bungeikan

Kanazawa-Bungeikan
(Museum vol.14

街のランドマークは文芸ファンの交流の場

ひがし茶屋街から浅野川大橋を渡り真っすぐに行くと、T字路の交差点に建つコンクリート造りのアンティークな外観のビルが目に留まります。

はじめて目にする人は「あの建物は何なの?」と思われることでしょう。

その建物が金沢文芸館です。1929年(昭和4年)竣工の縦長の窓と外壁に施された装飾が印象的な3階建ての建物は、竣工当時は最新のビルとして街のランドマークであったろうと想像できます。

ここは旧石川銀行の橋場支店の建物を金沢市が買い取ったもので、旧いものがお洒落と言われる時代となった今、このビルは街のランドマークとしての地位を取り戻したようです。

2004年(平成16年)には国の有形文化財に登録され、2005年に金沢文芸館としてオープンしました。

まず、建物の特徴は入口が狭いことです。人がすれ違うことができないほどの細長い木枠の扉を手で開けて館内に入って行きます。昔の銀行は人目を避けるように入って、ひっそりと出て行く場所だったのかもしれませんね。

1階の「交流サロン」

1階の「交流サロン」

五木寛之ファンの方は必見「五木寛之文庫」

狭い入口の脇には青銅版に金文字で「五木寛之文庫」と記されています。文芸館の開設に際しては作家の五木寛之氏がアドバイザーとして協力し、その際に2階に五木氏のコーナーを作りたいとの依頼を受け併設されたものです。

このことについては、著書の『五木寛之の金沢さんぽ』の中でも触れられています。

五木氏は他の都市からの依頼についてはすべてお断りしているので、金沢市からの依頼についても最初は辞退しようと思われたらしいのですが、「文芸ジャーナリズムの現場を伝えるようなものなら意味のないことではない」と思い承諾したそうです。

エレベーターを降りると、左手に五木寛之氏の文庫本ジャケットの陶板が展示されています。

ファンにとっては作品の中身とともに本のジャケットは思い入れの強いものです。そのジャケットが陶板化されてずらりと並んでいます。ゆっくりと眺めながら、その作品を読んだ時の自分を思い返すのもいいでしょう。

また、文芸ジャーナリズムの現場を伝えるという五木氏の思いを受けて、<1冊の本ができるまで>というコーナーが設けられています。

登場人物のアイデアメモ、生原稿、ゲラ、出版社からのFAXといった書籍の制作過程が分かる資料が展示されており、生原稿では「新聞社前のビル」が「ニューグランドホテル」に修正されているなど、ファンならずとも興味深い展示となっています。

アンティークな雰囲気の入口

アンティークな雰囲気の入口

館内はミュージアムというよりもサロン

五木寛之氏が金沢文芸館の方向性を、「伝統を守る博物館ではなく、新しい文芸の波を作り出すホームグラウンド」とイメージしたとおり、館内には人と人との触れ合いが見られます。

1階の「交流サロン」には落ち着いた色合いのテーブルと椅子が置かれ、文芸ファン同士が語り合うサロンのような雰囲気を醸し出しています。

3階には小さな図書室のような「文芸フロア」があり、泉鏡花文学賞・市民文学賞の受賞作が紹介されている他、金沢の三文豪である泉鏡花、室生犀星、徳田秋聲をはじめ、五木寛之氏や唯川恵さんなどの金沢ゆかりの作家の作品が並んでいます。

また、ここにもシックな感じのテーブルと椅子が用意され、所蔵されている書籍を読むことができます。

「文芸フロア」では説明役のボランティアの方がフレンドリーに話しかけてくれます。

ミュージアムでは、係員が話しかけてくると、多くの場合は邪魔しないでくださいという感じになるのですが、小説の好きな人が訪れる文芸館では、来館者と説明係の人とが文芸談議に花を咲かせています。

説明係の人も文芸ファンということもあって丁寧に詳しく説明してくれますので、何か知りたいことがありましたら、気軽に質問してみるといいでしょう。

金沢文芸館の観覧料は100円で高校生以下は無料です。開館時間は午前10時から午後6時(入館は午後5時30分)までで、火曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始が休館日となります。

なお、写真撮影については2階の五木寛之文庫は撮影禁止ですが、1階と3階は撮影okです。

3階の「文芸フロア」

3階の「文芸フロア」

金沢文芸館ホームページ


金沢文芸館から近い「お立ち寄り」スポット

主計町茶屋街 | 泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | ひがし茶屋街 | 徳田秋聲記念館 | 金沢市立安江金箔工芸館

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間


Kanazawa-Museum
News

金沢文芸館からは泉鏡花記念館や主計町茶屋街もすぐ近くです

金沢の美術館・記念館