hyakuman-kshs6

Hyakumangoku Avenue
(Kenrokuenshita Cross ~ Hashiba Cross)

和服姿でも気軽に歩ける近さです

金沢の観光名所の大部分を網羅する百万石通りの中でも、兼六園下交差点から橋場交差点への区間は、今では兼六園ひがし茶屋街という金沢の2大観光スポットを結ぶ道として、歩いて移動する観光客の姿が増えてきています。

兼六園下交差点と橋場交差点は700mほどしか離れておらず、10分ほどの所要時間です。

近年の金沢観光では、和服をレンタルして街を歩くことが若い女性のトレンドとなりつつあります。

そして、兼六園周辺とひがし茶屋街周辺には和服レンタルのお店があることから、兼六園下~橋場間の百万石通りでは和服姿の人をよく見かけます。

金沢の中心部を周回している百万石通りは、当然のことながら右回りでも左回りでも構わないのですが、兼六園下交差点と橋場交差点の区間だけは、兼六園下から橋場へと向かう方が明らかに楽です。

なぜなら、通り全体が兼六園からひがし茶屋街に向かって緩やかな下り坂になっているからです。

兼六園下交差点。写真では右手の道を行くと橋場交差点です

兼六園下交差点。写真では右手の道を行くと橋場交差点です

金沢地方裁判所から金沢文芸館までの道

兼六園下交差点に面しているのが金沢地方裁判所です。数年前に建て直されたばかりで、ガラス張りの現代的な外観とちょっと一休みできる広場が特徴です。

裁判所前の道を行き、道なりで右に曲がり、すぐに左にカーブすると橋場交差点まで一直線です。

金沢地方裁判所

金沢地方裁判所

このあたりは「ひがし茶屋街」が観光地として整備されるまでは、金沢の中心に位置しながらもやや寂れた雰囲気を感じるエリアでした。そのことから、大通り沿いには今も旧い外観の個人商店が残っています。

また、兼六園の近くに市立の小中学校があることから登下校する生徒を多く見かけます。金沢を代表する観光地のすぐ近くには、そこで暮らす人たちがいて普通に日常生活を送っています。

通りの突き当りを右で兼六園、病院の路地を入ると金沢城公園の大手門

通りの突き当りを右で兼六園、病院の路地を入ると金沢城公園の大手門

さて、橋場交差点へと一直線に伸びている道には金沢の老舗が点在しています。

まず、進行方向の左手にあるのが金沢で一番の老舗和菓子屋さんの「森八本店」です。森八の2階フロアには和菓子のカフェが設けられている他、金沢菓子木型美術館があります。

このお店が製造する和菓子の中でも最高級のブランドは、日本三名菓のひとつに数えられている「長生殿」です。

長生殿は “らくがん” の和菓子で、菓子木型美術館には藩政期から保存されている落雁製造用の木型が展示されています。江戸の将軍家にも献上されており、展示品の中には徳川家の「葵の紋章」の木型も見られます。

森八本店の裏手には観光名所となっている寺島蔵人邸があります。ここは12代藩主・前田斉広に仕え、加賀藩の農政や財政で手腕を発揮した寺島蔵人の屋敷で、当時の中級武士の生活様式を垣間見ることができます。

大通りから路地に入ると閑静な住宅街です

茶色の建物が森八。寺島蔵人邸へはこの信号の路地を入ります

また、森八本店の斜め向かいには、茶道具で知られる大樋焼の窯元と大樋美術館があり、館内では大樋焼の器を選んで抹茶を嗜むことができます。

大樋美術館の呈茶付きの入館料は、一般が1,500円で、小中学生が1,300円です。

大樋美術館

大樋美術館

大樋美術館の先にあるのが、金沢を代表する老舗料亭の金城楼(きんじょうろう)です。金沢での夕食を思いきり奮発したいという方は予約を入れるのもいいでしょう。

兼六園下から橋場へは緩やかな下り坂が続きます

兼六園下から橋場へは緩やかな下り坂が続きます

金城楼まで来ると橋場交差点もすぐ近くです。橋場交差点の目印は3階建てのレトロな雰囲気の白いビルジングです。

現在は金沢文芸館となっており、2階の『五木寛之文庫』には多くの女性ファンが訪れています。

橋場交差点を直進すると、ひがし茶屋街へと通じる浅野川大橋が見えてきますが、浅野川大橋の袂には、五木寛之氏の小説の題材として何度も取り上げられている主計町茶屋街が佇んでいます。

橋場交差点から浅野川大橋方向を臨む

橋場交差点から浅野川大橋方向を臨む

和服で歩かれる方は裏通りを歩く方が風情があります

兼六園下交差点~橋場交差点から近い「お立ち寄り」スポット

兼六園 | 金沢城公園 | 寺島蔵人邸 | 主計町茶屋街 | ひがし茶屋街

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間

金沢を歩くコツは百万石通りとお堀通り