ウサギの椅子にエレベーター。21美の館内はアート感覚

金沢21世紀美術館の見どころ#3

金沢21世紀美術館(通称:21美)での過ごし方にルールはありません。現代アートがお好きな方は、一つひとつの作品をじっくりと鑑賞したいことでしょう。一方で、お時間に余裕のない方は、展示作品をひと通り見て回るだけかもしれません。

もちろん、展示作品を見なければいけないということもありません。館内の至る所に設置されている椅子に座って、手荷物を整理したり、少し休憩されるのもいいでしょう。

金沢21世紀美術館は “憩いのアート広場” です。アートそのものにはそれほど興味がないという方でも、館内で随所に見られるアート感覚と利便性は十分に感じ取っていただけるのではないでしょうか。

カフェ&レストランは午後8時まで営業

金沢21世紀美術館が3分でわかる画像集



建物の中にも無料で入れます

全国の美術館の中には、敷地に入る時点で有料となる施設も見られますが、21美の敷地へは無料で入ることができます。そして、敷地だけではなく館内へ入るのも無料です。

21美で有料となるのは館内の中心部にある展覧会ゾーンだけです。

兼六園から広坂交差点を渡って21美へ来られた方は、ガラス窓越しにお洒落なカフェ&レストランが目に入るかと思います。カフェ&レストランも、ミュージアムショップも無料ゾーンに設けられています。

ミュージアムショップでは、現代アート関連の書籍が揃っている他、ハンカチ・Tシャツ・トートバッグ・アクセサリーなどのファッションアイテム、置物・封筒・スプーンなどの雑貨、さらにはスイーツなどが販売されています。

ミュージアムショップ

お客様は1日1組限定です
金沢旅行での観光ガイドを承ります



トイレは地下が空いています

館内の無料ゾーンではトイレが3カ所に設けられています。1階に2カ所、地下に1カ所です。

1階のカフェ&レストランとミュージアムショップに近い女子トイレは、たびたび長蛇の列ができてしまいますので、そのような場合は地下のトイレを利用されるといいでしょう。

地下へ行かれる際には、全面ガラス張りのエレベーターを利用されるのもお奨めです。ガラス張りのエレベーター自体は珍しいものではなくなりましたが、油圧で動く21美のエレベーターはゆっくりと動き出すのが特徴です。

1階と地下を結ぶエレベーター

金沢21世紀美術館の見どころ#5

無料ゾーンの1番人気はウサギの椅子

館内には至るところに椅子やソファが設置されています。

その中でも、若い女性たちがSNSに投稿することが増えているのが、ウサギの耳をモチーフした椅子(ラビットチェア)です。ラビットチェアは柿木畠口(南口)と市役所口(西口)の中間にあります。

また、正面入り口の本多通り口(東口)を入ってすぐ左手には透明の椅子が並べられていますし、館内の中心部の市民ギャラリーには、壁画とマッチしたカラフルなロッキングチェアが置かれています。

若い人たちの人気スポット・ラビットチェア

子連れの方には嬉しい託児所

手荷物の多い方は館内のコインロッカーに荷物を預けて、起伏の多い兼六園や金沢城公園を見学してくることも可能です。コインロッカーの前には手荷物を整理しやすいようにソファが置かれています。

21美の施設の中でも、必要な方には大助かりという施設が託児所です。子供はどうしても展示作品を触ってしまいますし、泣いてしまうこともありますよね。お母さんが展覧会を見ている間、お子様を見ていてあげましょうというサービスです。

なお、託児対象年齢は3ヶ月から未就学児までで、ご利用の際には事前の予約が必要となります。

コインロッカーとソファー

金沢は都市型テーマパーク!

トップページの観光メニューへ

お客様だけの観光プランで
金沢旅行での観光ガイドを承ります



休館日でも館内に入ることができます

金沢21世紀美術館は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は最初の平日)が休館日です。ただし、休館日でも館内には入ることができます。

展示室の中に入ることはできませんし、ミュージアムショップやカフェ&レストランも閉まっていますが、ラビットチェアに座ることもできますし、トイレを利用することもできます。

また、入場券売り場付近からガラス越しに『スイミング・プール』を眺めることもできます。

ちなみに、このページに掲載している写真は全て休館日に撮影したものです。休館日でもこの程度までなら見学することができますので、どうぞ参考にしてください。

休館日でも遠目にレアンドロのプールが見れます
チケット売り場

金沢21世紀美術館への行き方

金沢の地図が表示されない時は「リロード↺」

NEXT - 屋外でも楽しめる21美のアート空間

金沢21世紀美術館の関連ページ

金沢21世紀美術館の見どころ

金沢21世紀美術館への行き方


金沢21世紀美術館の周辺スポット

金沢21世紀美術館から他の観光名所へ

主要な観光名所は8つ+金沢駅

金沢旅行の予備知識 #7
何事もスローな-金沢タイム-にイライラしないこと



ご旅行前に知りたい情報は?

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は800円です。路線バスの210円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

このサイトのトップページへ

金沢観光の-MENU-になります

時間を買う感覚でご活用を
金沢旅行での観光ガイドを承ります



2017年5月28日