hyakuman-hrks6

Hyakumangoku Avenue
(Hirosaka Cross ~ Kenrokuenshita Cross)

金沢の人が観光客の方に見て欲しいと思う道

金沢の主要スポットを一回りする百万石通りは、広坂交差点から “森の都・金沢” の名にふさわしい景観へと入って行きます。

広坂と名付けられた坂道を上り、兼六園の敷地に沿って左に曲がり道なりに進んでいくと、兼六園の小立野口があります。

百万石通りは小立野口までが上り坂で、小立野口を過ぎると兼六坂と名称が変わり下り坂となります。そして、兼六園に沿って下っていくと兼六園下交差点です。

百万石通りの中でも広坂~小立野口~兼六園下の道は人通りの少ない道です。

その理由は広坂交差点には兼六園の真弓坂口があり、兼六園下交差点には兼六園の桂坂口があることで、大多数の人が兼六園へと入って行くからです。

それから広坂交差点の先に広坂があり、兼六園下交差点の先に兼六坂があり、いずれも上り坂になることから敬遠されてしまうのでしょう。

広坂交差点。写真右の坂道が広坂で、その左が兼六園の真弓坂口

広坂交差点。写真右の坂道が広坂で、その左が兼六園の真弓坂口

金沢に限らず、観光地では地元の人たちが見て欲しいスポットと、観光客が見たいスポットが微妙にずれていることがあります。

広坂から兼六園下までの百万石通りは、まさに地元の人たちが観光客の方々に見て欲しいスポットなのですが、残念ながら、人通りは少なくなっています。

しかしながら、地元自治体が広坂を上って兼六坂を下りてくる道を百万石通りに入れただけあって、このルート自体は絶好のお散歩コースです。

広坂。道幅の広い坂道が名前の由来です

広坂。道幅の広い坂道が名前の由来です

広坂と兼六坂は “森の都・金沢” を体感できる道

広坂交差点から広坂を上り、兼六園の小立野口を経由して兼六坂を下り兼六園下交差点へと至るルートは、緑に囲まれた美しい景観が広がるエリアです。

まず、緑に挟まれた広坂を上って行くと、右手に石川県立美術館の広坂別館があり、その先に県立美術館の本館があります。さらに県立美術館の先には本多の森が広がっています。

広坂の左手には金沢神社の鳥居があり、鳥居を入って右手には金沢の地名の由来となった金城霊沢(きんじょうれいたく)が水をたたえています。

金沢神社は、元々は兼六園の敷地に創建された神社で、現在は金沢の受験生が合格祈願に訪れる神社となっています。

金沢神社から兼六園へは随身坂口を利用してください

金沢神社から兼六園へは随身坂口を利用してください

金沢神社の先のT字路を左手に入ると土塀が見えてきます。そして、土塀の向こう側には、加賀藩主・前田家の奥方御殿として建てられた成巽閣が佇んでいます。

また、成巽閣の向かい側には石川県立能楽堂があり、能楽堂の先には石川護国神社の大きな鳥居がそびえています。

土塀を過ぎると石川県立伝統産業工芸館があり、その隣が兼六園の小立野口になります。

このあたりが最も標高の高い地点です。そして、小立野口の前には小立野通りとのT字路があり、小立野通りに入るとアニメ『花の慶次』に出てくる奥村助右衛門の旧奥村家の板塀が続いています。

兼六園の小立野口を過ぎると兼六坂に入ります

兼六園の小立野口を過ぎると兼六坂に入ります

小立野口を過ぎると、兼六園の敷地に沿って兼六坂を下っていくことになります。

兼六坂と名付けられたのは最近のことで、それまでは尻垂坂という世俗的な名前で呼ばれていました。日本料理のお店が点在するなど昭和の雰囲気を残す坂道です。

兼六坂には古き良き時代の観光地の面影が

兼六坂には古き良き時代の観光地の面影が

坂下が近づいてくると西田家庭園玉泉園の透塀が始まり、透塀を過ぎると前方に兼六園下交差点が見えてきます。

兼六坂に沿って西田家庭園玉泉園の透塀が続きます

兼六坂に沿って西田家庭園玉泉園の透塀が続きます

広坂から小立野口を経由して兼六園下へと至る道は、距離にして約1.2kmです。

所要時間で言うと15分少々といったところでしょうか。時間が限られている観光客の方にとってはなかなか歩くことのできない道ですが、お時間に多少の余裕がありましたら、ぜひ歩いてみてください。

兼六園下交差点から臨む兼六坂

兼六園下交差点から臨む兼六坂

広坂交差点から坂道を上ると本多の森が広がっています

広坂交差点~兼六園下交差点から近い「お立ち寄り」スポット

兼六園 | 金沢21世紀美術館 | 金沢神社 | 石川県立美術館 | 伝統産業工芸館 | 西田家庭園玉泉園 | 金沢城公園

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間

金沢を歩くコツは百万石通りとお堀通り