近江町市場-のどぐろも並ぶ食材の観光名所

観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ

近江町市場 (おうみちょういちば)

金沢の観光名所 #8

近江町市場は金沢市民の台所として親しまれてきた市場で、金沢では「おうみちょう」と言えば近江町市場を指します。何と言っても新鮮なお魚が最大の売りで、今も家庭の「ハレの日」には、主婦の皆さんが近江町へ食材の買い出しに訪れます。

観光で訪れる方の多くが、近江町市場でのお楽しみに海鮮が山盛りになった「海鮮丼」を挙げています。地元の人たちは近江町で海鮮丼を食べることはありませんが、あれだけ海鮮が盛ってあれば美味しくないことはないでしょう(笑)。

2021年に開場300周年を迎える近江町市場の特徴は、鮮魚店が集まるエリアと、青果店が集まるエリアに分かれていることです。このことから、並んでいるお店を見比べながら品定めすることができます。

市場の正式名称は金澤青草辻近江町市場
藩政期の近江町市場は2つの市場でした
近江町市場は正式には「金澤青草辻近江町市場」と言います。藩政期には青果市場の青草辻と鮮魚市場の近江町市場の2つの市場がありました。現在の中通りの下には藩政期のお堀が流れており、お堀の内側が近江町市場、外側が青草辻でした。
現在の近江町市場の利便性は、魚屋さんが集まるエリアと八百屋さんが集まるエリアに分かれていることですが、それは、昔、2つの市場に分かれていたことの名残りです。

近江町市場が3分でわかる画像集

金沢旅行での観光ガイドを承ります




お買い物は鮮魚通りから

はじめて近江町市場を訪れる方は鮮魚通りから品定めを開始するのがいいでしょう。地元の主婦の方も近江町でのお買い物は魚からという人が多いようです。このページのトップ写真にあるエムザ口から入ると鮮魚通りです。

金沢駅から近江町市場へ行かれる方は、8~10番のりばに入線するバスに乗ると近江町いちば館前に停車します。バスから降りてすぐ右手がエムザ口になります。ちなみに、金沢駅から2つ目が「武蔵ヶ辻・近江町市場」です。

鮮魚通り

鮮魚通りは「ザ・近江町」とも言える通りで、杉本水産、清商店、川木商店、新力水産、忠村水産、三洋商店、島田水産、大口水産、大松水産、ヤマカ水産、一念大助と、10軒以上のお魚屋さんが並んでいます。

大きな店舗もあれば、小規模のお店も見られますが、いずれのお店も長年にわたって近江町で営業を続けています。地元の主婦には、それぞれに贔屓のお魚屋さんがあります。

魚屋さんが集まるエリアは「ザ・近江町」

観光で訪れる方は、カニ、エビ、のどぐろなどを宅配で送られる方も多いことと思います。近江町市場を歩いていると、宅配便の送り状に自宅の住所を記入されている観光客の姿を多く見かけます。

また、ご自宅に宅配される方には、鮮魚よりも真空パックされた魚介類が人気のように感じます。

石川県では「のど黒」も獲れます
水曜定休のお店が多いのでご注意を
近江町市場では営業時間や定休日はお店によって違います。朝の開店時間については早いお店で8時、遅いお店で9時。閉店時間については早いお店で16時30分、遅いお店で17時30分といった感じです。
水曜日が定休日というお店が多いので、訪れたい観光名所の中でも近江町市場の優先順位が高い方は、水曜日は避けた方が良いかもしれません。ちなみに、金沢の街全体が水曜日を休業とする慣習になっています。

海鮮丼は空いているお店にサッと入る

観光客の方のお目当ての海鮮丼については、10カ所ある出入口の近くで多く見かけます。ここで、近江町市場で海鮮丼を食べたいと思われている方へのアドバイスです。

ランチタイムになると海鮮丼のお店の前には行列ができます。以前ですと、平日はそれほどの混み具合ではなかったのですが、近頃では平日にも行列が見られるようになりました。

開店前から行列ができる「もりもり寿司」

それほど待たずに海鮮丼にありつくコツは、行列のないお店を見つけたら迷わずに入ることです。「このお店で食べよう」と決めている場合は列に並ぶのもありですが、お店指定のない方は、空いているお店を見かけたらサッと入るのがコツです。

なぜなら、海鮮丼は味に差が出にくいメニューだからです。

日本料理でしたら、同じ食材でも料理人によって味に差が出ますが、海鮮丼は、基本的にご飯の上に寿司ネタが載っているだけです。また、仕入れ元も同じですから鮮度もそれほど違わないと思いますので、料理人による味の差は少ないと思います。

今や近江町市場の代名詞・海鮮丼

近江町市場の見どころ vol.3
食の観光地・近江町市場はお食事処もいっぱい

歩いて楽しむ不思議感覚!?
金沢を観光してみたいかも-HOME-



青果通りでは加賀野菜を品定め

近江町市場は面状に広がっている市場です。直線に伸びる鮮魚通りと青果通りをメインに、緩やかにカーブする上通り、中通り、新通りの3本の通りが交わっています。方向感覚に自信のない方は少し迷われるかもしれません(笑)。

方角がわからなくなってきましたら、十字路の上に吊るされている案内板をご覧ください。主計町・ひがし茶屋街方面は市姫神社口、金沢城・兼六園方面は十間町口、バス停に近いのはエムザ口とむさし口です。

出入口や通りの名前を覚えるのも楽しみ

近江町市場の見どころ vol.2
入口が10カ所も設けられている近江町市場


青果店のエリアはアットホームです

八百屋さんやフルーツショップが集まる青果通りはアットホームな雰囲気です。

魚屋さんの集まる鮮魚通りは、バスに乗って自宅に戻って夕食の準備に取り掛かりたい郊外の主婦と、鮮魚を宅配したい観光客でごったがえしていますが、青果通りのお客さんは常連さんが多いので、お店の人と笑顔でやり取りする姿が見られます。

もしかすると、生粋の金沢弁を耳にできるかもしれませんね。

青果通り

観光で訪れる方は“加賀野菜”というネーミングに興味を持たれる方が多いようです。

加賀野菜とは、1945年(昭和20年)以前から、金沢および石川県で生産されている野菜の中から15品目を認定した地域ブランドです。

五郎島金時ってご存知ですか?これは金沢産の「さつまいも」のことです。

また、金時草と書いて何と読むと思いますか?これは「きんじそう」と読みます。葉の表が緑色で、裏が赤紫色の“菜っ葉”です。私的には加賀野菜と言えば冬の「からし菜」ですかね。ブランド名は「二塚からしな」と言います。

「加賀野菜」は石川県の地域ブランド

近江町市場の見どころ vol.6
お買い物せず歩くだけでも楽しい近江町市場


近江町の新たな潮流はイートイン

北陸新幹線の開業以降、観光で訪れる方が飛躍的に増えたことを受けて、近江町市場では「イートイン」を導入するお店が増えています。以前は、イートインと言えばフルーツショップでしたが、今では、カキやエビをその場で食べるのが人気です。

鮮魚のイートインについては、TVのバラエティ番組でよく紹介されています。特に、人気のタレントさんが食したお店には長蛇の列ができています。

小腹が空いている時はイートイン

近江町市場の見どころ vol.4
近江町市場の新しい楽しみ方「その場で食べる」

近江町市場が3分でわかる画像集

金沢には値引の慣習はありません
全国各地の市場の中には、お店とお客さんが値引き交渉を楽しむといった市場も見られますが、近江町市場では値引き交渉を目にすることはほとんどありません。なぜなら、金沢の街自体に値引きの慣習がないからです。
とはいえ、閉店間際には少し値引いてくれるお店もあるようですし、何万円というお買い物をしてくれたお客さんには「端数は引いておきますね」というお店もあります。

次の観光名所へ:主計町茶屋街-金沢の和文化を表現した街

近江町市場の周辺スポット

尾張町 | 尾崎神社 | 黒門前緑地 | 大手堀 | 金沢城公園

金沢旅行での観光ガイドを承ります


Omicho Market
近江町市場

金沢観光のMENUをどうぞ
このサイトのHOMEへ

金沢について効率的に調べたい方へ

地図を見て予定を立てたい方へ金沢観光マップ
知りたい情報からご覧ください
観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ
あなただけの観光プランを満喫金沢観光ガイド


金沢を観光してみたいかも」