word-ichi2

Omicho-Market*4
(Woman)

子供の頃に感じた生臭さがなくなりました

金沢は“弁当忘れても傘忘れるな”と言われるほど雨の多い街で、石川県は年間の降雨日数が全国1位です。金沢と同じように厳しい冬を過ごす北海道よりも、東北よりも、新潟や長野よりも、石川県はたくさん雨が降ります。

雨が多いこともあって近江町市場の路地にはアーケードが完備されています。私は子供の頃はアーケードにこもる生魚の匂いが苦手で、母親の買い物に付き合わされるのが苦痛だったのですが、今では魚の生臭さは全くと言っていいほど感じなくなりました。

近江町市場の関係者に聞いてみると、排水設備の整備と生ごみ回収の改善によって市場から生臭い匂いが消えたのだそうです。

つまり私が子供の頃に感じた生臭さは、魚の廃棄された部位から発せられていたものでした。

家庭の食卓を取り仕切ってきたベテラン主婦の方であれば、市場内の匂いが気になっても「市場とはそういうもの」と割り切ることもできますが、若い主婦の中には近江町に行くのが苦痛だった人もいたかもしれませんね。

生臭さが消えた近江町市場は、若い観光客が訪れる観光名所としてますます発展しています。今では、お買い物に興味のない人でも、観光地・近江町市場とはどういう場所なのだろうという感じで訪れる人が増えてきました。

近江町市場から魚の生臭い匂いがなくなりました

近江町市場から魚の生臭い匂いがなくなりました

明治時代から近江町市場の主役は女性

現在の近江町市場の主役は言うまでもなく女性です。金沢の女性たちは新鮮な魚や旬の野菜を求めてこの市場に足を運びます。

歴史を紐解くと、藩政期の近江町市場は加賀藩ご用達の市場だったことから“女人禁制”だったそうです。近江町市場の主役が女性になったのは明治以降のことです。

村松友視氏の著書『金沢の不思議』には、近江町市場のアーケードを上から見ると「女」の字に見えると記されています。

同著には、1981年(昭和56年)に上通りのアーケードがパーキング口まで延長された時に、市姫神社口のビルから見ると「女」の字が浮き上がったとあります。

「女」という字の「ノ」にあたる中通り

上通りはパーキング口から青果通り口に向かって右にカーブしています

現在は「近江町いちば館」の建物ができたことから、「女」の文字を完全に読み取ることはできませんが、近江町のホームページにある場内マップを逆さまにして見ると、確かに路地が「女」の字になっているように見えます。

上通りのカーブは「く・ノ・一」の「く」にあたります

上通りのカーブは「く・ノ・一」の「く」にあたります

「女」の字を思い浮かべながら歩くと迷わないかも

ご承知のとおり「女」という字は「く」「ノ」「一」の3つのパーツで記されます。

パーキング口から青果通り口に向かって緩やかなカーブを描く“上通り”は、青果通り口のところで左に折れます。そして、“青果通り”となり、むさし口に向かって一直線に伸びています。この部分が「く」になります。

「く」の字の折れた先にあたるのが青果通りです

「く」の字の折れた先にあたるのが青果通りです

「ノ」の部分にあたるのが、十間町口から市姫神社口へと伸びる“中通り”と呼ばれる路地で、上通りに並行するように緩やかに右にカーブしています。

余談ですが、この中通りの下には犀川から兼六園を経由してきた辰巳用水が流れています。この中通りは、まさに近江町市場の中心です。

中通りは緩やかに「ノ」の字を書きながら市姫神社口へ

中通りは緩やかに「ノ」の字を書きながら市姫神社口へ

そして、最後の「一」にあたる部分が、鮮魚通り口からエムザ口へ向かって一直線に伸びる“鮮魚通り”です。

市場(いちば)というのは右手に行く人と左手に行く人が行き交う場所ですが、鮮魚通りでは、エムザ口から鮮魚通り口に向かう人の流れが圧倒的に多くなっているのが特徴です。

その理由は、近江町市場の10カ所ある入口の中でも、観光客の利用が多いエムザ口から入ってきた方たちは、鮮魚通り口に向かって真っすぐに歩き、鮮魚通り口の手前にある上通りを左に曲がるのが、観光で訪れる方にとっての最も標準的なルートとなっているからです。

「く・ノ・一」の「一」にあたる鮮魚通り

「く・ノ・一」の「一」にあたる鮮魚通り

さて、近江町市場は金沢では最も大きな市場ですが、全国的に見ると規模自体は特別に大きいわけではありません。

全体で外周600mほどのエリアです。このことから、金沢と同様に海産物が美味しい街からお越しの方の中には、「私の地元の市場の方が大きいわ」と思われる人もいるかもしれません。

そのような規模でも、市場内の路地に見られる緩やかなカーブが、はじめて訪れる方の方向感覚を迷わせることもあります。観光で訪れる方は「女」という字を意識しながら近江町市場を歩くと迷いにくいかもしれませんね。

近江町市場ホームページ


おみちょ | 入場口 | お食事処 | 女の字 | お買い物しなくても楽しい


近江町市場への行き方

金沢駅から | 兼六園から | 金沢城公園から | ひがし茶屋街から | 主計町茶屋街から | 長町武家屋敷跡から | にし茶屋街から


Omicho-Market
News

地図を逆さまにすると「女」の字に読めないこともありませんね

近江町市場はのどぐろも並ぶ食材の観光名所