CATEGORY

ひがし茶屋街コーナー

  • 2019年8月7日
  • 2020年11月1日

ひがし茶屋街「春の家」から新花かや乃さん

祇園の舞妓から金沢芸妓に転身 2019年8月6日付の北國新聞に、ひがし茶屋街で新花さんがお披露目されるという記事が掲載されていました。 今回お座敷にデビューするのは、ひがし茶屋街の「春の家」からお披露目される「かや乃」さんで、10月3日にお披露目の予定です。 かや乃さん(本名 柳井春花さん/18歳)は、京都の祇園甲部の舞妓さんから金沢芸妓への転身で、北國新聞の取材に対し「芸事を第一に精進し、しっか […]

  • 2019年5月15日
  • 2020年11月1日

観音町が金沢市で15例目の旧町名復活

町名標柱の“旧”の字が埋められる 2019年5月14日付の北國新聞に、観音町の旧町名復活のニュースが掲載されていました。 令和初日となった今年の5月1日に旧町名が復活した観音町(かんのんまち)では、連休の混雑を避けて、5月13日(月)に町名標柱(石碑)の除幕式が行われたとのことです。 ひがし茶屋休憩館の近くに設置されている標柱は、1996年に「旧観音町」と刻まれて建てられた石柱で、「旧」の1字を埋 […]

  • 2018年9月12日
  • 2020年11月1日

ひがし茶屋街から灰皿が撤去されました

タバコぐらい吸わせてもらえませんか 今日は、兼六園とともに金沢観光のツートップのひとつとなったひがし茶屋街の話題を。 2018年9月12日現在で、ひがし茶屋街に2カ所あった喫煙所がなくなりました。 以前は、浅野川沿いの東山河岸緑地と、三番丁への入口に位置する菅原神社に灰皿が置かれていたのですが、現在は2カ所とも撤去されています。 浅野川沿いの喫煙所については、タバコを吸わない人に煙がかかりそうな場 […]

  • 2018年4月14日
  • 2020年11月1日

ひがし茶屋街の「八しげ」から新花・紫乃さん

日展入選のアーティストが芸妓の道へ 2018年4月12日付の北國新聞に、ひがし茶屋街のお茶屋「八しげ」から新花さん(新人芸妓)がお披露目されるという記事が掲載されていました。 今回お座敷にデビューするのは、金沢市出身の篠塚美沙さん(27)です。芸妓名は紫乃で、お披露目の日は2018年4月24日(火)です。 紫乃さんは現代美術展や日展で入選を重ねてきたアーティストです。 金沢で生まれた紫乃さんは、茨 […]

  • 2018年3月10日
  • 2020年11月23日

ひがし茶屋街が3分でわかる画像集

和風のショッピングストリート 観光 名所 文化 施設 アク セス 楽し み方 ショ ップ 3分でわかる画像集シリーズ #4 北陸新幹線の開業によって、ひがし茶屋街を表現する枕詞も変わってきているように感じます。 かつての「ひがし茶屋街」は、歴史的な茶屋建築が残る文化遺産という位置付けでしたが、兼六園とともに金沢観光のツートップへと成長するにつれて、街の主役が伝統的建造物から若い女性に移っていきまし […]

  • 2017年12月25日
  • 2020年11月1日

卯辰山麓の3つの寺社で忍者の人形を設置

ひがし茶屋街の奥の宇多須神社と宝泉寺に設置 2017年12月24日付の北國新聞に、ひがし茶屋街に近い卯辰山麓の3つの寺社に忍者の人形が設置されるという記事が掲載されていました。 これは、国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に指定されている「卯辰山麓」に観光客を呼び込もうと、北陸大学の学生ベンチャー企業「サムライ金沢」が、3つの寺社に計7体の忍者やサムライの人形を設置するものです。 昨年(201 […]

  • 2017年9月27日
  • 2020年11月1日

ひがし茶屋街「春の家」から新花・あか利さん

10月にお披露目。介護職からの転身 2017年9月27日付の北國新聞に、ひがし茶屋街で新花さん(新人芸妓)がお披露目されるという記事が掲載されていました。 今年(2017年)の10月17日に、ひがし茶屋街の「春の家」からお披露目される新花さんは、鳥取県から移り住んだ原田香慧さん(25)で、あか利の源氏名でお座敷にデビューします。 東京で生まれたあか利さんは、1歳から11歳までは京都で育ち、きれいな […]

  • 2017年8月5日
  • 2020年11月23日

東山木町通りと観音通りは期待と余韻の道

東山木町通り (ひがしやまきまち) 観光 名所 文化 施設 アク セス 楽し み方 ショ ップ ひがし茶屋街の見どころ vol.7 21世紀を迎えて、兼六園とともに金沢の観光名所のツートップへと成長した「ひがし茶屋街」。 浅野川大橋から、ひがし茶屋街のメインストリートである二番丁へと至る間には、ご近所で暮らす人たちの生活の息吹きを感じる道があります。それが、東山木町通りと観音通りです。 東山木町通 […]

  • 2017年4月16日
  • 2020年11月23日

一番丁はひがし茶屋街で着物が最も似合う路地

一番丁 (いちばんちょう) 観光 名所 文化 施設 アク セス 楽し み方 ショ ップ ひがし茶屋街の見どころ vol.6 ひがし茶屋街は1820年(文政3年)に加賀藩から公許されて以来、加賀百万石の城下町を彩る茶屋街として金沢で最高の格式を誇ってきました。 20世紀まではここに旦那衆にとっての最先端の遊びがありました。21世紀の今日、ひがし茶屋街には若い女性たちの最先端の遊びがあります。 最先端 […]

  • 2017年2月25日
  • 2020年11月1日

ひがし茶屋街の無電柱化をさらに推進

一番丁と観音通りの2つの通りで着手 2017年2月25日付の北國新聞に「ひがし茶屋街 無電柱化」という見出しの記事が掲載されていました。 記事によると、金沢市ではひがし茶屋街の旧一番丁通りの210m(道幅2.1m程度)と、観音通りの420m(道幅4.5m程度)で、無電柱化工事の詳細設計に着手するとのことです。 北陸新幹線の開業を契機に観光客が増えており、街並みの景観の観点から電柱のない区域を拡大す […]