中心部にある人気のアート広場

金沢21世紀美術館フォトコレクション

2004年にオープンした金沢21世紀美術館(通称:21美)は、現代アートの美術館として注目を集め、今では日本有数の入場者数を記録する人気美術館となりました。

21美のセールスポイントは敷地の周囲に垣根がないことで、自由に何度でも立ち寄ることができます。また、無料ゾーンが多く、21美で一番人気の『レアンドロのプール』も上から眺めるのは無料です。

特徴的な円形の建物の周囲を緑の芝生が取り囲み、若い女性や子供たちの笑顔があふれています。21美へは “美術館” というよりも “アート広場” の感覚で訪れてください。

なお、21美の休館日は毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)ですが、休館日でも建物の中には入ることができます。

金沢21世紀美術館を写真でご紹介します

垣根のない憩いのアート広場

21美の敷地と一般道との境界には何もありません

館内図が21美のロゴマークに

敷地を示すボードもカジュアルです

金沢21世紀美術館は垣根のない憩いのアート広場

4つの入場口から気軽に入館

本多通り口(東口)

広坂口(北口)

市役所口(西口)

柿木畠口(南口)

21美の合言葉「いつでもどこでも何度でも」

屋外の恒久展示作品

カラー・アクティヴィティ・ハウス

ラッピング

アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3

雲を測る男

まる

オブジェの中に入って撮影する人も多く見られます

屋外でも楽しめる21美が創造するアート空間

オブジェ風のベンチ

加賀藩主・前田ゆかりのお茶室・松濤庵

館内の恒久展示作品

レアンドロのプール(無料ゾーン)

レアンドロのプール(有料ゾーン)

休館日にもこの景色が見られます

緑の橋(有料ゾーン)

タレルの部屋(無料ゾーン)

タレルの部屋から見上げる空もアートと言えそうです

有料ゾーンのトイレにもオブジェが

21美のコンセプトを表した恒久展示作品

インスタ映えする館内施設

SNSで大人気のラビットチェア

大きなソファでは寝転がる子供も

ガラスに映える透明の椅子

ガラス張りのエレベーターは市役所口を入ってすぐ

ミュージアムショップ

カフェ&レストラン

休館日でもここまでは見ることができます

アート感覚と利便性がマッチした21美の館内

金沢の美術館・記念館

3分でわかる画像集シリーズ

金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | 金沢21世紀美術館 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 近江町市場 | 金沢の美術館・記念館 | 金沢の神社仏閣 | 金沢の旧家庭園 | 金沢のお散歩コース | 金沢の繁華街 | 金沢の郊外のスポット


金沢21世紀美術館への行き方

金沢21世紀美術館の周辺にある「観光してみたいかも」スポット
兼六園 | 金沢城公園金沢能楽美術館 | 石川四高記念文化交流館 | 金沢ふるさと偉人館 | 金沢市立中村記念美術館 | 鈴木大拙館


金沢観光の楽しさをご案内するショールーム
金沢を観光してみたいかも
↑よろしければトップページへ↑

21世紀美術館の画像集見所行き方

金沢21世紀美術館-垣根のない憩いのアート広場