西田家庭園玉泉園でドウダンツツジが見頃

玉泉園は外国人観光客の人気スポット

12月3日付の北國新聞に、西田家庭園玉泉園のドウダンツツジの紅葉が見頃を迎えているという記事が掲載されていました。

西田家庭園玉泉園は、兼六園の桂坂口と桜ケ岡口のすぐ近くにある石川県の指定名勝で、玉泉園の滝を流れ落ちる水は兼六園の霞ヶ池から引かれています。

玉泉園によると、庭には約50本のドウダンツツジが植えられていて、外国人のツアー客や付近の住民らが訪れ、赤や黄色に色づいた葉を眺めて楽しんでいます。

紅葉の見頃は1週間ほど続くそうです。昨日付の紙面の記事ですので、あと3~4日くらいは真っ赤なドウダンツツジが楽しめるのではないでしょうか。

紙面には、茶室『灑雪亭』の前に植えられ、真っ赤に色づいたドウダンツツジの写真が掲載されていました。

この話題は地元のテレビ局でも報じられ、「満天星」と書いてドウダンツツジと読みますと解説されていました。

西田家庭園玉泉園

茶室『灑雪亭』で出される抹茶は最高です

西田家庭園玉泉園は、金沢城の大手門の近くにある寺島蔵人邸、長町武家屋敷跡にある野村家庭園とともに、金沢に残る藩政期の庭園として知られています。

玉泉園は、2016年春のリニューアルオープン以来、欧米やオセアニアから訪れる方が目立って増えていることが特長で、高低差のある庭園を行き来しながらカメラのシャッターを切る姿が見られます。

庭園の最上部に設けられた茶室『灑雪亭』では、和菓子の名店・吉はしの和菓子とともに、本格的な裏千家の抹茶を味わうことができます。

灑雪亭は、茶道・裏千家の始祖である千仙叟宗室が、加賀藩主・前田家に迎えられて金沢に居を構えた際に建てた由緒あるお茶室です。障子を開けた状態で、庭園美を眺めながら抹茶を嗜むひと時は、とても贅沢な時間です。

なお、玉泉園に併設されている和食の『玉泉邸』は、ミシュラン一つ星に格付けされています。

和食レストラン『玉泉邸』

関連記事

西田家庭園玉泉園-ここは金沢の庭園美の礎


金沢の主要な8つの観光名所

Follow me!