station-objet3

Kanazawa-Station*2
(Objet)

もてなしドームと鼓門の先に時計&メッセージ

2005年に金沢駅の東口に完成した「もてなしドーム」と「鼓門」は、金沢駅に降り立った観光客の方々が最初にカメラを構えるポイントですが、この2つの名所以外にも、東口にはちょっとした面白さが散りばめられています。

駅舎を出て、もてなしドームから鼓門を通り抜けると、金沢市の市街地へと伸びる金沢駅通りの手前に、観光で訪れた方を歓迎するメッセージボードがあるのを目にします。

このメッセージボードは、遠くから見ると小さな電灯が点灯しているネオンサインのように見えるのですが、近くから見ると水が吹き上がっているのが分かります。電飾ではなく、小さな噴水をいくつも連ねることで文字をかたどっているのです。

この水は、犀川から取水された辰巳用水から引かれています。

辰巳用水の水は、小立野通りを流れる本流から分岐して兼六園に入り、霞ヶ池と瓢池を経由して市中に流れ出て、しいのき緑地を小川となって流れた後に再び本流に戻ります。

そして、近江町市場の地下あたりからもう一度分岐して金沢駅通りを流れ、金沢駅へとたどり着きます。

基本的にこのボードは時刻をデジタル表示する時計なのですが、時刻表示の間に歓迎のメッセージが挿入されていきます。ボードに表示される順番は次のとおりです。

このメッセージボードは、定番の撮影スポットである鼓門ともてなしドームにカメラを向けている人にとっては、ちょうど背後に位置しています。

そして、人気スポットをカメラに収めた人が「これも撮っておこう」という感じで、水のメッセージに向かってシャッターを切る人が見られます。

近くに行くと水が噴き出しているのが分かります

近くに行くと水が噴き出しているのが分かります

駅舎の両サイドにあるオブジェ

金沢駅の東口を出て「もてなしドーム」の傘の下に入ると、正面に鼓門があり、右手に行くと石川県立音楽堂が、左手に行くとショッピングビルの「金沢フォーラス-FORUS-」があります。

それぞれの施設に行く途中にはオブジェが展示されています。

県立音楽堂への途中にあるのが、東京芸術大学名誉教授の米林雄一氏の作品「微宇音・微宙オン・微界音」です。金沢美術工芸大学の出身である米林氏は宇宙をイメージした芸術表現で知られています。

私はこの作品が何を表現しているのか全く分かりませんでしたが、宇宙をイメージした作風という視点から見てみると、確かに、時空を超えた宇宙のイメージが伝わってくる気がします。

地元の管弦楽団である「オーケストラ・アンサンブル金沢」の拠点である県立音楽堂と相俟って、この一角に芸術的な雰囲気を与えてくれる作品です。

「微宇音・微宙オン・微界音」米林雄一氏作

「微宇音・微宙オン・微界音」米林雄一氏作

一方、金沢フォーラスへ行く途中には、三枝一将氏の作品による「やかん体、転倒する。」というタイトルのオブジェが展示されています。作者の三枝一将氏は東京を拠点に鋳金作家として活躍されている方です。

この作品は「金沢・まちなか彫刻作品・国際コンペティション2006」において、470作品の中から最優秀賞に輝いた作品です。

タイトルのとおり、やかんがひっくり返って地面に埋まっているという斬新なデザインが、行き交う人々の心に潤いを与えてくれます。

「やかん体、転倒する。」の気が利いている点は、作品の裏側に回ると「やかん」の蓋が転がっていることです。

この作品は女子高生をはじめとする若い女性にとっては最高の被写体のようで、友達同士で転がった「やかん」をバックに写真を取り合っている姿がよく見られます。

また、女性同士の待ち合わせ場所ともなっているようです。

「やかん体。転倒する。」三枝一将氏作。右後方には外れた蓋が

「やかん体。転倒する。」三枝一将氏作。右後方には外れた蓋が

ショッピングビルの金沢フォーラスは、金沢駅前が繁華街として発展する契機となった商業施設です。

女性向けのブランドショップのみならず、書店やシネマコンプレックスがテナントとして入っていることから、電車でやってくる地元の人の中には、武蔵ヶ辻や香林坊と言った中心街に足を延ばすことなく、金沢駅周辺で用を済ませて帰って行く人もいます。

帰りの新幹線まで少し時間があるという方は、金沢観光の最後にもてなしドームの周囲を少し歩いてみるのもお奨めです。

石川県立音楽堂ホームページ | 金沢フォーラスホームページ


金沢駅の見どころをCheck!

もてなしドームと鼓門 | やかんのオブジェ | 金沢百番街「あんと」


金沢駅から観光名所への行き方

近江町市場へ | 金沢城公園へ | 兼六園へ | 金沢21世紀美術館へ | ひがし茶屋街へ | 主計町茶屋街へ | 長町武家屋敷跡へ

※にし茶屋街へは金沢駅から長町武家屋敷跡を経由するルートになります


Kanazawa-Station
News

色々な角度から「もてなしドーム」を撮影するのもいいでしょう

金沢駅は観光で訪れる方の最初の撮影スポット