金沢駅からひがし茶屋街(主計町)への行き方

観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ

金沢駅~ひがし茶屋街

ひがし茶屋街への行き方#1

距離=約2.0km/徒歩時間=約25分

金沢旅行での観光ガイドを承ります

バスは金沢駅東口の7番のりばから

最初にバスでの行き方をご案内します。

金沢駅からバスに乗って、ひがし茶屋街の最寄りのバス停の橋場町(はしばちょう)まで行かれる方は、金沢駅東口のバスターミナルの7番のりばから「城下まち金沢周遊バス」の右回りルートに乗ってください。

7番のりばの柱に大きく「ひがし茶屋街」と書かれています。周遊バスは15分間隔での発車で、5つある橋場町の乗り場の中で、ひがし茶屋街に最も近い4番のりばに停車します。降車後は、人の流れに乗って歩いて行くとひがし茶屋街です。

ここで注意しなければいけないのが、周遊バスは“右回り”も“左回り”も同じ7番のりばに停車することです。右回りルートは、ひがし茶屋街から回っていきますが、左回りに乗ってしまうと一番最後になります。

右回りと左回りはバスの車体の色で区分けされています。右回りのバスは赤い車体、左回りは緑です。バスターミナルの係員が“右回り”と“左回り”を間違えないようにアナウンスしていますので、不安な方は係員のアナウンスに耳を傾けていてください。

右回りの周遊バスは赤い車体

若い女性の方は、ひがし茶屋街から観光を開始するパターンが多いことから、7番のりばには列ができています。特に週末や祝日は長蛇の列になります。

7番のりばから発車する路線バスも、全てひがし茶屋街の最寄りのバス停の橋場町に停車しますので、空いている路線バスに乗っても良いように思えますが、普通の路線バスは、橋場町の乗り場の中で、ひがし茶屋街から一番遠くに停車します。

路線バスの橋場町で降りた後に、ひがし茶屋街と逆方向に歩き出す人もいるくらい離れていますので、車内が混雑していても、ひがし茶屋街に最も近い4番のりばに停車する「城下まち金沢周遊バス」を利用される方がいいでしょう。

余談ですが、私が金沢駅からひがし茶屋街へご案内するとしたら、近江町市場と主計町茶屋街を経由してひがし茶屋街へ行きます。

その場合は、8~10番のりばに最初に入線するバスに乗って、ゆっくりと座って近江町市場まで行き、近江町市場~主計町~ひがし茶屋街の順で徒歩で移動します。どうぞ参考にしてください。

バスをご利用の際は東口の7番のりばから

バスのご利用について

利用バス  城下まち金沢周遊バス・右回りルート
乗車区間  金沢駅東口(7番のりば)~橋場町 ※4つ目
乗車運賃  200円

行き方の関連記事
金沢駅周辺のホテルからの1日観光ルート

ひがし茶屋街コーナーのトップページへ




歩く場合は近江町市場を経由して

次に徒歩での行き方をご案内します。

宿泊場所が金沢駅の周辺という方は、ホテルに荷物を置いた後は、金沢駅から市内観光が始まります。

金沢を訪れる目的のひとつに「ひがし茶屋街」での観光を挙げる人も多いことでしょう。金沢駅から、ひがし茶屋街の近くの浅野川大橋までは1.6km少々です。不動産業界で使われている80m=1分で計算すると20分少々の徒歩時間となります。

浅野川大橋からひがし茶屋街までは5分ほど歩きますが、人の流れができていますので迷うことなく到着できると思います。

鼓門から伸びる金沢駅通りからスタート

金沢駅の「もてなしドーム」から「鼓門」をくぐって横断歩道を渡ると、金沢駅通りと名付けられた直線の道が武蔵交差点まで伸びています。

明治時代に金沢のはずれに建設された金沢駅へは、かつては辿り着くまでひと苦労だったのですが、武蔵交差点と金沢駅を結ぶ金沢駅通りの開通によって駅と中心部が一体化し、駅周辺には次々にマンションが建設されていきました。

現在の金沢駅通りは、金沢で随一のマンションストリートです。

金沢駅通りは武蔵交差点までほぼ一直線

お立ち寄りスポット#1
金沢駅通り-21世紀の金沢を彩るオブジェ


金沢駅通りを10分ほど行くと武蔵交差点です。このあたりは武蔵ヶ辻と呼ばれる繁華街で、交差点には「めいてつ・エムザ」という百貨店があり、その向い側に近江町市場があります。

観光で訪れる方は、近江町市場の周辺の飲食店で一息つかれるのもいいでしょう。また、市場の中をざっと見学されるのもお奨めです。

武蔵交差点。奥の黒っぽい建物が近江町市場

お立ち寄りスポット#2
食の観光地・近江町市場はお食事処もいっぱい

ひがし茶屋街が3分でわかる画像集

武蔵交差点を過ぎるとレトロな街並みに

近江町市場のある武蔵交差点からは百万石通りに入ります。百万石通りは市内の観光名所をグルリと一回りしている通りで、ひがし茶屋街へは武蔵交差点を直進して橋場交差点へと進みます。

武蔵交差点から写真の方向へ行きます

金沢駅から武蔵交差点までは現代的な風景が続きますので、加賀百万石の城下町という雰囲気は感じないのですが、武蔵交差点を過ぎると、観光で訪れる方がイメージしている金沢が姿を現わします。

武蔵交差点と橋場交差点の間に位置する尾張町は、金沢市指定の伝統的建造物が多く残るエリアです。百万石通り沿いに点在する旧い木造家屋は老舗の個人商店が多く、風情を感じさせる外観の商店の多くが、今も創業時の商いを営んでいます。

町民文化館。週末のみ無料開館しています
尾張町には旧い木造家屋が残っています

お立ち寄りスポット#3
尾張町-近江町市場と茶屋街を結ぶ商いの街


木造建築が点在する尾張町では、橋場交差点に近づいてくるとレトロな雰囲気の洋風建築も見られるようになります。

明治時代には、このあたりが金沢の中心地でした。そのことから、当時は珍しかったであろうと思われる洋風の建物が建設されたのです。そして、いくつかの建物は現在も竣工当時の姿で残されています。

短い坂道を下ると橋場交差点です

三叉路の橋場交差点は明治維新から間もない1873年(明治6年)に、石川県の道路の起点である道路元標に定められました。

橋場交差点を左手に入ると浅野川大橋で、橋の手前を入ると主計町茶屋街です。ひがし茶屋街は浅野川大橋を渡って右手に位置しています。橋を渡ると、ひがし茶屋街まで人の流れができていますので迷うことはないと思います。

橋場交差点を左手に行くと浅野川大橋です
浅野川大橋を渡って右手がひがし茶屋街

行き方の関連記事
金沢駅周辺のホテルからの1日観光ルート

歩いて楽しむ不思議感覚!?
金沢を観光してみたいかも-HOME-



裏通りは泉鏡花が生まれ育った小路

ひがし茶屋街へは、百万石通りを橋場交差点まで行き、突き当りを左手に入って浅野川大橋へというルートが一番わかりやすいのですが、博労町や尾張町の交差点から左手に1本入った路地を歩くのもお奨めです。

その路地は新町・鏡花通りという名称で、途中には泉鏡花記念館があります。

新町・鏡花通り。下って左手が浅野川大橋

お立ち寄りスポット#4
新町・鏡花通りは主計町茶屋街の裏手の小路


近江町市場からひがし茶屋街へ歩かれる際には、ぜひ主計町茶屋街にもお立ち寄りください。新町・鏡花通りから久保市乙剣宮の境内を通り抜けて暗がり坂を下ると主計町茶屋街です。

表通りの百万石通りからですと、金沢蓄音器館の先の路地を左手に入ると久保市乙剣宮です。

暗がり坂を下ると主計町茶屋街です
主計町茶屋街~浅野川大橋ルートもお奨め

お立ち寄りスポット#5
主計町茶屋街-金沢の和文化を表現した街

金沢の魅力は歩いて楽しむ不思議感覚

移動中のお立ち寄りスポット
近江町市場 | 尾張町 | 金沢文芸館 | 金沢蓄音器館 | 泉鏡花記念館 | 主計町茶屋街


Higashi Chayagai
ひがし茶屋街

金沢観光のMENUをどうぞ
このサイトのHOMEへ

金沢について効率的に調べたい方へ

地図を見て予定を立てたい方へ金沢観光マップ
知りたい情報からご覧ください
観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ
あなただけの観光プランを満喫金沢観光ガイド


金沢を観光してみたいかも」