螺山の木々の影が霞ヶ池に掛かり神秘的な雰囲気を醸し出しています。

栄螺山からの眺望

栄螺山からの眺望

山頂には休憩用のベンチが設けられ絶好の眺望スポットとなっています。霞ヶ池方向を臨むと霞ヶ池の対岸に唐崎松がそびえ、その向こうに金沢の山々が見えます。まさに水泉と眺望が兼ね合わさっています。

また、山頂には雨を避けるために造られた唐傘のようなデザインの避雨亭や、三重石塔などのモニュメントが置かれています。

栄螺山の山頂に設けられた避雨亭

栄螺山の山頂に設けられた避雨亭

兼六園の最も奥にある築山・山崎山

兼六園には栄螺山とともに築山がもう一つあります。それが山崎山です。

山崎山は高さが約9m、周囲が約160mの築山です。山が築かれた年代ははっきりとしませんが、1610年(慶長15年)に現在の兼六園の周囲に造られた外惣構堀の内側に、土塁が積まれて築かれたとされています。

前述の栄螺山は庭園美のひとつとして築かれた築山ですが、山崎山は藩政期の初期に金沢城の裏手の防御用として築かれました。

麓には松尾芭蕉の句碑が置かれている他、山頂への途中には御室の塔と呼ばれる五重塔の石像があり、山頂には御亭(おちん)と呼ばれる休憩所が設けられています。

松尾芭蕉の句碑

山崎山は桂坂口と真弓坂口から最も遠い位置にありますので、御亭に設置されているベンチに腰掛けて少し休憩されるのもいいでしょう。

なお、山崎山は兼六園の裏玄関である小立野口のすぐ近くに位置しています。天徳院をはじめとする小立野寺院群を訪れる予定の方は、山崎山を経由して小立野口を出ると便利です。

また、山崎山のふもとには石川県立伝統産業工芸館があり、その隣には国の重要文化財に指定されている成巽閣があります。金沢の歴史と伝統に触れていただくのもお奨めです。

山崎山の山頂にある御亭。左手が御室の塔

山崎山の山頂にある御亭。左手が御室の塔

兼六園の眺望は冬枯れの季節の方がベター

兼六園は緑がまぶしい春から秋にかけての季節の方がより美しいのですが、眺望に関してだけは晩秋から冬にかけての冬枯れの季節の方が向いています。春から秋にかけての季節はどうしても木々の葉が視界を遮ってしまうのです。

冬枯れの季節には、桜、ケヤキ、カエデなどの落葉樹の枝の隙間からより多くの景色が見えます。眺望台からはより多くの市街地の風景を眺めることができますし、山崎山からは園内の風景が一望できます。

森の都・金沢にはジレンマがあります。緑のまぶしい季節の方が街全体は美しくなるのですが、その一方で緑の葉が伝統的な建物を遮ってしまうのです。特にカメラが趣味という方は、金沢にお越しになる季節を考慮されることをお奨めします。

冬枯れの時期は眺望には良い季節です

冬枯れの時期は眺望には良い季節です

兼六園への行き方

兼六園観光協会ホームページ



兼六園の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

金沢城公園 | 金沢21世紀美術館石川県立美術館 | 石川県立伝統産業工芸館 | 赤レンガミュージアム | 金沢くらしの博物館 | 金沢神社 | 西田家庭園玉泉園


Kenrokuen
News

兼六園の中央にある大きな池が霞ヶ池です

兼六園は日本有数の名園で楽しさもいっぱい