まずは金沢の歴史など

金沢旅行の予備知識 #1

私のホームページにお越しいただきありがとうございます。

このサイトは、私の故郷である金沢を観光してみたいなとお考えの方に、行程をお決めになる際の参考になればとの思いから開設したものです。

私は金沢で生まれ、金沢で育ち、地元の高校を卒業して東京の大学に進学しました。それ以来、約30年間にわたって東京で暮らし2010年に故郷に戻ってきました。

私が東京に行っている間に、金沢は観光地として目覚ましい進歩を遂げました。ひがし、にし、主計町の3つの茶屋街が観光名所として整備され、大河ドラマ『利家とまつ』に合わせるように金沢城が復元されました。

市の中心部にオープンした金沢21世紀美術館は、美術館の人気ランキングでトップ10に入り、民間調査による2015年の「ミュージアム来館者数」では全国で第1位になりました。

また、大規模リニューアルを行なった金沢駅は、アメリカの旅行雑誌から世界で最も美しい駅のひとつに選ばれるなど、新しい建造物も県外の皆様から高い評価をいただいています。

21世紀の金沢は、古いだけの街から、楽しさ満載の街へと生まれ変わりました。

ひがし茶屋街

有数の大都会だったから本物が残った

皆様は金沢にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

私は30年ほど東京で暮らしていましたが「お生まれはどちらですか」と聞かれて「金沢です」と答えると、必ずと言っていいほど「良いところですね」という言葉が返ってきました。

故郷を良いところだと言ってもらえること自体はとても嬉しいのですが、実際に金沢について知られていることといえば、加賀百万石と兼六園と松井秀喜選手くらいです。

それでも、ありがたいことに「良いところ」というイメージはあるようです。

石川県金沢市は人口46万人の北陸地方で最大の都市です。

加賀百万石の城下町として知られるこの街は、江戸時代には人口が10万人を超え、当時は江戸、大坂、京に次いで全国で4番目の大都会でした。

その後は、かつて社会の授業で教わった太平洋ベルト地帯の発展に伴って、首都圏や近畿圏の都市に次々と抜かれていき、現在の全国順位は34位となっています。

日本海側で生まれ育った方でしたら共感していただけると思うのですが、高度成長期からバブル期までの間、日本海側の都市は日本の成長から取り残されてしまいました。

もちろん金沢も例外ではありませんでした。

私の中学・高校時代にはカーペンターズ、ベイシティローラーズ、スージー・クアトロ、オリビア・ニュートン・ジョンといった海外のビッグアーティストが金沢で公演を行いました。

キャンディーズが解散する時には、最後の全国8大都市コンサートに金沢が入っていました。それが、今ではビッグアーティストは新潟へ行ってしまうみたいです。

ただ、江戸時代に国内有数の大都会だったことで “本物” が残されたことから、人口46万人の都市にしては開けていますね、と観光客の方におっしゃっていただくことも多いようです。

金沢21世紀美術館

金沢は400年にわたって静かに佇んできました

日本史に詳しい方でしたらよくご存知かと思いますが、加賀百万石の礎を築いた前田利家は、徳川幕府にとって最大の外様大名でした。

そこで、利家亡き後の前田家を守るために、利家の奥方であった “おまつの方” が自ら進んで人質として江戸へ旅立っていきました。そして、そのことは幕府が参勤交代制度を導入する契機となりました。

それ以降、21世紀の今日まで、金沢は目立つことなく、出しゃばることなく静かに佇んできました。

金沢市民は極度の引っ込み思案です。少し前にAKB48が全国の都道府県から一人ずつメンバーを選出したことがありましたが、実は石川県では締め切りが近づくまで応募者がゼロでした。

そのような市民性がありますので、観光に来られた方も金沢市民を見て暗いなと思われるかもしれませんね。「私たちは歓迎されていないのではないかしら」と感じることもあるかもしれません。

でもご安心ください。心の中では金沢を訪れていただいた皆様を大歓迎しています。太平洋側の人たちに比べてシャイなだけなのです。

それでは、金沢の街並みをどうぞゆっくりとお楽しみください。

金沢城公園

NEXT – 城下町なのにお城が主役でないのが金沢の強み

金沢旅行までお時間のない方へ
3分でわかる画像集シリーズ


金沢観光の楽しさをご案内するショールーム
金沢を観光してみたいかも
↑よろしければトップページへ↑

江戸時代の金沢は国内で4番目の大都会でした