金沢城公園でマジカルセッションが開幕

五十間長屋でデビッド・ボウイさんの写真展

2月2日付の北國新聞に、金沢城公園を主会場とした音楽イベント「マジカルセッション“出逢い”」が開幕したという記事が掲載されていました。

五十間長屋では、写真家の鋤田正義さんによるデビッド・ボウイさんの写真展「SPEED of LIFE」がはじまり、昨年死去したデビッド・ボウイさんを40年間撮り続けた鋤田氏の作品から、厳選した40点が展示されています。

鋤田氏は「自分の作品がはじめてお城に展示され、不思議なことに何度も見てきた写真が新鮮に感じる。世界に誇れる」とコメントしたそうです。会期は2月26日までです。

また、2月4日(土)には、ロックギタリストのSUGIZOさんが五十間長屋でライブを行う予定です。

玉泉院丸庭園のライトアップでは、石川県観光ブランドプロデューサーの松任谷由実さんらが選曲した、ピンク・フロイドやキング・クリムゾンらの音楽が流れ、三十間長屋や石垣が赤、青、ピンクに照らされました。

なお、玉泉院丸庭園のロックの演出は2月4日までと、17日(金)、18日(土)に行なわれます。

玉泉院丸庭園

五十間長屋を展示会場にするのはグッドアイデア

2001年に復元された金沢城公園の五十間長屋は、現在も復元工事が続く金沢城の中で最初に復元された施設です。

無料で入園できる金沢城公園の中にあって、唯一、入館料が必要な施設なのですが、外観がとても勇壮なことから間断なく入館者が訪れています。

しかし、五十間長屋は元々が二の丸御殿を警備するための施設で、武器庫として使用されていたことから、トップの写真でお分かりのとおり、中に入るとガランとしています。

個人的には、五十間長屋に入っていく海外からの観光客の姿を見るたびに、もしかすると、この建物がお殿様の住まいだと勘違いして入館料を払っているのではないかと、老婆心ながら心配してしまいます。

それはそうとして、ガランとしている五十間長屋で、金沢や歴史とは関係のない展示会を開催することについては、私は大賛成です。お堅いイメージのある石川県がよくokしたものだと思います。

五十間長屋

関連記事

菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓は金沢城の象徴 | 玉泉院丸庭園-金沢城公園に復元された庭園美


金沢の主要な8つの観光名所

Follow me!