2020年夏開館の国立工芸館の工事が終了

閑静な本多の森の文化エリアにお目見え

2019年11月13日の北國新聞の一面に、外観の建築工事が終わった国立工芸館の写真が大きく掲載されていました。

国立工芸館の建築工事は、2020年夏の東京国立近代美術館工芸館の金沢移転に向けて行なわれていたもので、旧陸軍の第九師団司令部庁舎と金沢偕行社が、県立能楽堂の隣から移築されました。

12日に建物を覆っていたシートや足場が外され、明治期の姿を再現されました。今後は展示室の整備や工芸品の搬入などを経て、来年7月の東京オリンピックの開幕前にオープンします。

東京にある現在の工芸館が所蔵する美術工芸作品の7割に相当する1,900点以上が移される予定で、このうちの約1,400点は人間国宝や日本芸術院会員が手掛けた作品となっています。

国立工芸館は、石川県立美術館いしかわ赤レンガミュージアムの間に位置し、地上2階建てで、現在の工芸館に比べて展示エリアは1割増の780㎡、収蔵庫は2割増の480㎡となります。

なお、建物内部を巡る見学ツアーが11月23日から10日間にわたって行われます。

紙面によると、1,000人の募集枠に対し、5,426人の応募があったため、石川県では受け入れ人数を1,200人に増やしました。ツアーの定員は各回40人で、1日3回実施されます。

また、工芸品と食をテーマにしたイベントも開かれます。

移築前の金沢偕行社(手前)

金沢を観光してみたいかも




地方都市では稀有な国立美術館の開設

国立工芸館は、工芸王国を自認する石川県が威信をかけて誘致したミュージアムです。

石川県が自らを「工芸王国」と称するのは、日本伝統工芸展の100万人当たりの入選者数が 17年連続で全国1位を記録し、100万人あたりの人間国宝の人数も全国1位だからです。

国立工芸館の移転の経緯をご説明しますと、5年ほど前に東京一極集中の緩和と地方再生を目的として、首相官邸の主導により、東京にある国の機関を地方に移転することとなりました。

そして、2015年3月~8月にかけて全国の地方都市から移転希望の提案を募集しました。

当時の資料を見てみると、国立公文書館、文化庁、消費者庁、気象庁、観光庁、国民生活センターなどの国の機関を「わが県に移転したい」という提案が全国の地方都市からありました。

その際に、石川県から官邸に提案したのが東京国立近代美術館工芸館の金沢移転で、無事、移転が承認されたものです。

余談ですが、地方都市からの提案を検討する時期に、石川県選出の馳浩議員が文部科学大臣だったことも、石川県にとっては大いに幸運だったと思います。

移築にともなってお色直しされた外観

さて、2020年夏にオープンする国立工芸館は、兼六園に隣接する「本多の森」という文化施設が集まるエリアに位置しています。

文化や歴史がお好きな方は、兼六園の随身坂口を出て、金沢神社と金城霊沢を見学した後に、国立工芸館に立ち寄られるのもいいでしょう。

北陸新幹線の開業以降、金沢には欧米から多くの観光客が訪れるようになりました。日本の文化に触れたいと願う欧米の人たちにとって、国立工芸館は人気施設のひとつとなるような気がします。

ぜひ、成功してもらいたいものです。

本多の森

関連記事
本多の森-森の都・金沢を体感する緑のオアシス


美術館・記念館ニュース

KANAZAWA NEWS カテゴリー

金沢駅NEWS | 兼六園NEWS | 金沢城公園NEWS | ひがし茶屋街NEWS | にし茶屋街NEWS | 主計町茶屋街NEWS | 長町武家屋敷跡NEWS | 金沢21世紀美術館NEWS | 近江町市場NEWS | 美術館・記念館NEWS | 繁華街NEWS | お立ち寄りスポットNEWS | 郊外のスポットNEWS | 観光関連NEWS | イベント・表彰NEWS | テレビ番組のロケ地NEWS | 金沢への批判&提言

金沢観光のMENUをどうぞ
このサイトのHOMEへ


金沢について効率的に調べたい方へ

地図を見て予定を立てたい方は金沢観光マップ
知りたい情報からご覧ください
観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ
あなただけの観光プランを満喫金沢観光ガイド


「金沢を観光してみたいかも」