fromstation8

to Omicho-Market*1
(from Kanazawa-Station)

金沢駅と近江町市場との位置関係

station-omicho

「もてなしドーム」から近江町市場まで一直線

金沢駅に降り立った観光客の方が最初にカメラを取り出すのは、駅舎から外に出てガラス張りの屋根を目にした時です。

これは「もてなしドーム」と名付けられた巨大なドームで、総枚数3,019枚のガラスが駅前広場を覆っています。

“弁当忘れても傘忘れるな” と言われるほど雨の日が多い金沢にお越しになった方が、到着してすぐに雨に濡れることのないように、そっと傘を差しだすイメージで造られました。そして、もてなしドームの先には鼓門がそびえています。

もてなしドームと鼓門は金沢駅ならではの景観

金沢駅東口の「もてなしドーム」

金沢駅東口の「もてなしドーム」

前置きが長くなりましたが、近江町市場は金沢駅から最も近い観光名所です。

鼓門を抜けると、金沢駅通りと名付けられた直線道路が近江町市場のある武蔵交差点まで続きます。金沢駅通りは約850mの長さで、近江町市場へは徒歩10分少々で到着します。

金沢駅通り。この通りを真っすぐに行くと近江町市場です

金沢駅通り。この通りを真っすぐに行くと近江町市場です

金沢駅通りは金沢で随一のマンションストリート

金沢駅通りは中心街の道路の道幅が狭い金沢の中でも道幅の広い通りです。しかも武蔵交差点までほぼ一直線に伸びていますので、晴れた日には爽快な気分で金沢の第一歩を記すことができるかと思います。

はじめて金沢を訪れる方は、旅行ガイドブックやWEBで見た景色を、至る所で目にできるのではないかと思われているかもしれませんね。

残念ながら、金沢駅通りには加賀百万石の城下町に来たことを実感するような景色はほとんどありません。

金沢駅通り-21世紀の金沢を表現するオブジェ

金沢駅通りにはマンションが立ち並んでいます

金沢駅通りにはマンションが立ち並んでいます

意外に思われるかもしれませんが、金沢で最初に目にする街角の風景はマンションストリートです。近年は、全国的に見られる都心回帰の傾向が金沢にもおよび、駅チカの立地に高層マンションが次々に建設されています。

金沢駅は明治時代に市の中心部から少し離れたところに建設されました。今でこそ駅周辺は繁華街のような賑わいを見せていますが、駅前エリアが一気に発展したのは21世紀に入ってからです。

マンション群の向こうには、武蔵交差点に面する「ANAホリデイ・イン金沢スカイ」の白い建物が見えます。

「Corpus Minor ♯1」 ヤンネ・クリスティアン・ヴィルックネン作

「Corpus Minor ♯1」 ヤンネ・クリスティアン・ヴィルックネン作

金沢駅通りには彫刻やオブジェなどのアート作品が点在しています。中には思わず立ち止まってしまうような個性的なオブジェも目にします。

近江町市場までの10分少々のウォーキングでは、「このオブジェはWEBで見たよね」と確認しながら歩かれるのもいいでしょう。

金沢駅通りのマンションはアーケード完備が主流です

金沢駅通りのマンションはアーケード完備が主流です

東別院を過ぎると近江町もすぐ近くです

金沢駅通りには加賀百万石の城下町を連想させるような風景はほとんどないと言いましたが、唯一、金沢駅から近江町市場への中間点を過ぎたあたりの左手に、大きな寺院を目にすることができます。

この寺院は東別院というお寺で、京都の東本願寺の別院にあたります。神社仏閣めぐりがお好きな方は立ち寄られるのもいいでしょう。

進行方向左手に東別院が見えると近江町市場もすぐ近くです

進行方向左手に東別院が見えると近江町市場もすぐ近くです

東別院を過ぎると「ANAホリデイ・イン」の建物も目の前に見えてきます。ここまで来ると近江町市場のある武蔵交差点はすぐ近くです。

武蔵交差点へは「ANAホリデイ・イン」の白い建物が目印です

武蔵交差点へは「ANAホリデイ・イン」の白い建物が目印です

武蔵交差点には黒っぽい5階建てのビルが建っています(トップの写真です)。そのビルは「近江町いちば館」というビルで、建物の下に近江町市場があります。

「近江町」と記された赤いロゴマークが目印です。「近江町市場」ではなく「近江町」とだけ記されています。

実は、初めて金沢を訪れる方の中には、「近江町」のロゴを目にしているにもかかわらず、「近江町と書かれているけど市場とは書かれていないよね」という感じで通り過ぎていく人がいます。

金沢では近江町と言えば市場のことです。なぜなら近江町には市場しかないからです。普段の会話の中で「どこ行くの?」「近江町」という会話が交わされる時は、近江町市場に魚を買いに行くという意味です。

そのことから「近江町」としか記されていないのですが、「近江町市場」と記す方が観光客の方には親切ですよね。

どうぞお気をつけください。

「近江町」とは近江町市場のことです

バスをご利用の方はどれに乗ってもOK

金沢駅から近江町市場へは徒歩で10分少々の距離ですが、雨模様のお天気の時や、大きな荷物を持っている時などはバスに乗りたいですよね。

近江町市場までバスを利用される際は、金沢駅東口のバスターミナルから乗ってください。東口は「もてなしドーム」のある出口で、東口を出て左手がバスターミナルになります。

駅舎の出口に近い6番から10番までの乗り場から発車するバスは、すべて「武蔵ヶ辻・近江町市場」に停車しますが、雨が降っているときは、8番~10番のりばから乗車するといいでしょう。

8番~10番のりばから発車するバスは近江町いちば館の前に停車しますので、ほとんど雨に濡れることなく市場に入ることができます。

金沢駅東口のバスターミナル

金沢駅から近江町市場までは晴れた日には絶好のお散歩コースです

近江町市場のこと、もう少し知りたい

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間


近江町市場への行き方

金沢駅から | 兼六園から | 金沢城公園から | ひがし茶屋街から | 主計町茶屋街から | 長町武家屋敷跡から | にし茶屋街か


近江町市場から他の観光名所への行き方

金沢城公園へ | 兼六園へ | 金沢21世紀美術館へ | 主計町茶屋街へ | ひがし茶屋街へ | 長町武家屋敷跡へ | にし茶屋街へ


Omicho-Market
News

近江町市場はのどぐろも並ぶ食材の観光名所