fromcastle5

to Kenrokuen*3
(from Kanazawa-Castle)

金沢城公園と兼六園との位置関係

castle-kenrokuen

金沢人にとって兼六園と金沢城はイコール

兼六園と金沢城公園は、お堀通りの一部になっている百間堀(ひゃっけんぼり)を挟んでお向かいさん同士です。

江戸時代に加賀藩主であった前田の殿様は金沢城に居住し、兼六園を前田家の庭として所有していましたので、この2つの観光名所がすぐ近くにあるのも当然のことなのですが、金沢城公園からの出口を間違えると、全くの正反対のところに出てしまいますので注意してください。

金沢城公園から兼六園に行かれる場合は石川門から出てください。城内の至る所に「兼六園➡」と表記してある案内板がありますので、案内板に沿って行けば大丈夫です。

三の丸広場からは石川門がこのように見えます

三の丸広場からは石川門がこのように見えます

金沢城公園で五十間長屋を見学された後に兼六園へと向かわれる場合は、二の丸広場から橋爪門を通って三の丸広場に出て、宏大な芝生の広場を対角線上に行き、そのまま直進して下っていくと石川門です。

石川門の「二の門」

石川門の「二の門」

石川門を出ると兼六園まで一直線です

石川門を出ると兼六園まで一直線です

石川門を出ると石川橋という橋が架かっています。石川橋の下を走っているのが前述の百間堀で、金沢21世紀美術館のある広坂交差点へと延びています。そして、石川橋を渡り、右斜め前方の坂道を上って行くと兼六園の桂坂口があります。

石川橋。写真の方向が兼六園です

石川橋。写真の方向が兼六園です

兼六園と金沢城公園を結ぶのが石川橋

石川門は1995年(平成7年)まで金沢大学の校門でした。金沢城内にキャンパスがあった頃は、自転車で颯爽と石川橋を渡って石川門へと入って行く学生の姿が見られたものです。

金沢城公園は21世紀に入って整備されたばかりの観光名所ということもあり、また、史跡を忠実に残すという考えのもとで運営されていることから、城内には飲食する場所がほとんどありません。

広大な城内を一回りすると喉が渇きますし小腹も空いてきます。そのような時には桂坂口の前に並んでいる売店でちょっと一休みされるのもいいでしょう。

さて、金沢城公園の石川門から兼六園の桂坂口にかけては、観光で訪れる方にとって最高の撮影スポットです。

写真撮影が趣味という方の中には、人通りが少なくなるタイミングをじっと待っている人もいます。ただ、その人自身も、ふとした瞬間に自分も誰かの邪魔になっていることに気付きます。

余談ですが、石川門は現在でこそ金沢城の正門のような位置付けになっていますが、元々は前田家の庭(兼六園)へと通じる裏門でした。

兼六園と金沢城公園はお向かいさんです

兼六園と金沢城公園はお向かいさんです

別ルートをお探しの方は玉泉院丸口から

兼六園と金沢城公園については、兼六園の入園チケットと、金沢城公園で唯一の有料施設である「菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓」への入場券をセットで購入した人は、当日に限り兼六園に何度でも出入りできるようになっています。

セット入場券を購入して、最初に兼六園を見学した後に金沢城公園へと向かわれる方の中には、金沢城公園を見学した後で兼六園に戻られる方もいらっしゃるかと思います。

兼六園と金沢城公園を往復される方の中には、石川門から金沢城公園に入って、また石川門から出てくるよりも、別のルートを歩いて兼六園に戻ってきたいという方も多いのではないでしょうか。

そのような方には金沢城公園の玉泉院丸口から出て、いもり堀を通って兼六園の真弓坂口から入園されるルートをお奨めします。

まだまだ観光客の方への知名度は低いのですが、玉泉院丸庭園は2015年の北陸新幹線の開通に合わせて復元された日本庭園です。

3代藩主・前田利常が、義理の姉にあたる玉泉院(2代藩主・利長の正室)のために造営した庭園で、池の周囲には遊歩道が設けられ絶好の眺望スポットとなっています。

金沢城公園の玉泉院丸庭園

金沢城公園の玉泉院丸庭園

玉泉院丸口を出て左手に行くと兼六園に向かってお堀通りが延びています。通りの左手には2010年に復元された「いもり堀」が続き、右手にはしいのき緑地の芝生が広がっています。

しいのき緑地の先に広坂交差点があり、交差点を渡ると兼六園の真弓坂口です。金沢城公園の玉泉院丸口から兼六園の真弓坂口までは距離にして約400m、時間にして5分ほどの所要時間です。

写真のちょうど中央が兼六園の真弓坂口です

写真のちょうど中央が兼六園の真弓坂口です

ランチタイムにこのあたりを通られる場合は、しいのき迎賓館にあるフレンチレストラン『ポール・ボキューズ』で昼食をとられるのもいいでしょう。

金沢城公園の玉泉院丸口から兼六園の真弓坂口へのルートです

霞ヶ池 | 名前の由来 | 瓢池 | 入場口 | 曲水 | 茶店 | 眺望 | 千歳台 | 日本武尊像 | 常磐ヶ岡成巽閣


金沢城公園の玉泉院丸口から兼六園の真弓坂口へは以下の通りを歩きます

お堀通り(尾崎神社~いもり堀)


兼六園の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

石川県立美術館 | 石川県立伝統産業工芸館 | 赤レンガミュージアム | 金沢くらしの博物館 | 金沢神社 | 西田家庭園玉泉園


兼六園への行き方

金沢駅から | 近江町市場から | 金沢城公園から | 金沢21世紀美術館から | ひがし茶屋街から | 長町武家屋敷跡から


兼六園の次はどこへ行こうかな

金沢城公園へ | 金沢21世紀美術館へ | ひがし茶屋街へ | 主計町茶屋街へ | 近江町市場へ | 長町武家屋敷跡へ | にし茶屋街へ

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間


Kenrokuen
News

兼六園は日本有数の名園で楽しさもいっぱい