湯涌温泉で「第8回 湯涌ぼんぼり祭り」開催

湯涌はアニメ『花咲くいろは』聖地巡礼の地

10月10日付の北國新聞に、「第8回湯涌ぼんぼり祭り」の記事が大きく掲載されていました。

記事によると、今年のお祭りは台風25号の影響で、ぼんぼりを取り外して開催する異例の事態となりましたが、実行委員会の想定を上回る約6千人が全国から訪れたそうです。

中には祭りを盛り上げようと「ぼんぼり」を持参するファンもおり、地元住民と一体となって湯の街を沸かせました。

「花咲くいろは」のパネルが随所に見られます

ぼんぼり祭りは、湯涌温泉をモデルにしたアニメ「花咲くいろは」にちなんで開催されるイベントで、毎年10月の3連休に行なわれています。

今年は湯涌温泉が開湯1300年記念ということで、当初は7日に本祭、8日に後夜祭を予定していました。

残念ながら、台風による天候悪化や交通機関への影響を考慮して8日のみの開催とし、地元バンドのライブを中止するなど内容を変更して行なわれました。

いろは館

毎年、祭りに参加している愛知県の会社員の方は、自宅からぼんぼりを持って駆けつけ、「やっぱり“ぼんぼり”がないのは少し寂しい。大好きな祭りに少しでも協力したい」と話していました。

メイン行事の「ぼんぼり巡行」は午後8時ごろ、湯涌温泉稲荷神社の扇階段下から出発し、ファンの願い事が書かれた「のぞみ札」が入ったカゴを地元住民が担いで練り歩きました。

例年、一般参加者も抽選で入場できたのぞみ札のお焚き上げ会場も、安全性を確保するため、今年は協賛者のみに限定しました。

実行委員会によると、湯涌小学校で開かれた、アニメのオープニング曲を歌ったバンド「nano.RIPE(ナノライプ)」のライブは満席となり、各旅館も満室となりました。

湯涌温泉観光協会の会長さんはあいさつで、台風による規模の縮小を陳謝したうえで、ファンの支援に感謝し「今年もなんとか開催することができた。第9回は例年通りの内容で行ないたい」と語ったとのことです。

湯涌稲荷神社は花いろファンの聖地

台風の影響を受けたのはかわいそうでした

今年の「湯涌ぼんぼり祭り」は、あいにくの台風でスケジュールが変更になって本当に可哀想でした。

台風は7日の朝には能登半島を通り過ぎていましたので、もしかすると、予定通り開催できたかもしれませんね。

ただ、石川県の人たちは、冬の雪には慣れているのですが、夏の台風には慣れていませんので、吹き返しなどの関連災害の予測ができなかったのかもしれませんね。

このことから、「台風の予想進路を見ると大丈夫なように思うけれど、万一の場合を想定して順延」となったのかもしれません。

アニメに出てくる温泉街の風景

さて、湯涌温泉を歩いていると、街を上げて「花咲くいろは」を応援していこうという雰囲気が感じられます。

アニメと同じ風景が随所に点在している他、お店にはアニメのパネルが設置されています。

また、終点からひとつ手前のバス停には、花咲くいろはを記念した「いろは館」が開設されています。

10月から11月上旬までの湯涌温泉は、暑からず寒からず、ちょうど良い気候です。

この椅子もアニメのワンシーンに出てきます

関連記事

湯涌温泉-夢二ゆかりの地はアニメの聖地へ


KANAZAWA NEWS カテゴリー
郊外の観光スポットニュース

このページからご覧になった方へ
よろしければトップページも