21美の楽しさのシンボル『レアンドロのプール』

金沢21世紀美術館の見どころ#1

2004年に現代アートの美術館としてオープンした金沢21世紀美術館。地元では “21美” や “まるびぃ” の愛称で親しまれています。

21美では、館内と屋外に合計10作の恒久展示作品が展示されています。その中で全国的に最も知られている『レアンドロのプール』は、市民の憩いの場である21美の楽しさのシンボルです。

『レアンドロのプール』の作者・レアンドロ・エルリッヒは1973年生まれ。アルゼンチンのブエノスアイレスを拠点に活躍するアーティストで、プールの水の下に人がいるという独創的なアイデアは、オープン当初から話題を集めました。

正式名称は『スイミング・プール』

この作品は『スイミング・プール』が正式名称ですが、係員が来館者に説明する際や、館内の案内表示では『レアンドロのプール』という呼び名を使用しています。

『レアンドロのプール』は、はじめて21美を訪れる方にもすぐ分かる位置にあります。正面玄関(本多通り口/東口)を入ると入場券売り場があり、その先にあるガラスで囲まれた屋外展示空間(光庭)が『レアンドロのプール』です。

プールの大きさは、幅402cm×奥行697cm×高さ280cmです。

正面玄関を入ると、すぐ目の前にプールが見えます

永遠に見知らぬ者同士の触れ合い

『レアンドロのプール』の楽しさのひとつが、水面を挟んでの来館者同士の触れ合いです。

水の揺らぎで、上から見下ろす人と、下から見上げる人のお互いの顔がぼやけてしまうことで恥ずかしさがなくなるのでしょうか、上から手を振ると、下からも手を振り返してくれます。

手を振られると思わず振り返してしまいます

お互いの顔が不明瞭な状態で手を振り合うということは、どこかですれ違っても気付かないこともあるわけです。永遠に見知らぬ者同士の水越しの触れ合い。恋愛小説の題材になりそうなくらいロマンチックですね。

水の揺らぎが恥ずかしさを取り除きます

金沢21世紀美術館が3分でわかる画像集




撮影のベストポーズは手すりに掴まって

『レアンドロのプール』の下に降りると、ブルーの壁には風に揺れる水の影が映り、本当に水の中にいるような感覚がします。太陽が高い時間帯には、壁に映し出される陽光と日影とのコントラストがとても綺麗です。

有料ゾーンとなっているプール下は金沢でも有数の撮影スポットで、同行者と交互に写真を撮り合う姿が見られます。

この場所では、プールサイドへと上がる設定の “手すり” が貴重な小道具の役割を果たしています。手すりに手を掛けて、水の上に上がるポーズでカメラに収まるのが一番人気のポーズで、頑張ってハシゴ部分に足を掛けようとする人もいます。

一番人気のポーズは “手すりに手をかける”

また、飛び上がった瞬間にシャッターを切って水中に浮いているポーズを取る人も見られるなど、被写体となる人たちの思い思いのポーズを見ているだけでも楽しくなります。

近年の金沢では、ひがし茶屋街や兼六園などの観光名所で着物姿での写真撮影が大人気ですが、『レアンドロのプール』だけは洋服の方が撮影しやすいかもしれませんね。

夜のプールは幻想的です

金沢観光の-MENU-になります

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



プールをとことん楽しむ「時間差撮影」

21美の利便性のひとつが、その日であれば何度でも出たり入ったりできることです。

このことから、プールの下にいる同行者を、プールの上から撮影するというように、プールの上と下の役割をチェンジしながら写真を撮り合うことも可能です。

また、午前中に訪れた時は曇りで、午後から晴れ間が広がったという時には、青空の『レアンドロのプール』を撮影するために再入場するのもokですし、日没の早い季節には昼のプールと夜のプールを撮影するのもお奨めです。

夕暮れ時のプールに映る灯りが哀愁を漂わせます

料金は「展示室6」の展覧会料金

『レアンドロのプール』を楽しむ際の料金は、その時に開催されている展覧会によって違います。プールへの入口となっている「展示室6」を使用している展覧会の料金が適応されることになります。

21美の展覧会は「コレクション展」と「特別展」に分かれますが、コレクション展が展示室6を使用している時は、一般が450円、大学生が310円、65歳以上が360円で、小・中・高校生は無料です。

一方、展示室6が特別展で使われている時は特別展の料金となります。料金は特別展によって違いますが、少なくとも1,200円はかかります。

『レアンドロのプール』を金沢観光のスケジュールに入れている方は、21美の公式サイトで、展示室6がコレクション展なのか特別展なのかを確認しておくといいでしょう。

休館日でもこのアングルで見ることができます

金沢の地図が表示されない時は「リロード↺」

NEXT - 21美のコンセプトを表した恒久展示作品


金沢21世紀美術館コーナーTOP

金沢21世紀美術館の見どころ

金沢21世紀美術館への行き方

金沢21世紀美術館の周辺スポット
金沢能楽美術館 | 石浦神社 | 兼六園 | しいのき迎賓館 | 金沢城公園 | 中村記念美術館 | 鈴木大拙館 | 柿木畠


金沢21世紀美術館から他の観光名所へ
兼六園へ | 金沢城公園へ | <長町武家屋敷跡へ | ひがし茶屋街(主計町)へ | 近江町市場へ | にし茶屋街へ

主要な観光名所は8つ+金沢駅
金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場

金沢21世紀美術館が3分でわかる画像集

金沢21世紀美術館-topics-

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもhome

金沢旅行での観光ガイドを承ります



© 2021 金沢を観光してみたいかも Powered by AFFINGER5