Kanazawa-21Century-Museum*3
(Inhouse)

白を基調とした館内にはちょっとした遊び心も

金沢21世紀美術館(通称:21美)での過ごし方にルールはありません。

現代アートがお好きな方は、一つひとつの作品をじっくりと鑑賞したいことでしょう。一方で、お時間に余裕のない方は、展示作品をひと通り見て回るだけかもしれませんね。

もちろん、展示作品を見なければいけないということもありません。館内の至る所に設置されている椅子に座って、手荷物を整理したり、少し休憩されるのもいいでしょう。

金沢21世紀美術館は “憩いの場” です。

アートそのものにはそれほど興味がないという方でも、館内で随所に見られるアート感覚と利便性は十分に感じ取っていただけるのではないでしょうか。

カフェ&レストラン

全国の美術館の中には、敷地に入る時点で有料となる施設も見られますが、21美の敷地へは無料で入ることができます。そして、敷地だけではなく館内へも無料で気軽に入っていくことができます。

21美で有料となるのは館内の中心部にある展覧会ゾーンだけです。

兼六園から広坂交差点を渡って21美へ来られた方は、ガラス窓越しにお洒落なカフェ&レストランが目に入るかと思いますが、カフェ&レストランも、ミュージアムショップも無料ゾーンに設けられています。

ミュージアムショップでは、現代アート関連の書籍が揃っている他、ハンカチ・Tシャツ・トートバッグ・アクセサリーなどのファッションアイテム、置物・封筒・ティースプーンなどの雑貨、さらにはスイーツなどが販売されています。

ミュージアムショップ

ガラス張りのエレベーターにウサギの椅子

館内の無料ゾーンではトイレが3カ所に設けられています。1階に2カ所、地下に1カ所です。

1階のカフェ&レストランとミュージアムショップに近い女子トイレは、たびたび長蛇の列ができてしまいますので、そのような場合は地下のトイレを利用されるといいでしょう。

地下へ行かれる際には、全面ガラス張りのエレベーターを利用されるのもお奨めです。ガラス張りのエレベーター自体は珍しいものではなくなりましたが、21美のエレベーターはゆっくりと動き出すのが特徴です。

1階と地下を結ぶエレベーター

館内には至るところに椅子やソファが設置されています。

その中でも、最近、若い女性たちがSNSに投稿することが増えているのが、ウサギの耳をモチーフした椅子(ラビットチェア/トップ写真)です。ラビットチェアは柿木畠口(南口)と市役所口(西口)の中間に置かれています。

また、正面入り口の本多通り口(東口)を入ってすぐ左手には透明の椅子が並べられていますし、館内の中心部の市民ギャラリーには、壁画とマッチしたカラフルなデザインの椅子が置かれています。

至るところに休憩用のいすが置かれています

手荷物の多い方は館内のコインロッカーに荷物を預けて、起伏の多い兼六園や金沢城公園を見学してくることも可能です。コインロッカーの前には手荷物を整理しやすいようにソファが置かれています。

21美の施設の中でも、必要な方には大助かりという施設が託児所です。

子供はどうしても展示作品を触りたがりますし、泣いてしまうこともありますから、小さなお子様連れの方は、託児所にお子さんを預けて展覧会をご覧になるのもお薦めです。

なお、託児対象年齢は3ヶ月から未就学児までで、ご利用の際には事前の予約が必要となります。

コインロッカーとソファー

休館日に訪れた場合でも館内に入ることができます

金沢21世紀美術館は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は最初の平日)が休館日です。ただし、休館日でも館内には入ることができます。

展示室の中に入ることはできませんし、ミュージアムショップやカフェ&レストランも閉まっていますが、ラビットチェアに座ることもできますし、トイレを利用することもできます。

また、入場券売り場付近からガラス越しに『レアンドロのプール』を眺めることもできます。

休館日でもレアンドロのプールを見ることはできます

ちなみに、このページに掲載している写真は全て休館日に撮影したものです。休館日でもこの程度までなら見学することができますので、どうぞ参考にしてください。

また、アート作品自体にはそれほど興味はないのだけれど、金沢21世紀美術館がどういうところなのか見てみたいという方でしたら、休館日でも十分に満足されることと思います。

来館者のまどろみの場『市民ギャラリー』

金沢21世紀美術館への行き方


金沢21世紀美術館の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

兼六園 | 金沢城公園金沢能楽美術館 | 石川四高記念文化交流館 | 金沢ふるさと偉人館 | 金沢市立中村記念美術館 | 鈴木大拙館


Kanazawa-21Century-Museum
News

金沢21世紀美術館は垣根のない憩いのアート広場