owaricho2

Owaricho
(Walking Spot vol.11

前田利家の出身地にちなんで名付けられた町名

加賀百万石の城下町・金沢の街を気ままに歩いていると、時折とても風情のある建物を目にすることがあります。

はじめて金沢を訪れる方の中には、兼六園、3つの茶屋街、長町武家屋敷跡などの観光名所を効率的に見学したいという方も多いと思いますが、観光地から観光地への間には絶好のお散歩コースがいくつもあります。

その中のひとつが、近江町市場主計町茶屋街ひがし茶屋街の中間に位置する尾張町(おわりちょう)です。

町名の由来は、初代加賀藩主の前田利家の生まれ故郷である尾張の国から移住してきた商人の多くが、この地に居を構えたことから名付けられました。

石黒傳六商店(百万石通り沿い)

石黒傳六商店(百万石通り沿い)

藩政期から現代にいたるまで、この街は商業の町として発展してきました。

尾張町は、近江町市場と主計町・ひがし茶屋街だけではなく金沢城公園へもすぐ近くで、金沢城公園の大手門と黒門へは3~5分ほどの距離です。

金沢城の正門である大手門を出ると武士階級である藩士の住居が集まる大手町があり、その先に尾張商人が多く暮らす尾張町が形成されました。

加賀藩の黎明期に利家に付いて尾張の国から加賀の国へと移住してきた武士たちにおいては、すぐ近くの尾張町は、故郷を感じることができる望郷の商店街だったことでしょう。

大手門から尾張町交差点へと延びる大手門中町通り

大手門から尾張町交差点へと延びる大手門中町通り

尾張町は金沢市指定保存建造物の宝庫

金沢市では江戸時代から昭和20年以前に建てられ、なおかつ保存状態が良い建物を「金沢市指定保存建造物」としています。

この制度は木造建築のみならず、アール・デコ調の流れを汲む洋風建築も対象となっている制度で、金沢市のホームページによると現在36件の建物が保存建造物に指定されています。

保存建造物の中の7つが尾張町にあります。

また、保存建造物に指定されていなくても、尾張町には年代物の木造建築や、アンティークな雰囲気を漂わせる洋風の建物が点在しており、街を歩く人たちの目を楽しませてくれます。

三田商店(百万石通り沿い)

三田商店(百万石通り沿い)

木造建築の多くは商家の自宅兼店舗として建てられたもので、江戸時代から代々続いてきた老舗が今も変わらず営業しているお店がいくつも見られます。

また、旧い木造建築の建物は若い人たちのチャレンジの場ともなっています。

ビジネスモデルを考えた若い人たちが金沢市を通じて創業家から旧い店舗を譲り受け、町家カフェ、バー、居酒屋などの飲食店に業態変更する例もあれば、工芸デザイナーが旧い木造建築に自らのお店をオープンする例も見られます。

尾張町を歩かれる際に旧い建物が目に留まりましたら、現在は何のお店なのかを確かめてみると意外な発見があるかもしれません。

尾張町に残る町屋を改装した和食居酒屋

尾張町に残る町家を改装した和食居酒屋

金沢城の周囲には「ちょう」と読む町名も

このページの最初の方に「尾張町(おわりちょう)」と町名の読み方を記しましたが、実はそのことには意味があります。

「○○町」という町名は全国の至る所にありますが、「町」という漢字を「まち」と読むのか「ちょう」と読むのかについては、それぞれの都市によって大きな傾向が見られます。

例えば、名古屋市にある町名の一覧を見ると、ほとんどの町が「○○ちょう」と記されています。一方、金沢の町名一覧を見ると圧倒的に「○○まち」という読み方が多く、郊外の住宅街はほとんどが「○○まち」です。

金沢では基本的に「町」を「まち」と読むのですが、金沢城の周囲だけは「尾張町」をはじめ、「南町(みなみちょう)」「上堤町(かみつつみちょう)」「下新町(しもしんちょう)」「飛梅町(とびうめちょう)」というように「ちょう」と読む町名も結構あります。

「ちょう」という読み方の町には、尾張の国から移住してきた人が多かったのかもしれませんね。

尾張町では、武蔵交差点と橋場交差点を結ぶ百万石通り(旧尾張町大通り)がメインストリートになります。大通り沿いにも旧い建物が見られますが、大通りから入った路地にも至る所に風情のある建物が残されています。

金沢城公園、近江町市場、ひがし・主計町茶屋街の3カ所を移動される際には、ぜひ徒歩で尾張町を通って行かれることをお勧めします。

壽屋(百万石通りから少し入ったところに位置しています)

壽屋(百万石通りから少し入ったところに位置しています)

尾張町からは近江町市場、ひがし・主計町茶屋街、金沢城公園へ徒歩圏内です

尾張町商店街ホームページ


尾張町から近い「お立ち寄り」スポット

金沢城公園 | 近江町市場 | 寺島蔵人邸 | 主計町茶屋街 | 泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | 金沢文芸館

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間

 ★

金沢をお散歩