長町武家屋敷跡とひがし茶屋街との位置関係

表通りの百万石通りを近江町市場経由で

長町武家屋敷跡からひがし茶屋街への行き方で分かりやすいのは、金沢の観光名所を一回りしている百万石通りに沿って橋場交差点へと向かうルートです。

百万石通りへは長町のどこからでも出ることができますが、金沢が初めてという方は長町六の橋から向かうのが一番わかりやすいと思います。

長町五の橋からはじまる金沢市足軽資料館の遊歩道を抜けると長町六の橋で、六の橋から右手に入ると、百万石通りと交差する尾山神社前交差点まで一直線です。

足軽資料館前の遊歩道

若者に人気の「ひらみぱん」と「オヨヨ書林」

緩やかな上り坂を直進すると、前方に個性的なデザインで知られる尾山神社の神門が見えてきます。

尾山神社前の信号で交差しているのが百万石通りです。交差点を左手に曲がり8分ほども行くと近江町市場が面する武蔵交差点に到着します。

尾山神社-個性的な神門は明治時代からの風景

尾山神社

百万石通りを写真の方向に行くと武蔵交差点です

長町武家屋敷跡からひがし茶屋街への行き方として、長町六の橋からのルートをご紹介いたしましたが、これは金沢が初めてという方に分かりやすいルートとしてご紹介しているもので、実は金沢の人たちが長町からひがし茶屋街へ行く場合は、せせらぎ通りから百万石通りに出ます。

その際には、右衛門橋を渡って北國新聞社の脇の路地から大通りに出てください。

せせらぎ通り-鞍月用水沿いの飲食店街は欧風の街並み

せせらぎ通りから百万石通りへはこの路地から出ます

ちょっと寄り道したくなる近江町市場

武蔵交差点の角には近江町市場があります。長町武家屋敷跡からひがし茶屋街へと向かわれる途中に立ち寄られる方も多いのではないでしょうか。長町からですと「エムザ口」から近江町市場に入ります。市場内を通り抜ける際には「市姫神社口」から出てください。

近江町市場に寄らずにひがし茶屋街を目指す場合は、武蔵交差点を右に曲がります。「官許・金澤青草辻近江町市場」の石碑を見ることができれば正しいルートです。

入口が10カ所も設けられている近江町市場

近江町市場。ちょっと寄られる場合はエムザ口から

武蔵交差点を右に曲がると近江町市場の石碑が

武蔵交差点~橋場交差点は風情のある通りです

近江町いちば館の建物に沿って武蔵交差点を右手に曲がると百万石通り橋場交差点まで一直線です。武蔵交差点から橋場交差点までは10分足らずの距離です。

2つの交差点の間にある尾張町は明治から大正にかけて金沢で一番の商業地として栄えた街で、金沢の中でも伝統的建造物が多く残るエリアとして知られ、築100年以上の木造家屋を多く目にします。

藩政期の土塀が残る長町武家屋敷跡から、現代の金沢の街並みを通って、再び旧い金沢へと入っていく感じです。

尾張町-近江町市場と茶屋街を結ぶ商いの街

尾張町交差点付近

橋場交差点のT字路を左手に行くと浅野川大橋で、橋を渡って右手がひがし茶屋街です。浅野川大橋あたりから目に見えて人通りが増えてきますので、ひがし茶屋街のメインストリートまで迷うことはないと思います。

長町武家屋敷跡からひがし茶屋街へは約2.2km、30分ほどの所要時間です。また、浅野川大橋の手前を左手に入ると主計町茶屋街です。

橋場交差点。この交差点を左手に行くと浅野川大橋

浅野川大橋の手前を左手に入ると主計町茶屋街

見学前に見どころをチェック!!
ひがし茶屋街が3分でわかる画像集

バスを利用の方は香林坊から乗車

長町武家屋敷跡からひがし茶屋街までバスで移動する場合は、香林坊から橋場町(はしばちょう)まで乗車することになります。

香林坊では日銀金沢支店の前のバス停から乗ってください。橋場町を経由するバスの行き先は「柳橋」「大浦保育園前」「木越住宅」のいずれかです。

日銀前のバス停は、金沢で一、二を争うターミナルなのですが、大多数のバスが金沢駅行きで橋場町へは行きません。また、香林坊~橋場町の区間は地元の利用者が少なく、橋場町経由のバスは1時間に2~3本くらいしかありません。

ターミナルのバス停では2台、3台のバスが同時に到着することから、バスに近づいてくる人がいない場合はすぐに扉が閉まってしまいますので、「柳橋」「大浦保育園前」「木越住宅」のバスが来ましたら、一目散にバスに向かってください。

なお、日銀前のバス停に停車するバスは、すべて「武蔵ヶ辻・近江町市場」に停車します。このことから、近江町市場に立ち寄った後にひがし茶屋街へと向かわれるのもいいでしょう。

香林坊の日銀前のバス停

長町武家屋敷跡~ひがし茶屋街の途中にある「お立ち寄り」スポット

尾山神社 | 近江町市場 | 尾張町金沢文芸館 | 金沢蓄音器館 | 泉鏡花記念館 | 主計町茶屋街


金沢観光の楽しさを地元民がご案内します
金沢を観光してみたいかも
↑よろしければトップページへ↑

ひがし茶屋街-和服の女性が華になる街並み