CATEGORY

美術館・記念館コーナー

  • 2020年10月28日
  • 2020年11月7日

国立工芸館が金沢の本多の森にオープン

名誉館長に中田英寿さん 日本海側で初めての国立のミュージアム・国立工芸館が2020年10月25日に金沢にオープンしました。 国立工芸館が建設されたのは金沢の文化エリアである本多の森で、兼六園とは道路を挟んでお向かいさんというロケーションにある他、金沢21世紀美術館からも徒歩7分ほどの距離です。 10月25日付の北國新聞では、1面トップでオープン前日に行われた開館記念式典の記事が掲載されていました。 […]

  • 2020年4月11日
  • 2020年11月7日

21美と石川県運営のミュージアムが休館

新型コロナの拡大にともない知事が方針転換 2020.4.11掲載 新型コロナウィルスの感染拡大が止まりません。石川県内では4月11日現在で104名の感染が判明しました。石川県の10万人当たりの感染者数をみると大阪を上回る勢いです。 特に感染者が急増しているのが金沢市で、10万人あたりの感染者数は東京をも上回っています。谷本知事による「東京の無症状の方は兼六園へお越しください」との発言がトレンドワー […]

  • 2020年4月7日
  • 2020年11月7日

金沢の美術館・記念館が4/11~5/1に臨時休館

新型コロナの影響で再び休館 2020.4.7掲載 石川県内での新型コロナウィルス感染者の急速な増加を受けて、金沢文化振興財団が管轄する美術館・記念館が臨時休館となります。期間は2020年4月11日(土)~5月1日(金)です。 休館施設は、1dayパスポート、3日間パスポート、1年間パスポートの対象施設である以下の17施設です。 寺島蔵人邸、中村記念美術館、金沢くらしの博物館、安江金箔工芸館、金沢ふ […]

  • 2020年4月5日
  • 2020年11月7日

伝統産業工芸館から生活工芸ミュージアムへ

国立工芸館の金沢移転に合わせて通称変更 2020年4月2日付の北國新聞に、石川県立伝統産業工芸館の通称が「いしかわ生活工芸ミュージアム」に変更されたという記事が掲載されていました。 生活工芸ミュージアムは、石川県の伝統工芸品36業種の常設展示や工芸体験を行なっている施設で石川県が運営しています。今年の7月下旬に、すぐ近くに国立工芸館が移転することから、名称の似た両館を区別するため新しい通称を決めた […]

  • 2020年1月12日
  • 2020年11月7日

室生犀星記念館の入館者数が20万人に

2002年の開館から18年目で到達 2020年1月12日付の北國新聞に、室生犀星記念館のオープン以来の入館者数が20万人に到達したという記事が掲載されていました。 記念の20万人目の入館者となったのは、長野市から訪れたシナリオライターの男性(38歳)で、記念品が贈られました。 この男性は作家の記念館に関心があり、3連休を利用して、石川県内で開催中の「名探偵コナン」を起用したミステリーツアーに参加す […]

  • 2019年12月6日
  • 2020年11月7日

隠れた人気スポット・文化財保存修復工房

地元からの団体鑑賞が増加の一因 2019年12月5日付の北國新聞に、石川県文化財保存修復工房の入館者が増えているという記事が掲載されていました。 記事によると、修復工房の今年度の入館者数が11月末時点で29,444人となり、2016年度のリニューアル以降、過去最多のペースで推移しています。 修復作業の常時公開を目当てに足を運ぶ団体客が増えているためで、外国人観光客からも人気が高まっています。 石川 […]

  • 2019年11月17日
  • 2020年11月7日

2020年夏開館の国立工芸館の工事が終了

本多の森の文化エリアにお目見え 2019年11月13日の北國新聞の一面に、外観の建築工事が終わった国立工芸館の写真が大きく掲載されていました。 国立工芸館の建築工事は、2020年夏の東京国立近代美術館工芸館の金沢移転に向けて行なわれていたもので、旧陸軍の第九師団司令部庁舎と金沢偕行社が、県立能楽堂の隣から移築されました。 12日に建物を覆っていたシートや足場が外され、明治期の姿を再現されました。今 […]

  • 2019年10月23日
  • 2020年11月7日

鈴木大拙館が博物館ランキングで第3位に

無の境地の演出が大きな要因 2019年10月22日付の北國新聞に、世界最大の旅行サイトが実施したランキングで、鈴木大拙館が第3位にランキングされたという記事が掲載されていました。 このランキングは、世界49の国と地域で展開する米国の「トリップアドバイザー」が発表したもので、2018年8月から今年7月までに投稿された口コミの評価と投稿数をもとに集計されました。 今回の調査で3位となった鈴木大拙館は2 […]

  • 2019年8月6日
  • 2020年11月23日

金沢建築館-閑静な環境に佇む金沢建築の拠点

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館 観光 名所 文化 施設 アク セス 楽し み方 ショ ップ 金沢の美術館・記念館 vol.19 (にし茶屋街エリア) この20年の間に、金沢では多くの美術館や記念館がオープンしました。今では、人口46万人の地方都市とは思えないほどの数のミュージアムがあります。 その金沢で、2019年7月にオープンしたのが「谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館」です。 金沢の建築文化の発信 […]

  • 2019年7月28日
  • 2020年11月7日

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館がオープン

国内初の建築美術館が生家跡に 2019年7月27日付の北國新聞に、国内初の建築美術館「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」がオープンしたという記事が掲載されていました。 金沢建築館は金沢市の市制施行130周年記念事業として、谷口吉郎氏の生家跡に整備された施設で、吉郎氏の長男・吉生氏が設計し、吉郎氏の代表作である迎賓館赤坂離宮の和室別館「游心亭」の広間や茶室が忠実に再現されました。 当初は、オープン初日の […]