金沢21世紀美術館-垣根のない憩いのアート広場

観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ

金沢21世紀美術館 (通称:21美)

金沢の観光名所 #7

金沢で今世紀に入って誕生した観光スポットのひとつが、2004年10月にオープンした金沢21世紀美術館です。

現代アートを展示する美術館で、地元では「21美」の通称で親しまれています。

21美は兼六園の向い側にあった金沢大学付属小学校・中学校の跡地に建設された施設で、当初より市民の新たな憩いの場を創出することを目的として設計されました。

憩いのアート広場への入口

金沢で最も大きな繁華街の香林坊から、兼六園に向かって一直線に伸びる百万石通り(旧広坂通り)を歩いていくと、右手に金沢市役所があり、市役所の脇の道を入ると左手が金沢21世紀美術館です。

兼六園から21美に行かれる方は、真弓坂口から坂道を下って行くと広坂交差点の対角線上に21美の円形の建物が見えてきます。

館内図が美術館のロゴになっています

金沢21世紀美術館が3分でわかる画像集




“垣根なし&ガラス張り”でコンセプトを具現化

市民の新たな憩いの場を創出するという運営コンセプトのとおり、21美には他の美術館にはない開放的な雰囲気が漂っています。

開放的に感じる要因のひとつは敷地の周囲に垣根がないことです。

美術館や博物館の中には、敷地の周囲に垣根を巡らし、敷地に入る時点で有料となるミュージアムが見られますが、21美には垣根がなく、来場者は3方向から街角の公園に立ち寄るような感覚で敷地に入ることができます。

金沢21世紀美術館は「垣根のない憩いのアート広場」です。

屋外展示作品と道路の間に垣根がありません

金沢21世紀美術館の見どころ vol.5
21美の合言葉「いつでもどこでも何度でも」

オープン当初は地元で評判が悪かった
今でこそ、国内有数の人気美術館となった21美ですが、2004年のオープン当初は、街の真ん中に変なものを作るな!という声が多く寄せられました。前館長の秋元雄史氏の回顧録が「金沢21世紀美術館の嫌われぶりにおどろく」というコーナーから始まっているほどです。
21美の成長とともに金沢暮らす人たちの意識も変わっていきました。

21美のもう一つの愛称は “まるびぃ”

この美術館が開放的に感じる要因として、円形の360°ガラス張りという外観が挙げられるでしょう。この独創的な外観は、2004年のベネツィア・ビエンナーレ建築部門で金獅子賞に輝きました。

360°ガラス張りということは建物の中が見えるということですが、金沢21世紀美術館は無料で見学できるスペースが多いことが特徴です。

入館料が必要なのは館内の展覧会ゾーンのみで、建物の外側だけではなく、館内のミュージアムショップ、カフェ&レストラン、トイレ、ガラス張りのエレベーターなどの施設も入館料を払うことなく利用できます。

無料ゾーンのラビットチェアは女性に大人気

金沢21世紀美術館の見どころ vol.3
アート感覚と利便性がマッチした21美の館内

21美といえば夏も冬もプールです

金沢21世紀美術館で1番人気の作品は『レアンドロのプール』です。正式な作品名は『スイミング・プール』と言いますが、金沢の人たちの間では『レアンドロのプール』の呼び名が定着しています。

プールを上から覗き込むと、水の下に人がいるという斬新なアイデアが受けています。水の下では、来館者がいかにも水中にいるようなポーズで写真撮影をしています。そして、プールの上と下で来館者同士が手を振り合っています。

なお、『レアンドロのプール』は有料ゾーンです。

『レアンドロのプール』は21美の1番人気

金沢21世紀美術館の見どころ vol.1
21美の楽しさのシンボル『レアンドロのプール』



展覧会への入館料金などについて

観覧料金は展覧会によって異なります。

『レアンドロのプール』を下から眺めることができる料金という基準でお知らせしますと、プールがコレクション展のエリアに入っている時は、一般が450円、大学生が310円、65歳以上が360円で、小・中・高校生は無料です。

一方で、残念ながらプールが特別展のエリアに入っている時は、特別展の料金となります。特別展の料金は展覧会によって異なりますが、1,200円が平均的な料金です。

『レアンドロのプール』は展示室6から地下へと降りていきます。

金沢観光で『レアンドロのプール』の優先順位が高い方は、21美の公式サイトで、展示室6がコレクション展なのか特別展なのかを確認しておくといいでしょう。

なお、開館時間は展覧会ゾーンが午前10時から午後6時で、金曜日と土曜日は午後8時までオープンしています。

休館日は毎週月曜日で、月曜日が祝日の場合は翌平日が休館日になります。ただ有り難いことに、たまたま運悪く休館日に訪れた場合でも、建物の中には入ることができ館内のトイレも利用可能です。

休館日も建物内に入ることができます

金沢21世紀美術館の見どころ vol.2
21美のコンセプトを表した恒久展示作品

斬新な展示作品はまさにインスタ映え

多くの美術館では写真撮影は一切禁止という施設が多いのですが、21美では恒久展示作品はすべて撮影可能です。また、展示室の作品についても撮影okの展示室が時折見られます。

21美の敷地内には茶室があります。松涛庵(しょうとうあん)と名付けられた茶室で、貸し切りで使用されている時以外は一般公開されています。

茶室「松涛庵」
金沢21世紀美術館の利用案内
入館料
コレクション展  一般=450円、大学生=310円、小中高生=無料、65歳以上=360円
特別展  一般=1,200円~ ※特別展の料金は展覧会によって異なります
開館時間
交流ゾーン  午前9時~午後10時 ※各施設の開室時間はそれぞれ異なります
展覧会ゾーン 午前10時~午後6時 ※金・土曜日は午後8時まで
休館日
毎週月曜日 ※月曜日が祝日の場合は翌平日
金沢21世紀美術館ホームページ

NEXT – 21美の楽しさのシンボル『レアンドロのプール』

Kanazawa 21century museum
金沢21世紀美術館
金沢21世紀美術館が3分でわかる画像集

金沢の主要な観光名所は8つ
兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場
21美への行き方を知りたい方へ
概要 | 金沢駅から | 近江町市場から | 兼六園から | 金沢城公園から | ひがし茶屋街から | 主計町茶屋街から | 長町武家屋敷跡から | にし茶屋街から

金沢21世紀美術館の周辺にある「お立ち寄り」スポット
兼六園 | 金沢城公園金沢能楽美術館 | 石川四高記念文化交流館 | 金沢ふるさと偉人館 | 金沢市立中村記念美術館 | 鈴木大拙館

金沢観光のMENUをどうぞ
このサイトのHOMEへ

金沢について効率的に調べたい方へ

地図を見て予定を立てたい方へ金沢観光マップ
知りたい情報からご覧ください
観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ
あなただけの観光プランを満喫金沢観光ガイド


金沢を観光してみたいかも」