主計町茶屋街への行き方(まとめ)

観光名所への行き方#5

主計町茶屋街は、金沢観光のツートップの一角・ひがし茶屋街とは隣町です。また、金沢城公園や近江町市場からも「ちょっとご近所へ」という感覚です。

金沢城から見て川向うの「ひがし茶屋街」に対して、主計町は川の手前に位置していることから、兼六園からも「金沢城を経由すればバスに乗るほどのこともないか」と思える近さです。

「バスを利用する方が絶対に良いよね」と感じるスポットは、金沢駅、長町武家屋敷跡、にし茶屋街あたりです。また、金沢21世紀美術館からダイレクトに行かれる場合も、バスの方がいいでしょう。

このページでは、主計町茶屋街まで歩いて行くルートを簡単にご案内します。バスでの移動方法を調べたい方は、このページに掲載の一覧表「主計町茶屋街へバスで行くには?」を参考にしてください。

主計町茶屋街と他の観光名所の位置関係

※金沢の街は歩いて移動できます。金沢駅通りは約850m、百万石通りは1周約4.3km、お堀通りは1周約2.2kmです。

主計町へはひがし茶屋街とセットで

金沢の3つの茶屋街のひとつに数えられる主計町茶屋街は、ひがし茶屋街とは浅野川大橋を挟んで対角線上に位置しています。他の観光名所からですと、ひがし茶屋街の手前が主計町茶屋街です。

観光で訪れる方たちにおいては、ひがし茶屋街を堪能した後に主計町を訪れるパターンが多いようですが、百万石通りを歩いて移動される場合は、主計町茶屋街→ひがし茶屋街の順で回る方が効率的です。

百万石通り(近江町市場から主計町方面)

観光エリアは皇居ほどの広さ
[金沢の主要な観光名所は1日で回れます]




兼六園からは浅野川に向かって下り坂

兼六園から主計町茶屋街へは、桂坂口の兼六園下交差点から金沢地方裁判所の前を通り、右に左に道なりにカーブすると浅野川大橋まで一直線です。標高の低い川沿いに向かって歩いて行きますので、全体的に緩やかな下り坂になります。

兼六園下交差点からは写真の方向へ

裁判所を過ぎた後は右に左にカーブします

浅野川大橋の手前の左手が主計町茶屋街

浅野川大橋の手前を左手に降りていくと、川沿いに主計町茶屋街の風情のある茶屋建築が並んでいます。兼六園下交差点からは10分ほどの所要時間です。

浅野川大橋の袂のネオンサインが目印です

金沢城公園からはご近所へ行く感覚です

金沢城公園からは、大手門を出て大手門中町通りを直進するのが最も近いルートです。

大手門中町通りは、藩政期に前田のお殿様が参勤交代で江戸に向かう際の出発地点となった由緒ある通りです。尾張町交差点で百万石通りと交差し、信号を渡って突き当りに「新町・鏡花通り」という名称の小路が通っています。

この小路は泉鏡花が生まれ育った通りで、右手に150mほど行くと泉鏡花記念館があります。

泉鏡花記念館の手前の左手に久保市乙剣宮という神社があります。神社の境内を通り抜けると、このページのトップ写真の「暗がり坂」に出ます。そして、暗がり坂を下ったところが主計町茶屋街です。

また、金沢21世紀美術館から主計町茶屋街へ行かれる方は、21美から主計町への途中にある兼六園や金沢城公園を見学されると効率的です。

金沢城の大手門を出てそのまま直進します

尾張町交差点を渡って突き当りを右手に

久保市乙剣宮の境内を抜けると暗がり坂

金沢観光の-MENU-になります

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



近江町市場からは橋場交差点まで一直線

近江町市場から主計町茶屋街へは、武蔵交差点から橋場交差点に向かって百万石通りを一直線です。

橋場交差点まで10分ほど歩きますが、道の両サイドには築年数の経過している木造建築が点在し歩行者の目を楽しませてくれますので、10分も歩いたという感じはしないかと思います。

近江町市場からは百万石通りを10分ほど

橋場交差点を左折すると浅野川大橋へ

裏通りの新町・鏡花通りもお奨めです

近江町市場から主計町茶屋街へは、多くの車が行き交う百万石通りを行き、橋場交差点を左に曲がって浅野川大橋へというルートが最も分かりやすいのですが、最短距離で到着したい方は百万石通りと並行して通っている「新町・鏡花通り」を歩いてください。

新町・鏡花通りは、金沢城公園からのルートでもご案内した小路で、武蔵交差点から2つ目の信号の博労町交差点か、3つ目の信号の尾張町交差点から左手に1本入ったところにあります。

この小路は泉鏡花の小説『照葉狂言』で、朝から夕方まで人力車や荷車などは一両も通らないと紹介されています。現在も車の往来が少ない閑静な通りで、民家に挟まれるように佃煮屋、茶葉屋、金箔工芸店といった老舗の商店が点在しています。

老舗のお店が点在する新町・鏡花通り

そして、小路に並ぶお店や民家の玄関には「婦系図」「照葉狂言」「歌行燈」「義血侠血」など、鏡花の作品名が入った白い掛行燈が設置され、浪漫と幻想で文学ファンを魅了してきた鏡花の世界を感じさせてくれます。

金沢駅長町武家屋敷跡にし茶屋街から主計町茶屋街へ行かれる場合は、近江町市場が中継地点となりますので、金沢観光のスケジュールを組む際の参考にしてください。

にし茶屋街と長町からは近江町市場が中継点

主計町茶屋街への距離と徒歩時間

観光名所名 距離 徒歩時間
金沢駅から 約1.6km 約20分
近江町市場(市姫神社口)から 約700m 約10分
兼六園(桂坂口)から 約1.0km 約12~13分
金沢城公園(大手門)から 約700m 約10分
金沢21世紀美術館から 約1.4km 約17~18分
ひがし茶屋街から 約350m 約5分
長町武家屋敷跡(長町六の橋)から 約1.8km 約22~23分
にし茶屋街から ※近江町市場経由 約2.8km 約35分

クリック or タップで各々の行き方のページへ

🚍

主計町茶屋街へバスで行くには?

下車バス停=橋場町(はしばちょう)

観光名所名 乗車バス停=のりば 利用バス
金沢駅から 東口バスターミナル=6番のりば 金沢周遊バス・右回りルートで4つ目
近江町市場から 武蔵ヶ辻・近江町市場=3番のりば/かなざわはこまち前 到着する全ての路線バスで2つ目
兼六園から 兼六園下・金沢城=2番のりば/観光物産館前 橋場町経由の路線バスで1つ目
兼六園下・金沢城=5番のりば/白鳥路前 金沢周遊バス・左回りルートで1つ目
金沢城公園から 兼六園と同じ 兼六園と同じ
金沢21世紀美術館から 広坂・21世紀美術館=4番のりば/石浦神社向い 金沢周遊バス・左回りルートで2つ目
長町武家屋敷跡から 香林坊=8番のりば/ラモーダ前 橋場町経由の路線バスで4つ目
にし茶屋街から 広小路=3番のりば/寺町寺院群・にし茶屋街 金沢周遊バス・左回りルートで5つ目

ひがし茶屋街については、歩く方が早いです。
※近江町市場、金沢城公園、兼六園については、歩く方が早いこともあります。
観光名所名をクリックすると、それぞれの「行き方の案内ページ」にリンクします。

主計町茶屋街の周辺スポット

金沢の地図が表示されない時は「リロード↺」

泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | 金沢文芸館 | 大樋美術館 | 寺島蔵人邸 | ひがし茶屋街 | 徳田秋聲記念館 | 安江金箔工芸館


主計町茶屋街の見どころ

主計町茶屋街への行き方

主計町茶屋街の周辺スポット
泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | 金沢文芸館 | 大樋美術館 | 寺島蔵人邸 | ひがし茶屋街 | 徳田秋聲記念館 | 安江金箔工芸館


主計町茶屋街から他の観光名所へ
ひがし茶屋街へ | 兼六園へ | 金沢城公園へ | 金沢21世紀美術美へ近江町市場へ | 長町武家屋敷跡へ

主要な観光名所は8つ+金沢駅
金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場

主計町茶屋街が3分でわかる画像集

主計町茶屋街-topics-

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



2016年6月15日