金沢の繁華街(まとめ)

金沢の繁華街

旅行先で方言を耳にできるのが繁華街です。繁華街には、その街で生まれ育った人たちの市民性が凝縮されています。

金沢の繁華街は大きく分けて2つあります。ひとつは香林坊・片町・竪町エリア、もう一つは武蔵ヶ辻・近江町市場エリアです。それぞれ、香林坊(こうりんぼう)、片町(かたまち)、竪町(たてまち)、武蔵ヶ辻(むさしがつじ)と読みます。

竪町については、少し前から「タテマチ」とカタカナ表記されるのが地元では一般的になっています。

繁華街に隣接して地元の人たちが集まる飲食店街が位置しています。香林坊の裏通りの「せせらぎ通り」、片町の裏手にある木倉町通り、タテマチの隣町の柿木畠。さらに武蔵ヶ辻には武蔵スタジオ通りという飲食店街があります。

金沢の中心・香林坊交差点

戦後の金沢は犀川沿いから発展

金沢は犀川と浅野川という2つの河川が流れ、浅野川の北側、2つの川に挟まれた中心街、犀川の南側の3つのエリアに分けられます。

戦後の金沢は、犀川に近いエリアを中心に発展していきました。一時期は再開発の波に乗り遅れた浅野川流域については、旧い建物が残ったことで、21世紀の金沢観光の中心となりました。

香林坊・片町・竪町エリアは犀川寄りに位置し、市内の観光名所では長町武家屋敷跡金沢21世紀美術館にし茶屋街の近くになります。一方の武蔵ヶ辻・近江町市場エリアは浅野川に近く、ひがし茶屋街主計町茶屋街へ徒歩圏内です。

また、いずれのエリアも兼六園金沢城公園へは歩いて行くことができます。

ポイント

金沢の繁華街はとても健全になりました。30年ほど前までは、裏通りに入ると風俗店のキャッチに声を掛けられたものでしたが、今ではエッチなお店はすっかりなくなりました。出張で訪れる男性にとっては、面白みのない街かもしれませんね。

武蔵ヶ辻の「金沢エムザ」(近江町市場前から撮影)

金沢の繁華街が3分でわかる画像集




香林坊・片町・タテマチは隣町です

犀川からほど近い繁華街として発展してきた香林坊・片町・タテマチは隣町同士です。東京でしたら銀座・有楽町・日比谷、大阪でしたら心斎橋・難波・千日前といった感じでしょうか。

私が子供の頃は片町が市内で最大の繁華街でした。なぜなら地元の老舗百貨店である大和デパートがあったからです。1986年(昭和61年)に大和が片町から隣町の香林坊に移転したのを契機として、金沢の中心が香林坊へと移っていきました。

昭和の頃の香林坊は、裏通りに風俗店が集まるエリアがあり “ミニ歌舞伎町” といった雰囲気でしたが、現在の香林坊はファッションビルや海外の有名ブランドの路面店が並び、完全に片町を追い抜いています。

香林坊は “いいとこの奥様” が昼間にお出掛けする洗練された繁華街です。ちなみに、このページのトップ写真は香林坊のメインストリートです。

香林坊に隣接して旧制金沢四高の赤煉瓦校舎が

グルメタウン・片町

一方の片町は、2015年にファッションビルの「片町きらら」をオープンさせ、巻き返しを図っています。

昼間の繁華街としては香林坊にNo.1の座を明け渡した感のある片町ですが、夜の帳が下りると金沢で一番のグルメタウンになります。2016年5月に発表されたミシュランの格付けでは、金沢市内で星の付いた24店の中の9店が片町のお店でした。

また、片町の犀川沿いのエリアは、金沢のみならず北陸地方で随一のナイトタウンで、金沢で夜9時に起きている唯一の街と言ってもいいほどです。

「片町きらら」とメインストリート

ファッションの街・タテマチ

金沢では昔も今も若者たちのトレンディタウンはタテマチです。

数十年前の日本では各都市によってファッションの傾向がありました。そして女性誌では「横浜の流行はコレ」「これが札幌モード」などの特集が組まれていたものでした。当時の金沢ファッションはタテマチから生み出されていました。

金沢のファッションを牽引してきたタテマチ

金沢観光の-MENU-になります

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



武蔵ヶ辻は肩ひじ張らずに歩ける街

もうひとつの繁華街である武蔵ヶ辻・近江町市場エリアは、香林坊・片町・竪町に比べて気楽に歩ける繁華街です。

香林坊の街を歩く時は、男性の私でも多少は身だしなみに気を使いますが、武蔵ヶ辻はご近所のスーパーに行くような格好でも歩けます。東京でしたら銀座と上野の違いと言えば分かりやすいかもしれませんね。

この街のメイン施設は、百貨店の「金沢エムザ」と近江町市場です。この2つは道路を挟んで向い側に位置しています。

近江町市場は金沢市民の台所として古くから親しまれてきた生鮮市場です。私は近江町には鮮魚のイメージがありますが、野菜、果物、惣菜も扱っています。近年は、海鮮丼とその場で食べるイートインが大人気です。

武蔵ヶ辻-黒っぽい建物が近江町市場です

金沢の繁華街を地図で確認

金沢の地図が表示されない時は「リロード↺」

繁華街コーナーTOP


金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもhome

金沢旅行での観光ガイドを承ります



2016年5月15日