CATEGORY

美術館・記念館NEWS

文アルコラボ限定の三文豪コースターを制作

文豪カフェあんずのコラボメニュー注文で進呈 2018年3月1日付の北國新聞に、3月3日から行なわれる「文豪のアルケミスト(文アル)」+「金沢三文豪記念館スタンプラリー」の関連記事が2つ掲載されていました。 まず1つ目は、文アルコラボに合わせて、徳田秋聲、泉鏡花、室生犀星の金沢の三文豪をデザインしたコースターが完成したというものです。 このコースターをデザインしたのは、金沢学院大学芸術学部3年の小池 […]

泉鏡花記念館と前田土佐守家資料館の話題を

泉鏡花記念館で鏡花文学の講座を開催 2018年1月21日付の北國新聞に、主計町茶屋街に近い泉鏡花記念館と、長町武家屋敷跡に位置する前田土佐守家資料館の話題が掲載されていました。 泉鏡花記念館では、「昭和期の鏡花文学-幻想と風土-」と題された講座が開かれ、参加者17人が鏡花の代表作を順に読み解きました。 講師を務めた宇都宮大学の鈴木啓子教授は昭和初期の「加伯令嬢」を取り上げ、「男女が心中を図る場面か […]

文アル三文豪スタンプラリー+金沢観光プラン

三文豪の記念館以外へも寄りたいという方へ 金沢の楽しみ方は人それぞれです。 それは、2018年3月3日から3月31日まで行われる、『文豪とアルケミスト』とのコラボによる三文豪記念館のスタンプラリーでも同じだと思います。 私が三文豪の記念館にお邪魔する時は、金沢市内のミュージアム共通の年間パスポートで入館しますので滞在時間は30分ほどですが、一つひとつの展示物をじっくりと鑑賞し、解説文をひとつ残らず […]

文アルのコラボでの三文豪記念館モデルルート

三文豪の記念館は1日でゆっくりと回れます 当サイトでは、2018年1月5日に『文豪とアルケミスト』×三文豪記念館のコラボに関する記事を掲載しました。 おかげさまで予想以上のアクセスをいただいています。また、ツイッターでは「三文豪の記念館をどのように回ればいいのだろう」というツイートも多く目にします。 そこで、この記事では、私が独断で策定した三文豪記念館のモデルルートをご案内します。少し多めの文字数 […]

文アルと三文豪の記念館がコラボレーション

三文豪の記念館をめぐるイベントを企画 2018年1月5日付の北國新聞に、室生犀星、泉鏡花、徳田秋声がキャラクターとして登場する人気ゲームと、各文豪の記念館とのコラボレーションが企画されたという記事が掲載されていました。 ゲームはDMM GAMESが2016年から配信している「文豪とアルケミスト」で、さまざまな文豪をモチーフにしたキャラクターが敵を討伐するストーリーです。ゲームには金沢の三文豪が全員 […]

鈴木大拙館の入館者数が30万人を突破

20万人突破から1年4か月で達成 2017年12月7日付の北國新聞に、鈴木大拙館の入館者数が30万人を突破したという記事が掲載されていました。 鈴木大拙館は、世界的な仏教哲学者で金沢市出身の鈴木大拙を記念したミュージアムで、大拙が唱えた “無” の境地を体感できる施設として、海外からの観光客を中心に人気が高まっています。 同館のオープンは2011年10月で、開館から6年余りで30万人の大台に到達し […]

石川県文化財保存修復工房の入館者数が増加

石川県立美術館の広坂別館にある工房 2017年12月6日付の北國新聞に、石川県文化財保存修復工房への入館者数が増えているという記事が掲載されていました。 文化財保存修復工房は、石川県立美術館の広坂別館に設けられている施設で、2016年4月に広坂別館に移転し、大規模な工房へとリニューアルされました。 記事によると、2017年度の入館者数が11月末時点で25,818人となり、リニューアル初年度との前年 […]

泉鏡花記念館の入館者数が35万人に

1999年11月の開館から18年で到達 2017年10月22日付の北國新聞に、泉鏡花記念館のオープンからの入館者数が35万人に到達したという記事が掲載されていました。 同館は1999年(平成11年)11月のオープンですので、約18年で到達したことになります。 35万人目となったのは、石川県白山市在住の20歳のアルバイトの女性と、友人で富山市在住の21歳の女子大学生で、秋山稔館長から記念品が贈られま […]

金沢くらしの博物館が国の重要文化財に

旧制金沢第二中学校の三尖塔校舎 2017年10月21日付の北國新聞に、金沢くらしの博物館が国の重要文化財に答申されたという記事が掲載されていました。 記事によると、国の文化審議会は20日、1899年(明治32年)に建設された「旧石川県第二中学校本館」を重要文化財に指定するよう、林芳正文部科学大臣に答申しました。 石川県内で建造物が重要文化財に指定されるのは2年連続で45件目となります。石川県内に残 […]

北國新聞の社会面トップ「柳原氏、発言で謝罪」

谷本知事「石川県全体がけなされた」と苦言 2017年7月26日付の北國新聞に、“知事「石川けなされた」” との見出しで、独立行政法人国立美術館の柳原正樹理事長(黒部市)が、金沢に謝罪に訪れたという記事が掲載されていました。 柳原氏は13日に、「金沢の県立美術館なんて誰も行きません。そこに工芸館が行くとなると、誰も来ない場所になる」と発言しました。 また、金沢21世紀美術館(通称:21美)の入館者数 […]