MENU

楽しさ満載の街・金沢!
観光プランは人それぞれです

「金沢を観光してみたいかも」へアクセスいただきありがとうございます。

加賀百万石の城下町・金沢は、古いものと新しいものがミックスされた街です。

日帰り、1泊2日、2泊3日。
金沢にはご旅行のスケジュールに合わせた満喫プランがあります。

当サイトがお役に立てれば幸いです。

★    ★    ★

金沢の主な観光名所は1日で回れます。

金沢観光は1日だけという方には、主要な8つの観光名所からご紹介させてください。


金沢観光の基本は8つの観光名所+金沢駅

金沢駅 【金沢駅からの行き方】

k-station-mink-station-min

金沢での最初の観光スポットは、米国の旅行雑誌で、世界で最も美しい駅のひとつに選ばれた金沢駅です。鼓をかたどった「鼓門」と、雨傘をイメージした「もてなしドーム」で金沢に来たことを実感してください。

◆金沢駅が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

兼六園 【兼六園への行き方】

ken-rokuen-minken-rokuen-min

金沢といえば日本三名園に挙げられる兼六園です。ことじ灯籠とその先に広がる霞ヶ池は兼六園で一番の撮影スポットで、池に面する虹橋では記念撮影の列ができています。お茶室で抹茶を楽しまれるのもお奨めです。

◆兼六園が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

金沢城公園 【金沢城公園への行き方】

k-castle-mink-castle-min

金沢城公園は兼六園の桂坂口の向かい側に位置し、重要文化財の石川門を抜けると三の丸広場の先に五十間長屋が見えます。お散歩好きの方にとっては最高の散策コースで、起伏のある城内は巨大な迷路のようです。

◆金沢城公園が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

ひがし茶屋街 【ひがし茶屋街への行き方】

higashi-c-minhigashi-c-min

ひがし茶屋街は楽しさ満載の街・金沢の象徴です。旧い茶屋建築が並ぶメインストリートには、金箔、九谷焼、加賀友禅などの工芸品店や和風カフェが並び、着物姿の女性を囲んで即席のフォトセッションが行われます。

◆ひがし茶屋街が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

にし茶屋街 【にし茶屋街への行き方】

nishi-c-minnishi-c-min

にし茶屋街は室生犀星ゆかりの犀川の先の閑静な住宅街に位置しています。落雁、チョコ、甘納豆などのスイーツ専門店は女性に大人気です。近年はテレビのロケ地となることも多く、ご旅行の後にも楽しみが続きます。

◆にし茶屋街が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

主計町茶屋街 【主計町茶屋街への行き方】

kazue-c-minkazue-c-min

主計町と書いて「かずえまち」と読みます。浅野川沿いの表通りにはお茶屋や小料理店が並び、純和風の風情を醸し出しています。泉鏡花と五木寛之氏のゆかりの街で、文学碑が街並みのアクセントとなっています。

◆主計町茶屋街が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

長町武家屋敷跡 【長町への行き方】

naga-buke-minnaga-buke-min

金沢では藩政期の街並みを長町武家屋敷跡として保存しています。土塀の続く街並みは最高級のお散歩コースで、きもの女性がよく似合います。大野庄用水沿いの和菓子屋さんでちょっと休憩されるのもお奨めです。

◆長町武家屋敷跡が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

金沢21世紀美術館 【21美への行き方】

21c-museum-min21c-museum-min

金沢21世紀美術館は2004年にオープンした都市型ミュージアムで、美術館というよりも憩いの場といった雰囲気です。無料ゾーンが多く、所蔵作品で最も有名な『レアンドロのプール』も上から見るのは無料です。

◆金沢21世紀美術館が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

近江町市場 【近江町市場への行き方】

omi-cho-minomi-cho-min

金沢市民の台所・近江町市場は、新鮮な魚を買い求める観光客で賑わっています。近年はネタが山盛りになった海鮮丼が大人気。金沢駅から一番近い観光名所ですので、ご旅行の最初と最後に寄るのもいいでしょう。

◆近江町市場が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

★    ★    ★

1泊2日でお越しの方には、いろいろな満喫プランが用意されています。

金沢は美術館や記念館が多い街です。加賀百万石の城下町らしく、神社仏閣や旧家庭園が点在しています。

きもの姿ではスター気分を味わえますし、ミシュランの格付店やお茶室でのグルメも、金沢のお楽しみのひとつです。


金沢を満喫するアクセント

美術館・記念館

k-museum-mink-museum-min

金沢は地方都市にしては美術館や記念館が多い街です。浪漫と幻想を表現した泉鏡花記念館、無の境地を演出した鈴木大拙館、五木寛之文庫の金沢文芸館など、金沢の街中には多くのミュージアムが点在しています。

◆金沢の記念館が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

神社仏閣

k-shrine-mink-shrine-min

金沢城公園と兼六園の周辺には神社が集まっています。独創的な外観の尾山神社。本殿、拝殿、中門、透塀が重要文化財の尾崎神社。金沢の受験生が合格祈願をする金沢神社、金沢で最古の石浦神社が代表的です。

◆金沢の神社仏閣が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

旧家・庭園

j-garden2-minj-garden2-min

金沢を訪れる方に人気が高まっているのが旧家・庭園です。寺島蔵人邸、野村家庭園、西田家庭園玉泉園などでは、お茶室で抹茶を味わいながら緑の木々や池の水辺を眺めるのもいいでしょう。ホッとする空間です。

◆金沢の旧家庭園が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

金沢をより楽しむ思い出スポット

★    ★    ★

金沢へ2泊3日でお越しの方は、自分だけの楽しみ方でお過ごしください。

お目当ての観光名所への途中には並木道や情緒ある景観が点在しています。
文学碑やオブジェが目に入ります。

近年はテレビ番組のロケ地めぐりも楽しみ方のひとつになりました。

金沢の郊外に足を延ばされるのもいいでしょう。
「世界の魅力的な図書館ベスト20」の金沢海みらい図書館や、アニメ「花咲くいろは」の聖地・湯涌温泉などが人気です。


金沢は宝探しのような面白さ

金沢をお散歩

k-walk2-mink-walk2-min

金沢では観光名所から観光名所へ歩いて移動することができます。その途中には絶好のお散歩コースもたくさんあります。ガイドブックに載っていない素敵な風景を目にすると、ちょっと得をした気分になります。

◆金沢の散歩道が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

金沢の繁華街

k-downtown-mink-downtown-min

金沢の観光名所は市内の中心部に集まっていますので、繁華街に立ち寄られるのもいいでしょう。香林坊、片町、タテマチ、武蔵ヶ辻。それぞれの街の周辺には金沢の人たちに親しまれてきた飲食店街があります。

◆金沢の繁華街が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

郊外のスポット

suburbs-4-minsuburbs-4-min

金沢の郊外には金沢港・大野・金石エリア、湯涌温泉、卯辰山、金沢市民芸術村などがあります。金石の手前の金沢海みらい図書館は撮影スポットとして、湯涌温泉はアニメの聖地巡礼の地として人気上昇中です。

◆金沢の郊外の注目が3分でわかる画像集◆

詳しくはこちら

街角の「おたっき~ポイント」

KANAZAWAニュース

当サイトの効率的なご利用について

「金沢を観光してみたいかも」地元民がご案内する金沢観光サイトです。
500以上の記事の中から、ご興味のある記事に効率的にたどり着く方法をご案内します。


気になるカテゴリーでお探しください


ご興味のある事項を検索してください

 

アクセスいただきありがとうございます

このたびは、数ある金沢観光サイトの中から「金沢を観光してみたいかも」にアクセスいただきありがとうございます。

このサイトは、私が個人的に制作・配信しているサイトです。

金沢は私の故郷です。私は金沢の高校を卒業した後に東京の大学に進学し、それからの約30年間を東京で暮らして故郷に戻ってきたのですが、金沢は旧さに新しさがミックスされた魅力的な外観に変わっていました。

そして、旦那衆の遊びの場だった “廓”(くるわ)が、ひがし茶屋街、にし茶屋街、主計町茶屋街として整備され、金沢21世紀美術館がオープンし、金沢駅が「世界で最も美しい駅」のひとつに選ばれるなど、とても楽しい街になっていました。

さて、私がこのサイトを制作したきっかけは、ひがし茶屋街の最寄りのバス停に並んでいる観光客の方々を見て、兼六園も近江町市場も歩いて10分なのにと思ったことでした。

金沢は人口46万人の地方都市です。観光名所から観光名所へは歩いて移動できます。

はじめて金沢にお越しいただく方には、ピンポイントに観光名所を見学するだけではなく、気の向くままに金沢の街を歩いていただければと思っています。金沢では、ゆっくりと時間が過ぎていきます。

どうぞ金沢を堪能してください。


サイト管理者のプロフィール
◆名前    Takeshi Minami
◆生年月日  1962年(昭和37)12月28日

参考文献
『金沢あかり坂』『浅の川暮色』『五木寛之の金沢さんぽ』以上 五木寛之氏著
『金沢の不思議』村松友視氏著
『廓のおんな』井上雪氏著
『夜明け前に会いたい』唯川恵氏著
『兼六園』北國新聞社刊

金沢観光を予定しているのだけれども、ちょっと聞いてみたいことがあるという方は、どうぞ遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ

PAGE TOP