CATEGORY

兼六園コーナー

  • 2020年3月27日
  • 2020年11月22日

兼六園の観桜期無料開園は3/30~4/5

金沢ではお花見の準備が整いました 2020.3.27掲載 今年の3月下旬の金沢は、長町武家屋敷跡の土塀から薦が、兼六園の松から雪吊りが外され、記録的な暖冬でほとんど雪が降らないまま春を迎えようとしています。 いよいよ桜の季節です。兼六園、旧広坂通り、ひがし茶屋街、主計町茶屋街などでは季節の風物詩である「ぼんぼり」が設置され、お花見の準備が整いました。そして、3月26日(木)に桜の開花宣言が出されま […]

  • 2020年1月18日
  • 2020年11月22日

兼六園への外国人観光客が7年連続最多

ラグビーW杯への出場国が増加 2020年1月16日付の北國新聞に、2019年に兼六園を訪れた外国人観光客数の記事が掲載されていました。 記事によると、昨年1年間で兼六園を訪れた外国人観光客は47万5,020人で、前年比10.9%の増加となり、政府が1月10日に発表した日本全体での伸び率(2.2%)を上回りました。 国・地域別でみると、最も多かったのは台湾で、16万4,325人が訪れました。次いで中 […]

  • 2019年1月18日
  • 2020年11月22日

2018年の兼六園の外国人入園者は42万人

初の40万人台。6年連続で過去最多を更新 2019年1月17日付の北國新聞に、2018年に兼六園を訪れた外国人観光客数の記事が掲載されていました。 記事によると、昨年の兼六園への外国人入園者数は428,504人で、初めて40万人を突破し、6年連続で過去最多を更新しました。 訪日旅行がブームの中国や欧米の増加が目立ち、全体の伸び率は前年比13.0%増と2年ぶりに2ケタ台となりました。 兼六園に入園す […]

  • 2018年4月6日
  • 2020年11月22日

金沢のお花見2018(兼六園・金沢城ライトアップ)

観光で訪れた方には幸運のライトアップ 2018.4.6掲載 観光客の方にとって、この日に金沢を訪れたことがラッキーだと思えるのは、兼六園と金沢城のライトアップの日でしょう。 兼六園では、以前から桜が見頃を迎える1週間を無料開放しています。そして、終日無料開放の金沢城公園と合わせてライトアップが行なわれます。 どの1週間を無料にするかは、その年の開花日に合わせるため直前にならないと決定されません。2 […]

  • 2018年4月5日
  • 2020年11月22日

金沢のお花見2018(兼六園・金沢城公園)

今年はあっという間に満開になりました 2018.4.5掲載 全国各地で例年よりも桜の満開が早いことが話題になっていますね。 3月29日(木)の午前中に桜の開花宣言があった金沢では、20度を超える暖かい日が続いたことから、4月3日(火)には満開になりました。そして、この原稿を書いている4月5日の時点では散り始めています。 少しタイミングが遅くなりましたが、今年の金沢のお花見を何回かに分けてお伝えいた […]

  • 2018年3月29日
  • 2020年11月22日

兼六園は観桜期の3/31~4/8が無料開放

金沢で最高のお花見スポットは兼六園周辺 2018.3.29掲載 今年の冬の金沢は何年かに一度の大雪に見舞われ、金沢では珍しく氷点下の日が何日も続きました。 街中が銀世界で覆われていた頃は、桜の開花が例年よりも遅くなるのではないかと思われていましたが、3月に入ってから暖かい日が続いたことから、太平洋側と同じく例年よりも早い開花になりました。 本日、3月29日の午前中に金沢で開花宣言が出ました。平年に […]

  • 2018年3月9日
  • 2020年11月22日

兼六園が3分でわかる画像集

日本三名園のひとつ・兼六園 観光 名所 文化 施設 アク セス 楽し み方 ショ ップ 3分でわかる画像集シリーズ #2 日本三名園のひとつに数えられる兼六園は、昔も今も金沢で一番の観光名所です。 この日本庭園は、元々お城を守る砦として造成されたこともあって、意外と起伏があり砂利道で歩きにくくなっていますので、女性の方は歩きやすい靴で行かれることをお奨めします。 兼六園がテレビで紹介される際には、 […]

  • 2018年2月15日
  • 2020年11月22日

前田家の奥方御殿・成巽閣庭園を保存活用

成巽閣庭園では灯籠など劣化が進行 2018年2月14日付の北國新聞に、金沢市が国の指定名勝・成巽閣庭園の保存活用に乗り出し、庭園保存検討委員会が初めて開かれたという記事が掲載されていました。 記事によると、保存活用計画は、2017年2月に中庭と前庭が国の名勝に指定されたのを受け、歴史ある資産を次世代に継承しようというものです。 成巽閣は1863年(文久3年)に、13代加賀藩主の前田斉泰によって義理 […]

  • 2017年12月13日
  • 2020年11月22日

兼六園の外国人来園者数が35万人を突破

過去最多の来園者数も伸び率は鈍化傾向 2017年12月12日付の北國新聞に、兼六園の外国人観光客数に関する記事が掲載されていました。 記事によると、2017年1月~11月に兼六園を訪れた外国人観光客が、前年同期比で6.2%増の35万7,231人となり、2016年に続いて35万人を突破しました。年間では37万人を超え、5年連続で過去最多を更新する見通しだとのことです。 来園者数でみると、前年同期と比 […]

  • 2017年3月11日
  • 2020年11月22日

兼六園の2016年の入園者数が296万人

北陸新幹線の開業1年目の入園者数を上回る 2017年3月11日付の北國新聞に、兼六園の2016年の入園者数が掲載されていました。 石川県が発表した兼六園の2016年の入園者数は、前年比2.6%増の296万人でした。記事は女性記者のリポートのような文体で展開されており「開業1年目をさらに上回るって、ちょっと驚きですよね?」という軽いタッチで紹介されていました。 今の季節にしては好天に恵まれた3月5日 […]