片町のネオン街-男の遊びのエリアをご紹介

片町の犀川寄りは北陸で一番の歓楽街

21世紀を迎えて、観光都市として目覚ましい発展を遂げた金沢では、ほぼ時を同じくして、店舗型のセックス産業が駆逐されていきました。

女性や家族連れで金沢にお越しになる方にとっては安心・安全な街になりましたが、夜のネオン街で羽を伸ばしたいと考えている男性にとっては、金沢の夜は物足りなさを感じるかもしれませんね。

特に出張で金沢を訪れ、昼間は慣れないビジネス風土の元で、交渉や打ち合わせに神経をすり減らした男性諸氏においては、性風俗店でひと遊びしたいと思われる人も多いことでしょう。

現在の金沢では、性風俗のお店はほとんどがデリバリーになっています。

そのような傾向の中でも、片町の犀川寄りのエリアは、今も金沢のみならず北陸を代表する歓楽街です。細い路地には雑居ビルが立ち並び、夜の帳が下りる時間帯になるとネオンが灯り始めます。

片町は金沢で一番のネオン街です

私は子供の頃、当時の大人から「片町は日本で一番多くの飲み屋がある」と聞いたことがあります。その数字がエリアの面積あたりの数字なのか、人口あたりの数字なのかは分かりませんが、昭和の頃の片町は日本でも有数の歓楽街でした。

ひがし茶屋街の前身である「東の廓」が全国的に知られた花街であったことからも分かるとおり、金沢は男の遊びに関しては寛容な街です。

以下に、金沢のネオンが煌く歓楽街のエリアを地図で示しますので参考にしてください。

<片町の歓楽街のエリア>




歓楽街を囲むようにミシュランの格付店

上の地図でブルーの点線で囲ったエリアとその周辺が金沢の歓楽街です。

金沢のナイトスポットを集めたサイトを見てみると、クラブ、ラウンジ、キャバクラ、セクキャバ、ガールズバー、メイドクラブなどのカテゴリー分けがされています。

性風俗店ではなくても、男の欲望を刺激してくれるお店もあるようです。

さて、片町は金沢で一番の歓楽街であるとともに、金沢を代表するグルメタウンです。

歓楽街のエリアを取り囲むように、日本料理をはじめとする飲食店が点在しています。片町の歓楽街から徒歩10分のエリアには、ミシュランの星を獲得したお店が13店舗もあります。

夕食の後に女性のいるお店でお酒を飲みたいという方は、夕食を取ったお店の店員さんに「お薦めのクラブはどこですか」と聞いてみるのもいいでしょう。

片町交差点から犀川大橋までのエリアが歓楽街です



「遊びは自己責任」でお願いします

このページは、金沢での夜のお楽しみをお探しの方が、的外れの場所をウロウロされることのないようにとの思いから設けたものです。

歓楽街の位置を頭の中に入れておくと、効率的に時間を使えるかと思いますし、リスクも潜んでいるという心構えもできることと思います。

東京の歌舞伎町や大阪のミナミに比べれば遥かに小規模ですが、その街で一番の歓楽街ですので、お店のキャッチやポン引きに声を掛けられることもあるでしょう。その先は自己責任で判断してください。

大通りから1本入った裏通りには雑居ビルが並びます

以下に、主に裏通りの雑居ビルに入っているお店の看板の写真を掲載します。

夜の遊びに慣れている方でしたら、お店のネーミングやキャッチコピーなどから、どのような形態のお店なのかがある程度は想像つくのではないでしょうか。

片町に精通している方からは「片町にはもっといっぱい雑居ビルがあるぞ」と言われるかもしれませんね。片町には、大通り沿いや上の地図で示したエリアの周辺にも商業ビルがいくつもあります。

あくまでも歓楽街の雰囲気を掴むというイメージでご覧ください。





金沢観光のMENUをどうぞ
このサイトのHOMEへ

金沢について効率的に調べたい方へ

地図を見て予定を立てたい方へ金沢観光マップ
知りたい情報からご覧ください
観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ
あなただけの観光プランを満喫金沢観光ガイド


金沢を観光してみたいかも」