「金沢城公園は空き地ばかり」と堂々と言えます

今では海外からも多くの旅行者が訪れるようになった観光都市・金沢。

金沢は “加賀百万石の城下町” と形容され、江戸時代の初期から存在した旧い街ですが、意外にも観光地として大きく発展したのは21世紀に入ってからです。

まず、2001年3月に金沢城公園の「菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓」が復元され、同年11月には、「東山ひがし」が京都の祇園に次いで国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に指定され、観光名所へと舵を切りました。

ひがし茶屋街

金沢21世紀美術館のオープンは2004年で、翌2005年には金沢駅の東口に「鼓門」と「もてなしドーム」がお披露目されました。そして、鼓門の竣工からちょうど10年後の2015年3月に北陸新幹線が開通しました。

新幹線の開通から2年以上が経過した金沢は、おかげさまで「最も長く新幹線効果が続いた街」と言われるほど、飛躍的に観光で訪れる方が増えました。

金沢21世紀美術館

金沢の強みは、城下町であるにもかかわらず「金沢城」が観光の主役ではないことです。

今の金沢では兼六園とひがし茶屋街が観光名所のツートップで、その後に金沢21世紀美術館と近江町市場が続きます。金沢城公園は第2グループ以降に位置付けられています。

金沢城公園は1994年まで金沢大学のキャンパスが置かれていました。このことから、かつて大学の校舎があった場所の多くが、二の丸広場、三の丸広場、新丸広場などと名付けられた空き地になっています。

二の丸広場

実際に観光客の方からは「金沢城って空き地ばかりね」と言われることもあります。

金沢城が金沢観光の主役であれば反論もしたくなるのですが、お城が街の主役ではないことに安心感があるのか、金沢の人たちも「本当に何もなくてお恥ずかしいです」と返答します。

他の城下町の方には申し訳ないのですが、お城というのは基本的には景色を眺めるだけで、ウキウキするような楽しさはないですよね。景色を眺めるだけであれば一度だけ訪れれば十分です。

その意味では、お城以外の観光名所で勝負できるのは、金沢にとっての強みだと言えるのではないでしょうか。

二の丸広場から眺める新丸広場

金沢城に金沢大学が置かれたことは幸運でした

1994年に郊外へ移転するまで、金沢大学のキャンパスは金沢城内に置かれていました。重要文化財の三十間長屋を、金沢大学の学生しか見ることができないことに疑問を抱いた人もいたことと思います。

私も「金沢大学の学生だけが石川門の奥に入れるのはおかしい」と思っていました。しかし、今にして思うと、結果的には1990年代まで手付かずのままだったことは幸運でした。

もし、戦後すぐに金沢城が一般公開されていたら、石川県と金沢市では何が何でも早期に復元しようとしたことでしょう。ひょっとすると、コンクリート造りで復元したかもしれませんね。

また、藩主の住居だった「二の丸御殿」を史実を無視して建てたこともあり得ますし、絵図などの資料がほとんど残っていない天守閣までも、無理やり再建しようとしたかもしれません。

1980年代後半のバブル景気が崩壊して、日本人の中に本物志向の意識が醸成されてきた時代に石川県の所有となったことで、金沢城は、結果的に歴史を忠実に再現するお城として高い評価を受けるようになりました。

極楽橋と三十間長屋(二の丸広場から)

21世紀の金沢は運の良い街だと思います

金沢は運の良い街だと思います。北陸新幹線の開業前日の金沢は、みぞれ交じりの猛烈な嵐でしたが、開業日の2015年3月14日は朝から快晴になりました。そして、その後も不思議と週末だけは良いお天気が続きました。

これ以外にも、例えば、金沢駅は米国の旅行雑誌の『トラベル&レジャー』で、世界で最も美しい駅のひとつに選ばれました。日本の駅で選ばれたのは金沢駅だけでした。

金沢駅

この調査が行われたのは2011年のことです。翌2012年には、東京駅の赤レンガの駅舎が3階建てとなってリニューアルオープンしています。

もし、トラベル&レジャー誌の調査が2年遅ければ、日本から選ばれていたのは東京駅だったかもしれません。

江戸時代には、江戸、大坂、京に次いで全国で4番目の大都会だった金沢は、1868年の明治維新以降の150年間は凋落の一途をたどってきましたが、良い方に考えれば、だからこそ旧い建物が残ったとも言えるでしょう。

明治時代には銀行だった尾張町の町民文化館

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間

金沢について