MONTH

2017年6月

金沢市東山の観音院で四万六千日の張り紙作り

金沢市の東山界隈に伝わる夏の風物詩 6月30日付の北國新聞に、ひがし茶屋街に近い金沢市東山の観音院で、四万六千日を周知する張り紙作りが始まったという記事が掲載されていました。 「四万六千日」(しまんろくせんにち)とは、観音様の功徳日に参拝すると4万6千日分の功徳があると言い伝えられている風習です。 紙面には、住職が墨を塗った版木に置いて刷り上げた紙を本堂に並べ、刷ったばかりの貼り紙を乾かしている写 […]

ひがし茶屋街「八の福」が目抜き通りに移転

金沢市の花街改修補助制度で適用第1号 6月28日付の北國新聞に、ひがし茶屋街の現役のお茶屋のひとつである『八の福』(はのふく)が、メインストリートに移転するという記事が掲載されていました。 金沢市では今年度からお茶屋の改修補助制度を導入しています。 記事によると、適用第1号として、ひがし茶屋街の『八の福』が、2018年1月をめどに宇多須神社近くの現住所から、ひがし茶屋街のメインストリートである二番 […]

金沢神社で氷室万頭を手に茅の輪くぐり

金沢の風物詩のひとつ「氷室まんじゅう」 6月26日付の北國新聞に、金沢に伝わる縁起菓子である『氷室万頭』に関する話題が掲載されていました。 記事の内容は、兼六園に隣接する金沢神社で、かほく市高松の和菓子店「白千鳥神保」の「氷室万頭の茅の輪くぐり」が行われたというものです。 店長ら5人が、まんじゅうを手に茅の輪(ちのわ)をくぐり、氷室饅頭を買い求める人の無病息災を願いました。 この茅の輪くぐりは同店 […]

金沢独り勝ちの裏側で見えてくる金沢の課題

金沢駅の乗車人数が富山駅の3倍に 6月16日付の北國新聞の社会面トップは、「金沢独り勝ち 富山の3倍」「文化に強み 再訪多く」という見出しの記事でした。 JR西日本が6月15日に明らかにした、北陸新幹線開業2年目の駅別乗車人数によると、金沢駅は1日平均2万2,668人と富山駅の3倍近い水準で、金沢、新高岡、富山、黒部宇奈月温泉、糸魚川の5駅で断トツの多さとなりました。 記事では、金沢のホテル経営者 […]

金沢市の金石全域で数年内に旧町名が復活

対象は28町。金沢市の中心部以外で初めて 6月20日付の北國新聞の一面は、金沢の港町である金石(かないわ)地区で旧町名が復活するという話題でした。 金沢市の金石地区では、来年以降、地区全域で旧町名の復活を目指します。対象となるのは旧28町で、金沢市と連携して数年以内にすべての町名を復活させ、郷土への愛着を育むとともに、魅力ある街づくりに生かしていく予定です。 ちなみに金沢は全国ではじめて旧町名が復 […]

ひがし、にし、主計町に「金沢おどり」のポスター

14回目を迎える芸妓さんの晴舞台「金沢おどり」 6月18日付の北國新聞に、9月に行われる「第14回金沢おどり」のポスターが、ひがし、にし、主計町の3つの茶屋街に掲出されたという記事が掲載されていました。 ポスターには、芸妓によるあでやかな舞踊や金沢名物のお座敷太鼓など、金沢おどりの情緒を伝える写真が掲載され、観光客らが興味深げに見入っていたとのことです。 今年の「金沢おどり」は、9月15日~18日 […]

皇太子殿下が金沢芸妓の一調一舞をご鑑賞

にし茶屋街の乃莉さんと八重治さんが披露 今週末の石川県の地元メディアは、皇太子殿下のご来県の話題でもちきりでした。 このたびのご来県は、第28回全国「みどりの愛護」のつどいに殿下がご臨席されることから実現したものです。 前日には石川県文化財保存修復工房を訪れ、文化財の修復作業にあたる職人さんにお声掛けされた様子がテレビや新聞で紹介された他、式典当日には、会場となった本多の森ホールでの殿下のご挨拶が […]

いしかわ四高記念公園でベルギービールの祭典

ベルギービールとフライドポテトを満喫 6月9日付の北國新聞に、いしかわ四高記念公園で「ベルギービールウィークエンド2017金沢」が開幕したという記事が掲載されていました。 来場者は個性豊かな78種類のビールや料理を味わい、2016年にユネスコの無形文化遺産に登録された「ベルギービール文化」を満喫しました。 会場には12のブースがあり、各ブースを回って飲み比べる来場者の姿が見られました。また、ベルギ […]

鈴木大拙館の「水鏡の庭」で加賀狂言を上演

無の境地を創造する空間で伝統芸能を披露 6月6日付の北國新聞に、鈴木大拙館で加賀狂言が上演されたという記事が掲載されていました。 「加賀狂言×鈴木大拙館」と題されたイベントで、金沢生まれの仏教哲学者・鈴木大拙の世界を表現した建築や庭を舞台に、狂言小舞謡が披露され、来場者が日本文化の魅力や禅の思想に触れたとのことです。 加賀藩のお抱え狂言師の名跡を継ぐ十世三宅藤九郎さんが、鈴木大拙館の水鏡の庭に面し […]