主計町茶屋街の芸妓さんが「雪見のうたげ」

フードピア金沢2017の一環として宴を披露

2月5日付の北國新聞に、フードピア金沢2017の「雪見のうたげ」が主計町茶屋街の主計町料亭組合事務所で行われたという記事が掲載されていました。

主計町のお茶屋に在籍する11名の芸妓さんたちが、素囃子「操り三番叟」などで優雅な演奏を披露し、約30人が茶屋街に伝わるお座敷文化に親しんだそうです。

紙面には、三味線、鼓、横笛を手にした芸妓さんたちの演奏風景の写真が掲載されていました。

なお、2月18日にひがし茶屋街で、2月25日ににし茶屋街で同様の催しが行われる予定です。

3階建ての茶屋建築が特徴の主計町

金沢の三茶屋街のひとつ主計町茶屋街では、現在、仲乃家、一葉、まゆ月、えんやの4つのお茶屋に計12名の芸妓さんが在籍しています。

その中で、仲乃家のうた子さんと、まゆ月の凛さんが、この1~2年の間に新花としてデビューした芸妓さんで、お披露目の際には地元の新聞・テレビでも報じられました。

主計町茶屋街は、ひがし茶屋街とは浅野川大橋を挟んで対角線上に位置しています。浅野川沿いの表通りには主計町の特色である3階建ての茶屋建築の建物が並び、明治時代の風情を現代に伝えています。

ちなみに「ひがし」と「にし」の茶屋街では3階建ての建物はほとんどありません。

3階建ての茶屋建築が特色の主計町茶屋街

関連記事

主計町茶屋街-金沢の和文化を表現した街


金沢の主要な8つの観光名所

Follow me!