神社仏閣

尾山神社-個性的な神門は明治時代からの風景

金沢の神社仏閣#1

近年の金沢で、外国人観光客を中心に訪れる人が増えているのが尾山神社です。金沢で一番のメインストリートに面するこの神社は、初代の加賀藩主である前田利家と正室のおまつの方が祀られています。

大通り沿いにある「南町」の石碑を目印に参道に入ると、その先に石段があり、石段の上には窓にガラスが入った三層の建物がそびえています。やや中国風のデザインが特徴のこの建物が、国の重要文化財に指定されている神門です。

観光で訪れる方の間では「ステンドグラスの神社」として広まっているようですが、尾山神社のホームページでは、ステンドグラスとは言っておらず「ギヤマン」と称しています。ギヤマンとはガラスのことです。

この神門は明治8年のデザインです

個性的な神門は創建当時は不評でした

この神門は金沢の人たちにとって子供の頃から馴染みのある景色です。

子供の頃の私は、神社というものは、どこも尾山神社のような外観なのだと思っていました。その外観が個性的なデザインであることを知るのはだいぶ後のことです。ちなみに、神門に付けられている避雷針は日本で初めてのものです。

余談ですが、神門が建築された当時、斬新すぎる外観に対して「利家公を祀る神社にふさわしくない」と大いに不評だったそうです。

拝殿

神門をくぐると拝殿があり、その奥が本殿になります。拝殿の右手には神苑と呼ばれる日本庭園が整備されています。兼六園のお膝元らしく池泉回遊式の美しい庭園です。

庭園の前には前田利家とおまつの方の像が置かれています。

利家公の像から境内の奥へ進んでいくと、旧金沢城の二の丸の唐門であった東神門があります。金沢城のたび重なる火災の中でも消失することのなかった縁起の良い門で、唐門の二匹の竜が水を呼び込んだためと言い伝えられています。

神苑




利家公がここに祀られたのは明治時代

神社の名称が尾山神社に改められ前田利家公が祀られたのは1873年(明治6年)のことです。

江戸時代に最大の外様大名であった前田家は幕府から謀反の疑いを掛けられないように、藩祖の利家公を金沢城の近くに祀ることはせず、浅野川の向こう側、ひがし茶屋街の先にある宇多須神社に祀っていました。

藩政期には金沢城内にも神社が創建されましたが、城内の神社には徳川家康公が祀られました。ちなみに、その神社は現在は尾崎神社という名称になっています。

前田利家公像。背負っているのは母衣です

前田家を守った「おまつの方」

利家公を祀る神社に限らず、前田家では家名存続のために絶えず幕府に忠誠の意思を示しました。その代表的なものが、利家亡き後、おまつの方(芳春院)が自ら人質となり江戸に渡ったことです。

おまつの方は江戸へと向かう際に、息子たちに「母は死んだと思いなさい」と言い残して旅立ちました。後世の歴史家の間では、初代藩主の前田利家よりも、おまつの方を高く評価する声が目立ちます。

おまつの方の像

金沢観光の-MENU-になります

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



神社のイメージを覆すガラス張りの授与所

尾山神社の境内で目を引くのは全面ガラス張りの授与所です。

この授与所は2015年秋に完成した施設で、若いカップルがおみくじを引くために仲良く入って行く姿が多く見られます。モダンな雰囲気の神門とともに、尾山神社の進取の気性を象徴する施設といえるでしょう。

授与所の前には、前田利家公の兜の像が設置されています。利家公は金色の兜が代名詞でした。

前田利家公の兜

尾山神社は日本人観光客よりも海外から訪れる人の方が、神門をはじめとする境内の建物に興味を持つように見えます。

個性的なデザインの神門にカメラを向けているのはとても嬉しいことなのですが、老婆心ながら中国風の外観が純日本風と誤解されてしまわないかと心配でもあります。

お洒落なデザインの授与所

人気スポットは鼠多門橋

香林坊武蔵ヶ辻の中間に位置する尾山神社は、金沢の観光名所へ行きやすい位置にあります。

まず、東参道の脇に復元された鼠多門橋(ねずみたもんばし)が金沢城公園の玉泉院丸庭園と直結しています。金沢城公園から兼六園へ、兼六園から金沢21世紀美術館へと金沢観光の黄金ルートを満喫できます。

また、神門を出て百万石通りを右手に入り8分ほども歩くと近江町市場で、百万石通りを渡って真っすぐに坂道を下ると10分足らずで長町武家屋敷跡です。

鼠多門橋を渡ると金沢城公園です

現地までバスを利用される方は、最寄りのバス停の「南町・尾山神社」で降りて香林坊方向に3分ほど行くと到着します。「南町・尾山神社」は金沢の繁華街である香林坊からも武蔵ヶ辻からもひとつ先のバス停です。

ちなみに、南町(みなみちょう)は金沢を代表するビジネス街で、かつて東京の若い女性が「丸の内のOL」に憧れたように、金沢では「南町のOL」が若い女性の憧れでした。

尾山神社の裏門にあたる東参道

利用案内

尾山神社
住所:金沢市尾山町11-1
TEL076- 231-7210
尾山神社ホームページ

尾山神社の周辺スポット

金沢の地図が表示されない時は「リロード↺」

玉泉院丸庭園 | 金沢城公園 | アメリカ楓通り | いしかわ四高記念公園 | しいのき迎賓館 | 香林坊 | 長町武家屋敷跡| 尾崎神社


NEXT - 金沢神社-菅原道真公を祀る学業の神様

神社仏閣コーナーTOP


金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもhome

金沢旅行での観光ガイドを承ります



-神社仏閣

© 2021 金沢を観光してみたいかも Powered by AFFINGER5