21century-work2

Kanazawa-21Century-Museum*4
(Modern Art)

クリエイティビティを刺激する作品の数々

金沢21世紀美術館(通称:21美)は現代アートの作品を展示している美術館で、画家や彫刻家という肩書ではなく、アーティストと呼ばれる人たちの作品が集められています。

まず、円形の建物自体が現代アートの作品のようです。

美術館の建物は妹島和世さんと西沢立衛さんによるユニット『SANAA』によって設計されました。2001年10月の設計完了当時、妹島さんは44歳、西沢さんは35歳という若さでした。そして、21美は2004年のベネツィア・ビエンナーレ金獅子賞に輝きました。

21美は建物自体がアートです

21美は建物自体がアートです

360°に張り巡らされたガラスには芝生と木々の緑が映し出され、建物の上部に彩られた白壁が青空に映えています。21美の敷地には、これまでの美術館に見られた独特の “堅苦しさ” はありません。

また、21美の建物の周囲を歩いていると、子供たちの遊び道具のようなアート作品を目にします。実際に、多くの子供たちが作品と楽しそうに遊んでいます。

また、子供たちと同じように、観光で訪れる若い人たちも屋外展示されているアート作品を楽しんでくれています。

2016年にお目見えしたばかりのオブジェ『まる』

21美は無料スペースでも十分に楽しめます

金沢21世紀美術館では、建物の外にも現代アートの作品が点在しています。芝生の上には子供たちが遊べるジャングルジムのような作品がある他、大人でも楽しめる参加型の作品や、オブジェのようなベンチが置かれています。

このページでは、建物の外に屋外展示されている作品をご紹介します。


1. カラー・アクティヴィティ・ハウス(オラファー・エリアソン作)

色の三原色であるシアン(青)、マゼンタ(赤)、イエロー(黄)の丸みを帯びたガラスが渦巻き状になった作品です。赤と青を合わせると紫に、青と黄なら緑に、黄と赤でオレンジになる色の掛け合わせを実体験できます。

この作品の面白いところは、渦巻きの中に入ると自分の姿が太って見えることで、女の子たちが「わっ、おでぶちゃん」と笑い合っている姿が見られます。

赤と黄を合わせるとオレンジに

赤と黄を合わせるとオレンジに


2. アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3(フローリアン・クラール作)

芝生の上に点在する楽器のチューバーのような形をした12個の筒は、どれかがどれかと繋がっており、繋がっている筒同士で相手の声が聞こえるようになっています。

どれとどれが繋がっているのかを探し出すために、建物の周囲では筒に顔を突っ込んでいる姿を至る所で目にします。子供連れの方とともに、海外から訪れる方も興味津々のようです。

どれかがどれかと繋がっています

どれかがどれかと繋がっています


3. ラッピング(LAR/フェルナンド・ロメロ作)

子供向けのジャングルジムをモチーフしたアート作品です。週末になると、小さな子供たちがオブジェの中で遊ぶ姿を、お父さんやお母さんがカメラに収めているシーンをよく目にします。

休日には子供たちの姿が多く見られます

休日には子供たちの姿が多く見られます


4. 球体のパビリオン「まる」(SANAA作)

2016年11月にお目見えした新しいオブジェです。ステンレスの球体に映る風景が、一つひとつ微妙に違うところがこの作品の面白さです。

また、この作品は球体の裏側にも面白さがあります。オブジェの中に潜り込むと、球体の凹の部分にはアート感覚に満たされた光景が映し出されています。

作品の裏側にはアートフルな風景が

ひとつだけ不満が。まだまだ爆発していない

金沢21世紀美術館は、各企業・団体やインターネットサイトが行なっている人気ランキングでトップ10に入っていますので、まずは成功と言えるでしょう。

先日、21美で観光客の方が「ここは美術館というよりもお散歩コースなのね」と言っているのを耳にしました。

確かに “美術館” だと思って来られた方には物足りないかもしれませんね。しかし、私は美術という高い垣根を取り払い、アートという名の親しみやすさで市民の憩いの場を創出する、というコンセプトは間違っていないと思います。

ただし、私にはひとつだけ不満があります。それは、まだまだ爆発力が足りないと感じることです。

面白いと思われるかどうかが作品への評価となる現代アートにおいて、金沢21世紀美術館に展示されている作品は “面白い” 作品が揃っているとは思うのですが、もうひと押し足りないような気がします。

世の中には才能のある若手アーティストがまだまだいるはずですし、ダイヤモンドの原石のような人材がいるはずです。

「何なの、これ!?」と思われるような作品をどれだけ集めることができるのか、また、煌く才能をどれだけ発掘することができるのかということが、これからの金沢21世紀美術館の課題だと思います。

オブジェのようなベンチ

オブジェのようなベンチ

金沢21世紀美術館への行き方

金沢21世紀美術館ホームページ(恒久展示作品)



金沢21世紀美術館の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

兼六園 | 金沢城公園金沢能楽美術館 | 石川四高記念文化交流館 | 金沢ふるさと偉人館 | 金沢市立中村記念美術館 | 鈴木大拙館


Kanazawa-21Century-Museum
News

金沢21世紀美術館は垣根のない憩いのアート広場