kenrokuen-kodai

Kenrokuen*2
(History)

「6つの景勝を兼ねる」が兼六園の名前の由来

2015年3月の北陸新幹線の開業以来、観光で訪れる方が増えている兼六園ですが、兼六園の歴史については地元の金沢の人たちの間でもそれほど知られていません。

この庭園が兼六園と名付けられたのは1822年(文政5年)のことです。

ちなみに、ひがし茶屋街が加賀藩から公許されたのは1820年(文政3年)です。現代の金沢において双璧をなす兼六園とひがし茶屋街という人気の観光名所は、ほぼ同じ頃に産声をあげました。

具体的な命名者ははっきりとしませんが、奥州平泉藩主で幕府の老中を務めた松平定信が同年に金沢を訪れた際に、12代藩主・前田斉広(なりなが)からの依頼を受けて、庭園の門に掲げる扁額に『兼六園』と記したという記録が残っています。

眺望台からひがし茶屋街方向を臨む

兼六園という名前は、宏大、幽邃、人力、蒼古、水泉、眺望という、庭園に必要な6つの景勝を兼ね備えているという意味で名付けられました。

宏大(こうだい)……広々としている
幽邃(ゆうすい)……奥ゆかしく静かである
人力(じんりょく)…人の手が加わっている
蒼古(そうこ)………古びた趣きがある
水泉(すいせん)……水辺がある
眺望(ちょうぼう)…見晴らしがよい

広々としている場所(宏大)においては静かな奥ゆかしさ(幽邃)はないものですし、人の手が加わったもの(人力)からは古びた趣き(蒼古)は伝わってきません。また、池や小川などの水辺(水泉)は低いところにありますから、遠くを見渡すこと(眺望)に不向きです。

兼六園は、本来であれば両立しえない6つの景勝を兼ね備えていることで、日本三名園のひとつに数えられるようになりました。

黄門橋付近の木々からは蒼古の雰囲気が漂っています

黄門橋付近の木々からは蒼古の雰囲気が漂っています

兼六園は「蓮池庭」と「千歳台」に分けられます

兼六園が6つの景勝を兼ね備える名園となった要素として地形が大きく関わっています。

小立野台地の先端に位置している兼六園では、平地に位置する桂坂口、蓮池門口、真弓坂口の3つの料金所から入園すると小立野台地へと上って行く傾斜地があり、傾斜地を上り切ると小立野台地の広大な敷地に出ます。

兼六園には2つの顔があります。ひとつは「蓮池庭」と呼ばれる1600年代に作庭された傾斜地のエリアで、もうひとつは1800年代に作庭された「千歳台」と呼ばれる広大な日本庭園のエリアです。

ことじ灯籠で有名な霞ヶ池は千歳台エリアにあたります。

霞ヶ池は人力によって造られた庭園美です

人力によって造られた庭園美(霞ヶ池)

1600年代に5代藩主・前田綱紀によって作庭された兼六園は、当初は傾斜地のみに庭園が造られていました。そして、このあたりには蓮の花が咲いていたことから蓮池庭(れんちてい)と呼ばれ、瓢池(ひさごいけ)を中心とするこじんまりとした庭園でした。

傾斜地に造られた蓮池庭エリアには木々が鬱蒼と生い茂り、滝の音と噴水の音が響き、奥ゆかしさと静寂の “幽邃” を漂わせています。

また、常磐ヶ岡と呼ばれるあたりの小道は、遊歩道というよりも散策路といった方が相応しいくらいの自然が残されており、“幽邃” とともに “蒼古” の趣きを漂わせています。

常磐ヶ岡の散策路は幽邃と蒼古の趣き

一方の1800年代に手を入れられた千歳台エリアには、霞ヶ池という大きな池があり、小立野台地の辰巳用水から引き込まれた水が、大きく蛇行しながら「曲水」となって霞ヶ池に注ぎ込まれています。

曲水には、上流から木橋、花見橋、板橋、千歳橋、雪見橋、雁行橋、月見橋、虹橋といった風情を感じる名前の橋が架かり、両岸には桜並木が続き、水辺にはカキツバタが植えられています。

また、千歳台では松、桜、梅などの木々とともに、サツキ、ツツジ、スイレン、サザンカなどの季節の花々が、人々の目を楽しませてくれます。

宏大

宏大な千歳台の曲水を彩るカキツバタ(花見橋付近)

小立野台地に位置する千歳台は、“宏大” な敷地に “人力” が加えられ見事な庭園美を見せてくれています。

また、霞ヶ池を拡張する際に掘った土を盛って造られた栄螺山(さざえやま)からは、霞ヶ池と金沢の山なみを見渡すことができます。

栄螺山から臨む霞ヶ池

欧米からの旅行者は神秘性がお気に入り

傾斜地に作庭された蓮池庭エリアと、小立野台地の高台に作庭された千歳台エリアからなる兼六園ですが、私が子供の頃は、兼六園に行くと傾斜地にある瓢池には寄らずに、高台の霞ヶ池を見学しただけで帰ったものです。

地元の人たちの多くが、薄暗く狭い蓮池庭エリアよりも、明るく広々としている千歳台エリアを好んでいますし、日本人観光客の人たちを見ても千歳台エリアの方が見学者数が多いように思えます。

近年は海外から訪れる人が増えてきました。外国人旅行者の反応を見ていると、中国語を話す人たちは日本人と同じように高台の開放的なエリアを好むようです。一方で、欧米系の人たちは幽邃を漂わせる瓢池周辺の風景に、日本的な神秘性を感じているように見えます。

瓢池は幽邃と呼ぶにふさわしい景観です

瓢池は幽邃と呼ぶにふさわしい景観です

兼六園への行き方

兼六園観光協会ホームページ(兼六園の歴史)



兼六園の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

金沢城公園 | 金沢21世紀美術館石川県立美術館 | 石川県立伝統産業工芸館 | 赤レンガミュージアム | 金沢くらしの博物館 | 金沢神社 | 西田家庭園玉泉園


Kenrokuen
News

金沢城公園と隣接する料金所からは傾斜地を上って行くことになります

兼六園-日本有数の名園では笑顔もいっぱい