江戸時代の金沢は国内で4番目の大都会でした

金沢旅行の予備知識#1

皆様は金沢にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

私は30年ほど東京で暮らしていました。仕事などで「お生まれはどちらですか」と聞かれて「金沢です」と答えると、必ずと言っていいほど「良いところですね」という言葉が返ってきました。

故郷を良いところだと言ってもらえること自体はとても嬉しいのですが、実際に金沢について知られていることといえば、加賀百万石と兼六園と松井秀喜選手くらいです。それでも「良いところ」というイメージはあるようです。

このコーナーでは、金沢の歴史や市民性などをお話ししていきます。金沢旅行の予備知識となれば幸いです。

ひがし茶屋街

有数の大都会だったから本物が残った

石川県金沢市は人口46万人の北陸地方で最大の都市です。加賀百万石の城下町として知られるこの街は、江戸時代には人口が10万人を超え、当時は江戸、大坂、京に次いで全国で4番目の大都会でした。

明治維新以降は、かつて社会の授業で教わった太平洋ベルト地帯の発展に伴って、首都圏や近畿圏の都市に次々と抜かれていき、現在の全国順位は34位となっています。

日本海側で生まれ育った方でしたら共感していただけると思うのですが、高度成長期からバブル期までの間、日本海側の都市は日本の成長から取り残されてしまいました。もちろん金沢も例外ではありませんでした。

北陸新幹線の開通まで金沢は陸の孤島でした

金沢旅行での観光ガイドを承ります

日本海側の中心は新潟へ

私の中学・高校時代にはカーペンターズ、ベイシティローラーズ、スージー・クアトロ、オリビア・ニュートン・ジョンといった海外のビッグアーティストが金沢で公演を行いました。

また、伝説のアイドルグループ・キャンディーズが解散する時には、最後の全国8大都市コンサートに金沢が入っていました。それが、今ではビッグアーティストは新潟へ行ってしまうみたいです。

ただ、江戸時代に国内有数の大都会だったことで “本物” が残されたことから、人口46万人の都市にしては開けていますね、と観光客の方におっしゃっていただくことも多いようです。

新時代の観光名所・金沢21世紀美術館

会話で必ず出てくる「百万石」

テレビ番組の『秘密のケンミンSHOW』で、石川県民は「百万石」という言葉に誇りを持っていると紹介されましたが、その通りです。金沢の人と県外の人との会話では必ずと言っていいほど「百万石」が出てきます。

150年以上も前のことを今でも自慢げに語ってしまうのは、他に自慢することがないみたいで恥ずかしい気もします。金沢で地元の人と会話する機会のある方は百万石という言葉が出るかどうかを楽しみにしてください。

全国的に見ると、百万石の意味すらもわからない人が増えているようです。そのうち、金沢だけで通じる自慢話になってしまうかもしれませんね。

金沢のメインストリートは百万石通り

金沢観光の-MENU-になります

よろしければトップページへ

金沢旅行での観光ガイドを承ります

金沢は400年にわたって佇んできました

日本史に詳しい方でしたらよくご存知かと思いますが、加賀百万石の礎を築いた前田利家は、徳川幕府にとって最大の外様大名でした。

そこで、利家亡き後の前田家を守るために、利家の奥方であった “おまつの方” が自ら進んで人質として江戸へ旅立っていきました。そして、そのことは幕府が参勤交代制度を導入する契機となりました。

それ以降、21世紀の今日まで、金沢は目立つことなく、出しゃばることなく静かに佇んできました。

加賀百万石のシンボル・金沢城公園

極度の引っ込み思案です

金沢市民は極度の引っ込み思案です。2014年にAKB48が全国の都道府県から一人ずつメンバーを選出したことがありましたが、実は石川県では締め切りが近づくまで応募者がゼロだったという話しです。

そのような市民性がありますので、観光に来られた方も金沢市民を見て暗いなと思われるかもしれませんね。「私たちは歓迎されていないのではないかしら」と感じることもあるかもしれません。

でもご安心ください。心の中では金沢を訪れていただいた皆様を大歓迎しています。太平洋側の人たちに比べてシャイなだけなのです。

長町武家屋敷跡はシャイな金沢らしい街です

NEXT - 城下町なのにお城が主役でないのが金沢の強み


金沢旅行の予備知識

主要な観光名所+金沢駅
金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場

サイト管理者

南 武志(金沢観光ガイド)

観光客の方が「ひがし茶屋街」の最寄りのバス停に並ばれているのを見て、兼六園も近江町市場も歩いて10分なのに…と思ったことが、このサイトをはじめたキッカケでした。 金沢の街は歩いて回れます。加賀百万石の城下町をたっぷりとお楽しみください。

カテゴリー別の掲載ページ一覧

観光名所 文化施設 アクセス お楽しみ ショップ

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります

2016年5月16日