金沢のホテル・旅館で宿泊税がスタート

東京都、大阪府、京都市に次いで4例目

2019年4月2日付の北國新聞に、金沢市内の宿泊施設で宿泊税が導入されたという記事が掲載されていました。

宿泊税の導入は東京都、大阪府、京都市に次いで4例目で、ホテルや旅館では利用者に税額について説明する対応に追われました。

金沢市によると、初日は大きなトラブルや苦情はありませんでしたが、宿泊税導入を「知らなかった」と驚く人もおり、行楽シーズンに向けて、金沢市では引き続き制度の周知に取り組むとのことです。

金沢市の宿泊税は、1人1泊につき、宿泊料金が2万円未満の場合は200円、2万円以上の場合は500円が課せられます。

ホテル日航金沢では、フロントスタッフが「金沢市では宿泊税を導入します」と書かれた金沢市のチラシを使いながら、チェックインする利用客に制度について説明しました。

20歳の会社員の方は宿泊税導入を知らず驚いたとし「地元のために使われる税金なら良いと思うが、正直に言えば無い方がありがたい」と苦笑いしたそうです。

ホテル日航金沢の担当者は今後について「特に外国人観光客には、制度を理解してもらえない場面があるはず。この時期は宿泊者が多く、不安だ」と警戒しました。

金沢駅直結のホテル「ヴィアイン金沢」

ANAクラウンプラザホテル金沢では、9割程度の利用者が事前に宿泊税導入を把握しており、担当者は取材に対し「順調な滑り出し。今後も丁寧な説明を心掛けたい」と話しました。

西町四番町のゲストハウスの担当者は「宿泊税を案内することも大事だが、決済方法など、今後試行錯誤していく部分はたくさんある」と語ったとのことです。

宿泊税は自治体が独自に掲げる法定外税で、金沢市では初年度の税収を6億6千万円と見込んでおり、無電柱化など計46事業に活用し、市民生活に配慮した観光や歴史・文化の振興に生かします。

三井ガーデンホテルは開業したばかり

金沢を観光してみたいかも




使途はゴミ箱設置と記念館20時閉館に

以前にも当サイトで申上げましたが、私は金沢市の宿泊税導入に反対です。なぜなら、京都がやったからウチもやろうという考えが透けて見えるからです。

金沢は21世紀に入って、確かに外観は綺麗な街に生まれ変わりました。その一方で、観光名所のお店では、お客様に対して未だに「いらっしゃいませ」も言えないお店があります。

兼六園ひがし茶屋街では灰皿が撤去されましたし、金沢城公園の鶴の丸休憩館ではゴミ箱を設置せずにゴミを持ち帰らせています。

来館者を遊ばせることで国内有数の人気美術館となった金沢21世紀美術館は、この2年の間に来館者から遊びのツールをひとつずつ取り上げています。

いわゆる殿様商売の感覚がまだまだ残っているのです。そのような状況で宿泊税を導入することには、私は反対です。

東京都、大阪府、京都市ときて、4番目に金沢市と言うのは、英断というのか、自惚れというのか。とにかく、観光客へのサービスを充実させるのが先決ではないですか。

とはいえ、導入してしまったわけですから、税収はしっかりと観光客の利便性向上のために使って欲しいものです。

金沢城公園の鶴の丸休憩館

私が提案する使途は次の2点です。

1.ゴミ箱の設置

金沢の街中にはゴミ箱がほとんどありません。特に金沢駅や観光名所ではゴミを捨てるところがなくて、ポケットに仕舞わなければいけないことがよくあります。

日本人ならコンビニで缶コーヒーを買い、代りにゴミを捨てることもできますが、欧米からの人たちは空になったペットボトルを捨てる場所が見つからないまま持ち歩いています。

宿泊税で税収が増えるのでしたら、街中にゴミ箱を設置して欲しいものです。金沢らしいデザインのゴミ箱を作ればいいじゃないですか。

税収を、ゴミ箱の制作費と、ゴミの回収やメンテナンスにかかる人件費に充てるのです。

2.ミュージアムの閉館時間を午後8時に

人口46万人の金沢は、他の地方都市の例に漏れず眠りにつくのが早い街です。

金沢市では、兼六園のライトアップやナイトミュージアムなどを定期的に実施し、少しでも夜の金沢の魅力を高めようとしています。

また、金曜日と土曜日には、金沢城の玉泉院丸庭園がライトアップされ、金沢21世紀美術館が夜8時までオープンしています。

せっかく良いことを考えているのですから、21美をはじめ、鈴木大拙館泉鏡花記念館などのミュージアムを、平日も夜8時まで開ければ良いじゃないですか。

良いアイデアをとことんやらずに、この程度で良いかなと手を抜いてしまうのは金沢人の悪い癖です。

昼間は兼六園、金沢城、ひがし茶屋街などの屋外で楽しんでいただいて、陽が暮れた後は屋内施設で楽しんでもらえば、観光で訪れる方も時間を有効に使うことができます。

金沢の観光エリアに点在する美術館や記念館は、午後5時か午後6時が閉館時間です。それを夜8時まで延長するのです。

そして、開館時間を延長することで割高となる電気代などの光熱費や、勤務時間が延長されることで発生する人件費を、宿泊税で賄うのです。

ぜひ、ゴミ箱の設置と、ミュージアムの夜8時閉館の2つを実施してもらいたいと思います。

外国人観光客に人気の鈴木大拙館

金沢への批判&提言

KANAZAWA NEWS カテゴリー

金沢駅NEWS | 兼六園NEWS | 金沢城公園NEWS | ひがし茶屋街NEWS | にし茶屋街NEWS | 主計町茶屋街NEWS | 長町武家屋敷跡NEWS | 金沢21世紀美術館NEWS | 近江町市場NEWS | 美術館・記念館NEWS | 繁華街NEWS | お立ち寄りスポットNEWS | 郊外のスポットNEWS | 観光関連NEWS | イベント・表彰NEWS | テレビ番組のロケ地NEWS | 金沢への批判&提言

金沢観光のMENUをどうぞ
このサイトのHOMEへ


金沢について効率的に調べたい方へ

地図を見て予定を立てたい方は金沢観光マップ
知りたい情報からご覧ください
観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ
あなただけの観光プランを満喫金沢観光ガイド


「金沢を観光してみたいかも」