naga-3rdbridge

Nagamachi-Bukeyashikiato*1
(Onosho River)

川が織りなす曲線は城下町の風情

金沢で古くから観光地として整備された長町武家屋敷跡は、実は一般の人たちが普通に日常生活を送っている住宅街です。

繁華街が目と鼻の先というロケーションは、東京に例えると渋谷区松濤と言えるでしょうか。

長町の景観に欠かせないのが大野庄用水です。金沢で最も旧い用水で、金沢の二大河川のひとつである犀川から旧宮腰(現在の金石)の港へと流れます。

天正11年(1583年)に前田利家が金沢城に入城からほどなくして開通し、文禄元年(1592年)からはじまった金沢城の改修工事では、宮腰の港で陸揚げされた木材を運搬する水路として用いられました。

金沢市のホームページにも、大野庄用水が金沢城の築城に大きな役割を果たしたと記されています。

この用水は長町のあたりでは蛇行しながら流れていることが特徴です。用水は人工的に造られる水路ですので、目的地に向かって最短距離を真っすぐに通せばいいように思えますが、この用水は曲がりくねりながら少しずつお城から離れていくように作られています。

長町一の橋の向こう見えるのは金沢市老舗記念館です

長町一の橋の向こう見えるのが金沢市老舗記念館です

長町の由来は用水沿いの“長い町”

大野庄用水沿いには、犀川に近い方から「長町一の橋」「長町二の橋」と番号が振られ「八の橋」まで続きます。

この中で武士屋敷跡のエリアになっているのは「一の橋」から「四の橋」あたりまでで、旅行ガイドなどで紹介される土塀が続く街並みは「二の橋」から入ったところに見られます。

近年の金沢は海外からの観光客が急激に増えているのですが、女性よりもデジタル1眼レフを手にした男性の方が旧い街並みを気に入ってくれているようで、それぞれの橋では、水の流れと橋・土塀のコントラストにカメラを向ける外国人男性の姿が数多く見られます。

余談ですが、長町は大人数で歩くよりも1人か2人で歩く方が向いている街です。特に高齢のご夫婦がゆっくりと散策している姿には微笑ましさを感じます。

長町二の橋から路地に入ると土塀の続く街並みが

長町二の橋から路地に入ると土塀の続く街並みが

長町という町名の由来には諸説あります。

まず、大野庄用水沿いに長く続く町域から長町と呼ばれるようになったという説と、加賀藩の年寄(大老)で加賀八家のひとつに数えられる長家の屋敷が近くにあったので、長家の町ということで長町と呼ばれるようになったという説があります。

現在の金沢では、加賀八家のひとつの本多家の敷地が本多町に、同じく加賀八家・横山家の敷地が横山町になっています。

このことから長町も長家にちなんで名付けられたとする方が分かりやすいのですが、長町の町域が長家の敷地からは微妙に外れていることから、川沿いの長い町なので長町とする説が有力となっています。

長町三の橋付近から長町二の橋を臨む

長町三の橋付近から長町二の橋を臨む

「一の橋」の手前と「四の橋」の先には資料館が

前にも述べたとおり、長町の武家屋敷跡のエリアは「一の橋」から「四の橋」あたりになりますが、現代的な街並みとなる「一の橋」の手前と「四の橋」の先にはいくつかの資料館があります。

長町四の橋と旧加賀藩士高田家跡

長町四の橋と旧加賀藩士高田家跡

川の流れに沿ってご説明すると、「一の橋」の手前にあるのが金沢市老舗記念館前田土佐守家資料館です。

老舗資料館では昔の商いの店頭が再現されている他、金沢の老舗に受け継がれてきた婚礼道具や花嫁のれんなどが展示されています。観覧料は大人が100円で、高校生以下は無料です。

前田土佐守家資料館では、加賀八家のひとつに数えられる前田土佐守家が所蔵する古文書や武具などが展示されています。入館料は一般が300円、65歳以上が200円で、高校生以下は無料です。

長町一の橋近くの公民館には喫煙所が設けられています

長町一の橋近くの公民館には灰皿が

「四の橋」の先には旧加賀藩士高田家跡と金沢市足軽資料館があります。いずれもご自由にお入りくださいと案内されている無料の資料館で、旧い家屋や庭園などから藩政期の武士の生活を垣間見ることができます。

また、「三の橋」の袂には旧加賀藩士・野村家の屋敷と庭園が残されています。

野村家庭園は、ミシュランで二つ星を獲得したことがある他、米国の庭園専門誌で日本庭園ランキングの第3位に選ばれたこともあります。入場料は大人550円で、プラス300円でお茶室から庭園を眺めながら抹茶と干菓子を楽しむことができます。

水の流れているところでは、思わずタバコに火をつけたくなるのが喫煙者の心理ですが、大野庄用水沿いには喫煙所が点在しています。

長町三の橋の十字路にある休憩館には灰皿が用意されています

長町三の橋の十字路にある休憩館には喫煙所が設けられています

長町武家屋敷・散策マップ(長町武家屋敷界隈を愛する会)


大野庄用水 | 長町二の橋 | 和菓子 | 工芸品 | 高田家跡 | 足軽資料館


長町武家屋敷跡への行き方

金沢駅から | 近江町市場から | 金沢城公園から | 金沢21世紀美術館から | ひがし茶屋街から | にし茶屋街から


長町武家屋敷跡の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

前田土佐守家資料館 | 金沢市老舗記念館 | 野村家庭園


Nagamachi-Bukeyashikiato
News

地図上では金沢市老舗記念館から下に道なりに行くと室生犀星記念館と「にし茶屋街」です

長町武家屋敷跡の土塀の街並みは武家の住宅街