泉鏡花記念館で鏡花収集のウサギの小物展示

鏡花の干支の酉年に合わせて企画

12月18日付の北國新聞に、泉鏡花記念館で企画展「酉TORI/卯USAGI―錦絵で愉しむ向い干支」―が始まったという記事が掲載されていました。

この企画展は、泉鏡花が生前に収集した自らの向い干支であるウサギの小物を展示しているもので、2017年が酉年ということにちなんで企画された展示会です。

1873年(明治6年)の酉年に生まれた鏡花は、母親から、自分の干支から7つ目にあたる「向い干支」にあたるウサギの水晶をお守りとして与えられたことがキッカケとなって、ウサギの小物を集めるようになりました。

展示会場には鏡花が愛蔵したウサギにまつわる品々が多く並び、杖や陶磁製の置物などが来場者の注目を集めたとのことです。

また、鏡花の姪にあたる名月さんが集めていた鳥やウサギの錦絵も飾られています。

なお、今回の企画展は2017年の5月14日までの予定です。

館内には『高野聖』の蛭の森をイメージしたディスプレイも

泉鏡花記念館は主計町茶屋街の裏手にあります

泉鏡花記念館は、百万石通りからひとつ入った新町・鏡花通りにあるミュージアムで、鏡花の生家跡に純和風の記念館が整備されています。

鏡花のロマンチックな作風に魅せられるように、泉鏡花記念館では女性の来館者が間断なく見られます。

また、同記念館は主計町茶屋街から見て暗がり坂を上った裏通りに位置していますので、ひがし茶屋街~主計町茶屋街~泉鏡花記念館という順番で見学されるのもお奨めです。

泉鏡花ファンの方においては、鏡花が自分の向い干支のウサギに愛着を持っていたというのは有名な話しですよね。

記念館のある新町・鏡花通りでは、商店や民家に関わらず、すべての建物にウサギのイラストと鏡花の作品名が入った掛行燈が掲げられています。

新町・鏡花通りの建物に掲げられている掛行燈

関連記事

泉鏡花記念館-浪漫と幻想の世界へのいざない


金沢の主要な8つの観光名所

Follow me!