美術館・記念館

前田土佐守家資料館-金沢の武家社会の資料館

2016年5月17日

金沢の美術館・記念館#16

金沢の観光名所のひとつとして知られる長町武家屋敷跡。この街を流れる大野庄用水の橋には、長町一の橋、長町二の橋というように橋に番号が振られており、長町のシンボルである土塀の景観は一の橋から四の橋になります。

長町一の橋のすぐ近くにあるミュージアムが、このページでご紹介する前田土佐守家資料館です。藩政期の実情を現代に伝えるべく、2002年に金沢市によって開館されたミュージアムです。

前田土佐守家は「まえだとさのかみけ」と読みます。初代加賀藩主・前田利家の次男として生を受けた前田利政を家祖とする家柄で、いわば前田家の分家という位置付けです。

ちなみに、家名に土佐とありますが高知県とは関係ありません。

加賀八家のひとつ・前田土佐守家

加賀藩では、前田利家の血を引く家系や、利家の時代から多大なる功のあった家系を、加賀藩の行政組織における最高権力職である年寄(家老)に位置付けていました。

その家系が八家あったことから「加賀八家(はっか)」と呼ばれています。そして、前田利家の次男の流れをくむ前田土佐守家も加賀八家のひとつに数えられています。

代々、前田土佐守家では、歴代当主が申付状や趣意状などの書状の保管・整理に努めたことから散逸が少なく、約6,000点の古文書が極めて良好な状態で保存されてきました。このことから、藩政期の書状が主な展示物となっています。

落ち着いた雰囲気の館内




長屋門から現代的な本館へ

前田土佐守家資料館は、敷地へと入って行く際には藩政期を彷彿とさせる長屋門をくぐっていくのですが、建物の内部はとても近代的です。

1階が常設展示、2階が特別展示となっています。

まず、1階のロビーでは前田利家と妻のおまつの方からはじまる前田土佐守家の系譜がパネルとモニターで説明されている他、展示室では甲冑や受け継がれてきた掛け軸などが展示されています。

また、展示室からはガラス越しに庭園を眺めることができ、金沢市内の代表的な庭園を紹介するコーナーも設けられています。

日本庭園

書状は驚くほど良好な保存状態

2階の展示室では前田土佐守家が保存してきた膨大な古文書の中から、特別展示の企画内容に合わせて約80点の文書が公開されています。私は古文書に関しては全くの素人ですが、その私から見ても驚くほど良好な状態で保存います。

個人的な書簡については、さすがに数百年前の文書を解読するのは難しいものの、お上からの正式な文書については、現代の日本人でも十分に解読可能な楷書で書かれています。

日本史がお好きな方にとってはとても興味深い資料館だと思います。

1階では前田利家公からの系譜が紹介されています

金沢観光の-MENU-になります

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



立地は長町一の橋のすぐ近く

前田土佐守家資料館の入館料は一般310円、65歳以上210円で、高校生以下は無料で入館できます。開館時間は午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)で、展示替えの期間は休館となります。

写真撮影については展示室での撮影は禁止されており、撮影可能なエリアは1階のロビーとガラス越しに見える庭園となっています。また、館内にはミュージアムショップが用意されています。

エントランスとミュージアムショップ

兼六園などの12施設が無料「SAMURAIパスポート」

利用案内

前田土佐守家資料館
まえだとさのかみけしりょうかん
住所:金沢市片町2-10-17
TEL076-233-1561
料金:一般 310円、65歳以上 210円、高校生以下 無料
時間:午前9時30分から午後5時(入館は4時30分まで)
休館:展示替え期間
撮影:展示室の撮影NG
前田土佐守家資料館ホームページ

最寄りのバス停
・金沢周遊バス、路線バス「香林坊」徒歩5分
最寄りの観光名所
・長町武家屋敷跡から徒歩1分
行き方の参考ページ
長町武家屋敷跡への行き方

前田土佐守家資料館の周辺スポット

金沢の地図が表示されない時は「リロード↺」

老舗記念館 | 長町武家屋敷跡 | 武家屋敷跡 野村家 | せせらぎ通り | 香林坊 | 石川四高記念文化交流館 | 片町 | タテマチ


NEXT - 老舗記念館-金沢市民が懐かしさを感じる外観

美術館・記念館コーナーTOP

主要な観光名所+金沢駅
金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場


金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもhome

金沢旅行での観光ガイドを承ります



-美術館・記念館