金沢城公園ルート (かなざわじょう)

金沢1日観光ルート vol.5

観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ

夜になると寂しさが漂う金沢城公園の周辺ですが、夜に金沢に入って翌日の朝から観光を開始する方にはベストの宿泊エリアです。

早朝の大手堀や白鳥路をお散歩して、兼六園の早朝無料開園を利用されるのもお奨めです。

1日観光ルートは金沢城公園の周囲をグルリと回るもので、グーグルマップで計測すると、距離にして6.7km、所要時間が1時間23分です。

これはそれぞれの観光名所の入口付近までの距離ですので、実際にはもう少し距離が増えますが、健脚家を自認する方でしたら5~6時間ほどで回れるのではないでしょうか。

金沢の街を右回りでめぐるのか、左回りでめぐるのかについては人それぞれですが、私でしたら時計と同じ右回りルートを取ります。

金沢城周辺のホテルからの1日観光ルート




金沢城公園を起点としたモデルルート(右回り)

ホテル

 

金沢城公園(大手門・黒門)
金沢城公園-加賀百万石の城跡は巨大な迷路

ホテルに隣接するように金沢城公園の緑が広がっています。また、大手門と黒門の間には明治以降も埋め立てられることのなかった大手堀の水辺が続きます。

ホテルから金沢城公園まで  距離 100m前後/所要時間 1~2分

 

兼六園(桂坂口)
兼六園-日本有数の名園は楽しさもいっぱい

金沢城の石川門から石川橋を渡り兼六園の桂坂口へと向かう道は、加賀藩主が居城から庭へと歩いた道です。ここは金沢でも有数の撮影スポットのひとつです。

金沢城公園~兼六園  距離 約80m/約1分

金沢城公園から兼六園への行き方

 
お立ち寄りスポット石浦神社
 

金沢21世紀美術館
金沢21世紀美術館-垣根のない憩いのアート広場

兼六園の真弓坂口を出ると広坂交差点があり、交差点の対角線上に21美の丸い外観が見えます。近辺には伝統工芸品のお店も多く文化的な香りが漂っています。

兼六園~金沢21世紀美術館  距離 約80m/所要時間 約1分

兼六園から金沢21世紀美術館への行き方

 ⇩
お立ち寄りスポット柿木畠タテマチ | 片町W坂 | 犀星のみち

 ⇩

金沢21世紀美術館
金沢21世紀美術館-垣根のない憩いのアート広場

21美からにし茶屋街へと向かう道は金沢の現代カルチャーの中心地です。そして、繁華街の片町を抜けて犀川大橋を渡ると、閑静な住宅街へと入って行きます。

金沢21世紀美術館~にし茶屋街  距離 約1.2km/所要時間 約15分

金沢21世紀美術館からにし茶屋街への行き方

 ⇩
お立ち寄りスポット室生犀星記念館
 

長町武家屋敷跡(長町一の橋)
長町武家屋敷跡-土塀の街並みは武家の住宅街

にし茶屋街から裏通りを一歩道です。閑静な住宅街を歩き犀川を渡ると金沢で有数のグルメエリアがあり、その先の長町一の橋から土塀の街並みがはじまります。

にし茶屋街~長町武家屋敷跡  距離 約800m/所要時間 約10分

にし茶屋街から長町武家屋敷跡への行き方

 
お立ち寄りスポット尾山神社
 

近江町市場(エムザ口)
近江町市場-のどぐろも並ぶ食材の観光名所

長町六の橋、もしくは “せせらぎ通り” から百万石通りに出たところは金沢で一番のビジネス街です。ビジネス街から繁華街へと入ったところが近江町市場です。

長町武家屋敷跡~近江町市場  距離 約1.0km/所要時間 約12~13分

長町武家屋敷跡から近江町市場への行き方

 
お立ち寄りスポット
尾張町 | 金沢蓄音器館泉鏡花記念館
 

主計町茶屋街
主計町茶屋街-金沢の和文化を表現した街

近江町市場と主計町茶屋街の間に位置する尾張町は、伝統的な建造物が数多く残るエリアです。観光客の方が抱く金沢のイメージと合致する道かもしれません。

近江町市場~主計町茶屋街  距離 約700m/所要時間 約10分

近江町市場から主計町茶屋街への行き方

 
お立ち寄りスポット
鏡花のみち | 徳田秋聲記念館秋聲のみち
 

ひがし茶屋街
ひがし茶屋街-きもの女性が華になる街並み

主計町茶屋街から浅野川大橋を渡ると急に人通りが増え、着物姿の女性が目につくようになります。メインストリートまでのワクワク感を味わってください。

主計町茶屋街~ひがし茶屋街  距離 約350m/所要時間 約5分

主計町茶屋街からひがし茶屋街への行き方

 

ホテル

浅野川大橋を渡って百万石通りに出ると、金沢の老舗と呼ばれるお店が点在しています。また、裏通りは藩政期から続く住宅街で寺島蔵人邸があります。

ひがし茶屋街からホテルまで  距離 1km前後/所要時間 10分少々

ひがし茶屋街から金沢城公園への行き方

金沢の観光名所は1日で回れます

こちらが金沢観光の-MENU-になります
よろしければトップページへ

右回りと左回りのそれぞれの利点

私の方から右回りルートをご案内する理由は次のとおりです。

兼六園で一番の撮影スポットである霞ヶ池とことじ灯籠は、お昼頃から陽が陰ってしまいますので、カメラが趣味という方は朝の時間帯に撮影されるといいでしょう。

金沢城公園から兼六園を回って、金沢21世紀美術館のオープン時刻である午前10時に合わせて21美に行くと、その日の時間を有効に活用できそうです。

ひがし茶屋街は昼間の時間帯は混み合っていますので、多少なりとも人通りが少なくなる夕方の時間帯に訪れる方がベターかと思います。

金沢城公園の三の丸広場と玉泉院丸庭園は、金・土と祝日の前日は午後9時までライトアップを行なっていますので、金沢を一回りされた後に、金沢城内へもう一度足を踏み入れるのもお奨めです。

ゴール地点は大手堀前のお堀通り

もちろん、逆の左回りルートで回っていただいても構いません。

ひがし茶屋街から回られる場合は、近江町市場に到着するのがちょうどお昼時になるかと思います。近江町市場でのランチを予定されている方は左回りがいいでしょう。

金沢を歩くコツは百万石通りとお堀通り


「金沢を観光してみたいかも」

こちらが金沢観光の-MENU-になります
よろしければトップページへ

金沢旅行での観光ガイドを承ります



金沢観光を効率よくお楽しみください

金沢シンプルマップ-金沢の街は歩いて移動できます