市場への入口は10カ所

近江町市場の見どころ vol.2

近江町市場は、青草町、下堤町、十間町、上近江町、下近江町の5つの町が集まって形成されている市場です。かつては近江町という町名があったらしいのですが、現在の金沢には近江町という町名はありません。

この市場は “面状” に広がる市場です。市場(いちば)と聞くと、一直線に伸びる “線状” の市場を思い浮かべる方も多いかと思いますが、近江町は面状のエリアにアーケード付きの路地が何本も交差しています。

藩政期に原型が造られた市場だけあって、路地は緩やかなカーブを描いたり「く」の字に曲がっていたりと、アーケードに覆われた市場全体が迷路のようです。はじめて近江町市場を訪れる方は迷われるかもしれませんね。

フルーツの甘い香りが食欲を刺激します

金沢旅行までお時間のない方におススメ
近江町市場が3分でわかる画像集

市場を通る路地の数だけ入口があります

近江町市場には全部で10カ所の入口があります。

ずっと以前からある「エムザ口」「むさし口」「市姫神社口」「青果通り口」「鮮魚通り口」「買物通り口」「パーキング口」「十間町口」の8カ所に加えて、2009年にオープンした「近江町いちば館」からも入ることができます。

これらの入口の中で最も利用者数が多いのは、金沢の老舗百貨店のひとつである「めいてつ・エムザ」の向かい側に位置する「エムザ口」です。また、バス停と直結している「近江町いちば館」の館内通用口も利用者の多い入口です。

近江町いちば館と市場を結ぶ館内通用口

金沢のメインストリートの百万石通りに面する入口は「エムザ口」「むさし口」「市姫神社口」の3カ所と、いちば館から入る2カ所の計5カ所です。

百万石通りに面する入口の中で、エムザ口は兼六園金沢21世紀美術館長町武家屋敷跡に近い香林坊方面から、市姫神社口は、ひがし茶屋街主計町茶屋街に近い橋場方面からお越しになる方にとっての最寄りの入口となります。

金沢駅から近江町市場へ来られる方は、交差点の向こうに「近江町」のマークが付いた建物が見えているのに、交差点の信号がなかなか青にならなくてイライラするかもしれません。

そのような時は「近江町いちば館」の地下入口を利用されるといいでしょう。交差点には地下へと下りる階段やエレベーターが設けられています。

近江町いちば館への地下入口

裏通りの入口はご近所の人たちの通用口

近江町市場への入口の中で、「青果通り口」「鮮魚通り口」「買物通り口」「パーキング口」「十間町口」は、ご近所の人が主に利用する入口です。ご近所さんの通用口のような雰囲気で、自転車でやってくる人も多く見られます。

自宅近くのスーパーにお買い物に出掛けるような感じで、普段着にサンダル履きで、買い物袋を提げて市場の中へと入って行く姿を見ると、近江町市場が地域の人たちの生活の場なのだということが実感できることと思います。

さて、近江町市場にある10カ所の入口の写真を掲載していますが、2009年にできた近江町いちば館を除いた8カ所の入口を比べてみると、2つの違いがあることに気付かれるかと思います。

1つ目の違いは「近江町」のロゴの色です。百万石通りに面した3カ所の入口はエンジ色のロゴなのに対して、ご近所用の入口のロゴはブルーです。

2つ目の違いは、ご近所用の入口には「近江町市場」と記されているのに対して、百万石通り沿いにある観光客の方が利用される入口には「近江町」としか記されていないことです。

私は、観光客の方が多く利用する入口にこそ「近江町市場」と記すべきだと思っています。

近江町には市場しかないことから、金沢の人たちの間では「近江町」と言えば「近江町市場」のことなのですが、はじめて訪れる方はちょっとしたことでも不安なものです。

「近江町って書いてあるけど、近江町 “市場” はここでいいの?」という不安を抱かせないためにも、近江町市場と記しておいた方が良いのではないでしょうか。

NEXT – 食の観光地・近江町市場はお食事処もいっぱい

近江町市場ホームページ


金沢観光の楽しさを地元民がご案内します
金沢を観光してみたいかも
↑よろしければトップページへ↑

近江町市場-のどぐろも並ぶ食材の観光名所