kenroku-cross3

Hyakumangoku Avenue
(Kenrokuenshita Cross)

現代の金沢で感じる加賀百万石の栄華

金沢には “加賀百万石の城下町” という枕詞が付くことがよくありますが、21世紀の金沢で藩政期の繁栄を今日に伝える観光名所が金沢城公園と兼六園です。

正式には金沢城公園の正門は大手門で、兼六園の正門は蓮池門口(れんちもんぐち)なのですが、現代の観光都市・金沢においては、金沢城公園では石川門が、兼六園では桂坂口が最も利用者数の多い入場口なっています。

そして、石川門と桂坂口に近い交差点が兼六園下交差点です。

百間堀(右)と紺屋坂(左)

百間堀(右)と紺屋坂(左)

金沢で人気の高い観光名所をグルリと一回りする百万石通りにおいては、武蔵交差点、香林坊交差点、広坂交差点、兼六園下交差点、橋場交差点の5つが主要な交差点ですが、その中でも、兼六園下交差点は加賀百万石の栄華を感じる場所です。

兼六園下という名前のとおり、兼六園の桂坂口を出て紺屋坂を下ったところに位置しています。

紺屋坂から見下ろす兼六園下交差点

紺屋坂から見下ろす兼六園下交差点

百万石通りの他の主要交差点では百万石通りが主役なのですが、兼六園下交差点ではお堀通りの百間堀が最高の見どころです。

お堀通りは藩政期に金沢城の周囲を囲んでいたお堀を埋め立てた通りで、百間堀は金沢城と兼六園の間を通っています。

徳田秋聲記念館に埋め立てられる以前の百間堀の写真が掲出されています。その写真は現在の兼六園下交差点のあたりから撮影された写真ですが、緩やかなカーブを描き、金沢城の城壁と石川門をバックにたっぷりと水が張られていました。

1枚のフィルムが貴重だった時代に、現在の兼六園下交差点の位置からカメラマンがシャッターを切ったということは、この場所から見る金沢城が最も美しいと判断したからでしょう。

バス停近くから眺める石川門

交差点の近くから眺める石川門

現在の兼六園下交差点でも、最高の景観を誇るポイントは石川門をバックにした百間堀です。

兼六園の桂坂口と金沢城公園の石川門を結ぶ石川橋の下から車が姿を現し、緩やかな下り坂を右にカーブしながら走り抜けていきます。

藩政期から残されてきた風景と現代のモータリゼーションとのコントラストは、特に夕暮れ時にはタイムスリップしたような感覚を与えてくれます。

百間堀と石川橋

百間堀と石川橋

百万石通りと百間堀が交差する兼六園下

兼六園下交差点は百万石通りと百間堀(お堀通り)が合流する交差点です。

ひがし茶屋街が現在のような観光地になるまでは、金沢観光は兼六園下交差点でおしまいといった感じでした。

現在はひがし茶屋街が金沢有数の観光名所となったことで、そのお膝元である橋場交差点から延びてくる百万石通りは、若い女性が和服姿で歩く通りとなりました。

兼六園下交差点から橋場交差点までは約700m、主計町茶屋街までは約800m、ひがし茶屋街までは約1.0kmです。

不動産業界で使用されている80m=1分にあてはめると、橋場交差点へ10分足らず、ひがし茶屋街へ10分少々の所要時間です。

ひがし茶屋街へは金沢地方裁判所の前を行きます

ひがし茶屋街へは金沢地方裁判所の前を行きます

兼六坂に入るところには観光スポットが

百万石通りは兼六園下交差点を直進して兼六坂を上って行きます。そして、兼六園の敷地に沿ってグルリと回り広坂交差点へと下ります。

兼六坂方向に行くと、いくつかの観光スポットがあります。まず、兼六坂に向かってすぐ右手にあるのが石川県観光物産館です。

ここは石川県の物産を取り揃えている施設で、和菓子、海産物、地酒などの地元の食品や、金箔、九谷焼、加賀友禅などの伝統工芸品が販売されており、お土産を買い求める観光客の方で賑わっています。

観光物産館を過ぎて兼六坂の手前を左手に入ると、兼六園よりも早い時代に作庭された西田家庭園玉泉園があります。茶道・裏千家の初代宗室である千仙叟宗室の茶室で、庭園を眺めながら味わう抹茶は格別です。

また、西田家庭園の隣には加賀友禅伝統産業会館があります。加賀友禅の和服を展示している他、和服をレンタルして兼六園やひがし茶屋街を優雅にお散歩することもできます。

兼六坂。左手の木立が西田家庭園玉泉園です

兼六坂。左手の木立が西田家庭園玉泉園です

余談ですが、私が子供の頃は「兼六園下」という正式名よりも、「公園下」という通称で呼ばれることの方が多かったと記憶しています。

1976年(昭和51年)に有料化されるまでの兼六園は、24時間無料開放され市民に親しまれてきた“公園”でした。

また、この交差点が「金沢城下」ではなく「兼六園下」と名付けられたことからも、金沢の人たちの兼六園への思いを理解してもらえるのではないかと思います。

石川橋からの兼六園下交差点。交差点を左に行くと橋場交差点です

石川橋からの兼六園下交差点。交差点を左に行くと橋場交差点です

 加賀友禅伝統産業会館の左隣が西田家庭園玉泉園です

兼六園下交差点から近い「お立ち寄り」スポット

兼六園 | 金沢城公園 | 西田家庭園玉泉園

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間

金沢を歩くコツは百万石通りとお堀通り