金沢21世紀美術館が3分でわかる画像集

3分でわかる画像集シリーズ#7

2004年にオープンした金沢21世紀美術館(通称:21美)は、現代アートの美術館として注目を集め、今では日本有数の入場者数を記録する人気ミュージアムとなりました。

21美のセールスポイントは敷地の周囲に垣根がないことで、自由に何度でも立ち寄ることができます。また、無料ゾーンが多く、若い人たちに人気のラビットチェアも無料ゾーンにあります。

特徴的な円形の建物の周囲を緑の芝生が取り囲み、ラッパのオブジェなどの作品では、若い女性や子供たちの笑顔があふれています。21美へは “美術館” というよりも “アート広場” の感覚で訪れてください。

なお、21美の休館日は毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)ですが、休館日でも建物の中には入ることができます。

次の人に教えたい金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館を写真でご紹介します

垣根のない憩いのアート広場

21美の設立コンセプトは「市民に開かれた美術館」です。美術館の敷地の周囲には垣根がありません。館内へも無料で入れることから、雨宿りや涼をとるために立ち寄る市民も見られます。広場のような雰囲気です。

21美と一般道の間に垣根はありません
館内図が21美のロゴマークに
敷地を示すボードもカジュアルです

金沢旅行での観光ガイドを承ります

館内の恒久展示作品

金沢21世紀美術館で最も知られる作品は、プールの水の下に人がいる『レアンドロのプール』で、有料ゾーンを見学する人たちのお目当てと言ってもいいほどです。無料ゾーンの『タレルの部屋』も人気です。

レアンドロのプール(有料ゾーン)
レアンドロのプール(地下部/有料ゾーン)

金沢21世紀美術館の見どころ#1

休館日にもこの景色が見られます
緑の橋(有料ゾーン)
タレルの部屋(無料ゾーン)
タレルの部屋から見上げる空もアートです
市民ギャラリー(無料ゾーン)
有料ゾーンのトイレにもオブジェが

金沢21世紀美術館の見どころ#2

インスタ映えする館内施設

21美の館内には、SNSによって若い人たちの間で人気が出たラビットチェア、芸能人がテレビロケで乗ったガラス張りのエレベーターなど、インスタ映えする設備がいっぱいです。カフェ&レストランもあります。

SNSで大人気のラビットチェア
大きなソファで寝転がる子供も
ガラスに映える透明の椅子
ガラス張りのエレベーターは市役所口に
ミュージアムショップ
カフェ&レストラン
休館日でもここまで見ることができます

金沢21世紀美術館の見どころ#3

金沢観光の-MENU-になります

よろしければトップページへ

金沢旅行での観光ガイドを承ります

屋外の恒久展示作品

屋外に恒久展示されている作品は、まさにアート広場です。ラッパのオブジェ、渦巻き状の色の掛け合わせオブジェ、ジャングルジムのオブジェなど、建物の周囲では現代アートと戯れる人たちの笑顔が溢れています。

カラー・アクティヴィティ・ハウス
ラッピング
アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3
雲を測る男
まる
オブジェの中に入る人も多く見られます

金沢21世紀美術館の見どころ#4

オブジェ風のベンチ
松濤庵は藩主・前田家ゆかりのお茶室

4つの入場口から気軽に入館

地元の若い女性から “まるびぃ” の愛称で親しまれている建物へは、4つの入場口から入ることができます。全面ガラス張りの開放的なデザインに誘われるように、気軽に何度でも出入りしてしまいます。

本多通り口(東口)
広坂口(北口)
市役所口(西口)
柿木畠口(南口)

金沢21世紀美術館の見どころ#5

金沢21世紀美術館への行き方


金沢21世紀美術館コーナーTOP

金沢21世紀美術館の見どころ

金沢21世紀美術館への行き方

金沢21世紀美術館の周辺スポット
金沢能楽美術館 | 石浦神社 | 兼六園 | しいのき迎賓館 | 金沢城公園 | 中村記念美術館 | 鈴木大拙館 | 柿木畠


金沢21世紀美術館から他の観光名所へ
兼六園へ | 金沢城公園へ | <長町武家屋敷跡へ | ひがし茶屋街(主計町)へ | 近江町市場へ | にし茶屋街へ

主要な観光名所は8つ+金沢駅
金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場

金沢21世紀美術館-topics-

🥉

※金沢にお越しになった方へ。金沢21世紀美術館の良かったところやガッカリしたところを教えてください。写真はスマホの画像がそのまま添付できます。お名前はニックネームでokです。

カテゴリー別の掲載ページ一覧

観光名所 文化施設 アクセス お楽しみ ショップ

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります

2018年3月12日