ochaya1

Higashi-Chayagai*10
(Ochaya)

ひがし茶屋街の粋な楽しみ方はお茶屋探し

金沢の観光名所の中でも、ひがし茶屋街は今では兼六園と並ぶ人気の観光スポットとなりました。

茶屋建築の建物が並ぶメインストリートを和服姿で歩き、暑い日には金箔入りソフトクリームで、寒い日には金箔入り珈琲と和菓子で休憩を取り、加賀友禅や金箔などの工芸品店を見て回るなど、ひがし茶屋街には色々な楽しみ方があります。

ひがし茶屋街をはじめて訪れる方は、現役のお茶屋を探すのも楽しみのひとつ言えるかもしれません。

藩政期から昭和にかけて最高の格式を誇った「ひがし茶屋街」では、八しげ、山とみ、藤とし、中むら、春の家、八の福、藤乃弥の7軒が、今も芸妓さんが所属する現役のお茶屋として営業しています。

メインストリートに面しているお茶屋は、八しげ、山とみ、藤とし、中むらの4軒です。

金箔ショップ、友禅ギャラリー、カフェ、お食事処などのお店とともに並んでいるのですが、お店の玄関に暖簾やメニュー表もなく、それでいて寂しげでもなく、悠然と佇んでいます。

八しげ

山とみ

藤とし

中むら

運が良い時にはお店の前に車が止まり、車から店内へと入って行く芸妓さんを見ることができます。

メインストリートの突き当りの2階が春の家で、春の家から左手に3軒隣が八の福(はのふく)です。そして、春の家から右手に行き一番丁と呼ばれる路地を右手に入ると藤乃弥があります。

春の家

八の福

藤乃弥

7軒のお茶屋の中で、中むら、春の家、藤乃弥は1階が別のお店で、2階だけがお茶屋という形態になっています。

ちなみに、中むらの1階は「玉匣」という若手作家のクラフト作品やアクセサリーを集めた工芸品店、春の家の1階は「不室屋」という麩の専門店、藤乃弥の1階は「粋蓮」というバーになっています。

また、インターネットで調べてみると、藤としと八の福ではお店の1階にカウンターバーがあり、女将とも対面することができるようです。

ひがし茶屋街を歩かれる際には、この7つのお店をチェックしながら歩くと、また一つ風情を感じるのではないでしょうか。

「東」のお茶屋の特徴は“ひらがな”

1820年(文政3年)に加賀藩から公許されたひがし茶屋街は、創立時には一般社会と遊興のエリアを明確に区分けするために、茶屋街の周囲に塀が張り巡らされ「廓(くるわ)」が形成されました。

そして、金沢城の東側に位置していたことから「東の廓」と呼ばれるようになりました。

昼間はひっそりとして、夕刻時から起きはじめ明け方まで大いに賑わったこの一帯が、今日のような女性に人気の観光地となる以前は、金沢駅の観光案内の地図にも「東の廓」と記されていました。

今では昼間に賑わい、夜になると寝静まる普通の街になった「ひがし茶屋街」には、前述のとおり、今も7軒のお茶屋が残っています。

八しげ、山とみ、藤とし、中むら、春の家、八の福、藤乃弥。

この7軒の名前を見て気付かれた方も多いと思いますが、7軒のうち6軒までが屋号に“ひらがな”が入っています。にし茶屋街と主計町茶屋街のお茶屋にも“ひらがな”の入った屋号を目にしますが、ここまで極端ではありません。

井上雪さんの著書『廓のおんな』は、明治後期から昭和にかけて「東の廓」で人生を送った鈴見さん(源氏名)を追ったルポルタージュですが、著書に出てくる屋号のほとんどが漢字の名前です。

ひがし茶屋街では時代とともに平仮名の屋号が増えていったようです。

それから、興味深いのは芸妓さんが独立して自分のお茶屋を持つ際に、以前に在籍していたお茶屋の名前から1字をもらっていることです。

例えば八の福の女将・福太郎さんは、八しげの看板の芸妓さんでした。そして、独立の際にお世話になったお茶屋と自らの源氏名から1字ずつ取りました。

また、藤乃弥の女将の弥栄子さんは、かつては藤としに在籍していました。

このような慣習は、少し前の時代であれば、そこまでお世話になったお茶屋に義理立てしなければいけないのかと曲解されてしまうかもしれませんが、21世紀の今日では、このような慣習が残っていても良いのではないかという気がします。

ひがし茶屋街には、今も往時の伝統が受け継がれています。

メインストリートから入った路地に八の福があります

金沢芸妓ホームページ


「ひがし」お茶屋の関連ニュース

ひがし茶屋街「八の福」から新花・杏花さん


茶屋建築 | 志摩 | 懐華楼 | 和服レンタル | カフェ | カフェの2階 | 金箔 | 工芸品店 | 三番丁 | 現役のお茶屋 | 一番丁


ひがし茶屋街への行き方

金沢駅から | 近江町市場から | 兼六園から | 金沢城公園から | 金沢21世紀美術館から | 主計町茶屋街から | 長町武家屋敷跡から


ひがし茶屋街周辺にある「観光してみたいかも」スポット

徳田秋聲記念館 | 金沢市立安江金箔工芸館


Higashi-Chayagai
News

地図上で「不むろ」の2階が「春の家」、「粋蓮」の2階が「藤乃弥」です

ひがし茶屋街は和服の女性が華になる街並み