fm-omicho4

to Kazuemachi-Chayagai*2
(from Omicho-Market)

近江町市場と主計町茶屋街との位置関係

omicho-kazue

旧い建物のある街並みを10分間のお散歩

主計町茶屋街へは近江町市場からもすぐ近くで、距離にして約700m、徒歩10分ほどで到着します。

行き方は、まず近江町市場の市姫神社口を出て、百万石通り(旧尾張町大通り)を右手に行き、橋場交差点を目指してください。

近江町市場のある武蔵交差点と橋場交差点の間に位置するのが尾張町です。

尾張町は加賀藩主・前田家のルーツである尾張から移住してきた商人が多く暮らした町で、百万石通りの中でも伝統的建造物が多く残されているエリアです。

築100年以上の木造家屋の商家では、今も老舗として創業時と同じ商いを営んでいるお店も見られます。

藩政期から明治時代にかけては、旧尾張町大通りが金沢の中心でした。色々と調べてみると、旧制金沢第四高等学校の校舎が香林坊の隣町に置かれたことが要因となって、次第に金沢の中心地が金沢城の反対側へと移っていったのだそうです。

別の見方をすると、尾張町界隈で現在も創業時の商いを続けている老舗は、この街が金沢の商業の中心だった頃に創業して成功を収めたわけですから、伝統的なカテゴリーでは本物のクオリティを有していると言えるでしょう。

百万石通り(旧尾張町大通り)は風情のある通りです

百万石通り(旧尾張町大通り)は風情のある通りです

はじめての方は橋場交差点からがお奨めです

近江町市場を出ると、博労町、尾張町、橋場と交差点が続きます。はじめて金沢を訪れる方は、少しだけ遠回りになりますが、百万石通りが突き当たる橋場交差点のT字路まで行かれるのが分かりやすいでしょう。

橋場交差点は、石川県の道路の起点となる「石川縣里程元標」の石碑が置かれている交差点です。主計町へは道路元標の石碑の前にある横断歩道を渡り、T字路の交差点を左に入ります。

写真の信号を渡って橋場交差点を左に行きます

写真の信号を渡って橋場交差点を左に行きます

橋場交差点を左に曲がると、前方に浅野川大橋が見えてきます。ひがし茶屋街へは浅野川大橋を渡って右手に行くのですが、主計町茶屋街は浅野川大橋の手前に位置しています。

浅野川大橋の袂まで行くと、橋の左手に「主計町料理料亭街」と記された案内板がありますので、案内板に向かって短い坂道を下って行くと主計町茶屋街の表通りです。

川沿いの道には茶屋建築の建物が並び花街の風情を醸し出しています。

浅野川大橋の脇の道を下ると主計町茶屋街です

浅野川大橋の脇の道を下ると主計町茶屋街です

博労町交差点から新町・鏡花通りへ

近江町市場から主計町茶屋街へは、途中から百万石通りと並行して走っている裏道へ入ると、若干ですが距離を短縮できます。

裏道へと入る目印は、近江町市場を出て最初の信号である「博労町」の交差点です。十字路を左に入り最初の路地を右に行きます。

博労町の交差点から路地に入ると老舗の和食のお店が

博労町の交差点から路地に入ると老舗の和食のお店が

この裏道は新町・鏡花通りと呼ばれている通りで、金沢の三文豪の一人に数えられる泉鏡花が、この通りの下新町で生まれ育ったことにちなんで名付けられました。

新町・鏡花通りは、車よりも歩行者や自転車の方が多いのではないかと思えるほどの閑静な通りで、一戸建ての民家と並んで、茶葉、あぶら取り紙、佃煮などの老舗が点在しています。

ちなみに、鏡花が生を受けた下新町は主計町と同様に旧町名が復活した町のひとつです。

新町・鏡花通り

新町・鏡花通り

静かな通りを進んでいくと、左手に久保市乙剣宮という神社が姿を現します。この神社の先が泉鏡花記念館になりますので、文学ファンの方は立ち寄られるのもいいでしょう。

主計町へは久保市乙剣宮の境内を通り抜けて、暗がり坂と名付けられた石段坂を下ります。そして、暗がり坂を下ったところが主計町茶屋街の裏通りです。

金沢蓄音器館の先の路地を入ると久保市乙剣宮があります

金沢蓄音器館の路地からも久保市乙剣宮に行くことができます

暗がり坂を下りると左手に主計町事務所があり、右手には米国人の版画家で金沢をこよなく愛した故クリフトン・カーフ氏の自宅兼アトリエが、専門ギャラリーとして一般公開されています。

裏通りから細い路地を入ると浅野川沿いの表通りに出ます。表通りを右手に行くと、ひがし茶屋街へと通じる浅野川大橋、左手に行くとドラマ『ドクターXスペシャル』のロケ地となった中の橋です。

新町・鏡花通りと百万石通り(旧尾張町大通り)は並行して走っていますので、お時間に余裕のある方は、双方の通りを行き来しながらジグザグに歩いて行くのもいいかもしれません。

主計町の裏通りへと下りていく暗がり坂

主計町の裏通りへと下りていく暗がり坂

黄色い道と並行して走っている通りが新町・鏡花通りです

夜の街 | 暗がり坂 | あかり坂  | 五木寛之 | かーふコレクション新町・鏡花通り | 柳宗理デザイン研究所


近江町市場から主計町茶屋街へは以下の通りを歩きます

百万石通り(橋場交差点~武蔵交差点)


近江町市場~主計町茶屋街の途中にある「お立ち寄り」スポット

尾張町金沢文芸館 | 金沢蓄音器館 | 泉鏡花記念館


主計町茶屋街の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | 金沢文芸館


主計町茶屋街への行き方

ひがし茶屋街から | 近江町市場から | 金沢城公園から


主計町茶屋街の次はどこへ行こうかな

ひがし茶屋街へ | 近江町市場へ | 兼六園へ | 金沢城公園へ | 金沢21世紀美術館へ | 長町武家屋敷跡へ

※にし茶屋街へは「主計町茶屋街から近江町市場への行き方」と「近江町市場からにし茶屋街への行き方」をご参照ください。

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間


Kazuemachi-Chayagai
News

主計町茶屋街は金沢の和文化を表現した街